++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プリンスチャールズの二番花

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
【学名】Clematis viticella 'Prince Charles'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Prince Charles'
【系統】ビチセラ系 Viticella 【咲き方】遅咲き 四季咲き(6~10月) 中輪咲き
【花径】10センチ 【高さ】200センチ 【耐寒性】強い
【花色】淡いブルー 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】プリンス・チャールズ
【作出者】A. Keay  ニュージーランド 1976年
【用途】地植え 鉢植え ロックガーデン 切花
【備考】#C011
【撮影】2010年8月13日


6月の数え切れないほどのお花を咲かせていた‘プリンス・チャールズ’ですが、8割がた咲いたところで、蔓を切り戻しておきましたところ、2ヶ月後には二番花がまたしてもワンサカ満開です!

二番花ですし、夏の暑さのせいでしょうか、お花はどうしても小ぶりになっちゃうのですけど。

やはりビチセラ系は、夏の暑さにつよく多花性なので、何度もお花が楽しめますね(^_-)-☆
今年は消毒もそこそこマメにしてあげましたので、さび病もちょこっと発生しただけで、なんとか現在の姿を保持しております。お写真でみると、少しだけ葉っぱに黄色の変色が見られますよね? これがサビ病です。

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

クレマチス ‘プリンスチャールズ’

価格:525円(税込、送料別)



今年はビチセラ系では、他にも昨日の‘メアリーローズ’や‘ベティーコーニング’が咲いてくれていますけど、チビ苗で購入したというのに、蔓の伸び具合も良いですし、お花のつき方がいいですね~(^_-)-☆
クレマチスを育てるのが苦手な私ですけど、ビチセラ系は扱いが楽チン♪なイメージが定着です(笑)

【PR】 ビチセラ系は育てやすいみた~~い! at Rakuten


後ろ姿もいい感じ♪ まだまだスタンバイしてる蕾も沢山あります。
そろそろ吹く風も秋めいてきていて、植物たちもホッとしていると思うのです。花が咲く期間も少し長めになってくれるのではないかしらん。


Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズClematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
7月に切り戻ししたときに、挿し穂をとっておいたものがあるのですが、発根してくれたかしら~
突然死のキケン対策のため、保険をつけておきたいところですが、どうも私はクレマチスの挿し穂繁殖がヘタです。
発根したものを鉢上げすると、あっというまに枯れさせてしまったりしますし^^; 昨年も失敗しております・・



でもダイスキなプリンス・チャールズ君、今年こそなんとか増やしたいなぁ~
この夏の猛暑で、挿し芽たちも青色吐息です。
薔薇の挿し芽もほぼ全滅でしたし・・ そろそろ第二弾の挿し芽に挑戦してみようかと思うのですが、そうすると今度は寒さがやってきて、もし発根してくれたとしても、小苗で冬を越すのはなかなか難しそうですね。

Clematis Viticella 'Prince Charles' - クレマチス ビチセラ ‘プリンスチャールズ
他にもビチセラ系の‘メアリーローズ’と‘ロマンチカ’、インテグリフォリア‘アリョヌシカ’、なども二番花を咲かせていて、この子のように沢山咲かせているのは、‘アリョヌシカ’です。
今年の二番花としての咲きっぷりは‘アリョヌシカ’がこの‘プリンス・チャールズ’に負けず劣らずの咲きっぷりです!

ビチセラ系の育て方

■植え付け
ふかふかな土を好みます。水はけ、水もちともに良い用土に植えつけます。pHは6~7ぐらいの弱酸性から中性が適しています。

■水やり
地植えの場合、不要です。あまりにも乾いてしまっているようなら様子をみて水遣りします。午前中に与え夕方や夜は与えません。

■施肥
夏場はあまり与える必要がありません。芽出しの頃、と秋に与えます。液体肥料の場合は定期的に施すほうが生育具合が良いようです。

■増やし方
挿し芽をとって殖やすことができます。適期は春です。

■剪定
開花後、今年伸びた枝の3分の1を残して強剪定します。剪定後一ヶ月ほどすぎると二番花が咲きます。二番花の後も切り戻すことでくり返しお花が楽しめます。10節ほどのびて開花します。
休眠期には、充実した芽だけを残し、地際から4~5節残して強剪定します。






弊ブログ内関連記事: クレマチス ‘プリンス・チャールズ’ |  ビチセラ系 | クレマチス | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クレマチス | 04:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
いえいえ、実はこの記念撮影の後、サビ病発生させちゃいました^_^;
消毒してあげたいのですが、この猛暑で迷っていますぅ~

| すぅ | 2010/08/24 07:19 | URL | ≫ EDIT

Re: プリンスチャールズの二番花

おはようすぅさん。あ~素敵だなとこの色、空色。クレマチスの二番花 うらやましくもまたやっぱりお手入れがいいなと感心

| はなはな | 2010/08/24 05:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3197-1170e87c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。