++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二季目のチグリジア様

Tigridia Juss -  チグリジア (虎斑百合)

【学名】Tigridia Juss または Tigridia pavonia
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】チグリジア属
【和名】虎斑百合トラフユリ) 【英名】Tiger Flowerタイガーフラワー) 【別名】チグリジア または チグリジャ
【原産地】メキシコ グアテマラ
【性状】非耐寒性球根植物  【草丈】40cm~70cm 【花期】6月~8月
【販売元】サカタのタネ
【用途】鉢植え 地植え 切花には不向き
【弊ブログ内関連記事】 チグリジア | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【撮影】2010年8月17日


昨年、育てたチグジリア。
春に球根を植えておきましたら、やっと開花です。
けれど、昨年は他に黄色やオレンジ色が咲いてくれたはずですのに、昨年は咲かなかった桃色だけが開花って・・( ̄m ̄*)゚プッ

どういうことよ?

日当たりが好きだったはずだと記憶していたので、真夏の酷暑のカンカン照りのなかでも遮光もせずに鉢をだしてしまっていた私。よくよくお勉強しなおすと、「夏の直射日光は避けましょう」などという文字を発見 *o_ _)oバタッ彡☆
しかも、「やや乾燥気味を好みます」って(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
バシャバシャ、水遣りしてましたよ。オバカ。

チグリジャ ミックス (...

チグリジャ ミックス (...

価格:368円(税込、送料別)



個性的でしょう? 春になったら球根を植えておけば、あとはあまり苦労せずに育ちます。
秋は水仙やムスカリなどの春に咲く球根たちを選ぶ季節ですね~
皆さんは、どんな球根をゲットされます?

【PR】 秋植え球根は何にしようか? at Rakuten


けれど、こうして咲いてくれた子もいましたので、ありがたや~
この子は、イタダキモノの球根でしたから、二季目の今年も咲いてくれたことはとても嬉しいのです。
他にも、やはり戴いた球根のカラーやジンジャーにも葉っぱがあがってくれています。開花してくれるかな?


Tigridia Juss -  チグリジア (虎斑百合)Tigridia Juss -  チグリジア (虎斑百合)
この子は耐寒性がマイナス5℃ですから、鉢ごとかまたは球根を掘りあげて冬期間は管理しておかなくてはなりません。
植えっぱなしでもお庭で楽しめるなら、もっと私向きなんですけど、そこがちょこっと残念なところです。
けれど、見れば見るほど個性的!
この子は、一日花。まめに花柄摘みをしてあげますと、次々にお花が生まれてくるのもオモシロイのです。
あの小さな蕾にいくつもお花を隠しているのです。




種からも育てることができるみたいですので、今年は最後のお花は摘み取らずに種をつけさせてみようかとも思いますが、最近はクリスマスローズやシクラメン、バラそれにクレマチスなども種から育ててみたいと画策しているので、ユリやこのチグラリアにまで気を回すことができなさそうだなぁ~
ユリのムカゴのように、勝手に育ってくれるとよいのですけど。

Tigridia Juss -  チグリジア (虎斑百合)
この子は、ユリ科かと思っていたのですけど実はアヤメ科。
アヤメといえば、矮性のかわいい白色のアヤメがいなくなっちゃったぁ~ がっくり。


チグリジアの育て方

春植え球根です。よってこの子には耐寒性はないので、花後には球根を掘りあげなくてはなりません!
なので、掘り上げが楽な鉢植えで管理中~です。 

■植え付け
水はけのよい土が適しています。寒さに弱いので、充分気温が上がる5月に植えつけます。
秋に葉が黄色く枯れたら球根を掘り上げて陰干しします。その後は5℃~8℃程度の気温が必要なので室内で貯蔵します。
鉢植えの場合、葉が黄色く枯れたら水やりをストップしそのまま室内で冬越しさせてもOKのようです。

■水やり
過湿を嫌いますので土の表面が乾いてから水を与えます。常に土がじめじめした状態だと球根が腐ってしまうことがあります。

■施肥
球根を植え付ける際、ゆっくり効くタイプの化成肥料を土に混ぜ込んでおきます。その後、芽が出てきたら10日に1回程度液体肥料を追肥として与えます。

■増やし方
分球とタネまきでふやすことができます。
分球は球根を掘り上げたとき子球があるなら、秋には分けず翌春の植え付け時に分けます。花が咲き終わった後そのままにしておくと熟してタネができます。できたタネは自然に乾燥させた後、採取して保存しておき4月~5月中旬にまきます。

ヤサシイエンゲイ様にも詳しい育て方がありますよ~



| 夏咲く花 | 02:28 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>あさがおさん
「求める根」とはうまいっ! ホントですね~~ 私も以前ダイヤモンドリリーを育てるも枯らしてしまってからは、トラウマ・・ ですけど、あのキラキラ感♪はたまらなく良いものですよね~~
Y(=▽=)Y~☆

>4106さん
この子、個性的ですよね~~ 私もプレゼントしていただくまで全くその存在を知りませんでした(^^ゞ
私のところでは地植えでは寒さに弱くて無理ですけれど、そちらでしたら地植えできちゃったりして?
球根にハマリっぱなしですね(^_-)-☆ 私もです! (o⌒∇⌒o) ケラケラ
そうです!そうです! 放置できるからダイジョウブゥゥゥウゥ ♪

| すぅ | 2010/09/01 06:01 | URL | ≫ EDIT

Re: 二季目のチグリジア様

わぁぁ~なんて個性的なお花なんでしょう!
‘チグリジア’って初めてお聞きする名前です。
アヤメ科ってほんとにバラエティに富んでいる
球根植物ですね!
只今、球根に嵌っておりますので魅入ってしまいました♪
最近某オクで落札した球根を見てオットが一言「まだ増やすん?」
→私「葉っぱが枯れたら放置しておけるから大丈夫!」(笑)。

| 4106 | 2010/08/31 23:41 | URL | ≫ EDIT

Re: 二季目のチグリジア様

う~ん、ついグチりそうな花ですなぁ~
室内管理はちょっとね。こちらで拝見出来て嬉しいです。来年も頑張って~
秋植え球根は私にとっては「求める根」ですかね(笑)~ダイヤモンドリリーなんぞが欲しいかな。

| あさがお | 2010/08/31 21:07 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
イタダキモノ♪なので大事に育てているのですが、大抵の場合は大事にすればするほど枯らしてしまう私です^_^;
けれど、この子は成功~ 今年も見ることができてよかったです♪

| すぅ | 2010/08/31 06:33 | URL | ≫ EDIT

Re: 二季目のチグリジア様

おはよう すぅさん。こういう花もそだてているんですね。すご~い。たくさんの花で、お世話も大変。でもこうして咲いてくれるとうれしさ百倍

| はなはな | 2010/08/31 04:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3203-d68de30c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。