++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブルーベリーもほぼ収穫終了!

Vaccinium spp. - ブルーベリーVaccinium spp. - ブルーベリー

【学名】Vaccinium spp.
【科名】ツツジ科  Ericaceae  【属名】スノキ属
【品種名】ラピッドアイ(たぶん(^^ゞ)  【和名】ブルーベリー 【英名】Blueberry
【性状】耐寒性落葉樹 
【弊ブログ内関連記事】ブルーベリー | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |
【用途】地植え 鉢植え
【撮影】2010年7月22日


今季は、絶対に鳥にブルーベリーの実を渡すまいと思っていたのですけど、ちょっとした事件が・・・

実が熟し始めた頃、鳥のつがいなのか、親子なのか、よくわからないのですけど、この実をプレゼントしている場面に遭遇~ 微笑ましい光景を見てしまいました。

プロポーズの一環かしらん?

上のお写真にちょこっと写っていますけど、餌入れをぶら下げてあげているんですよ。けど、乾燥した鳥のエサなどよりも、ブルーベリーのほうがフレッシュで美味しいに決まってますしね。
私がプレゼントしているエサには目もくれないです(^^ゞ

毎年、鳥にもっていかれるのは、悲しいけれど、鳥たちのエデンの園なので、見た目もイマヒトツになってしまいますし、どちらにしてもそんなに大量に採れるわけでもないので、全体を防鳥ネットでは覆わずに、一部だけ沢山実がなっているようなところにだけ、不織布をかけてみました。実はヒャッキンで買った排水溝用の袋ですけど(^^ゞ

【PR】 ブルーベリーをゲットしよう! 植え付け時期は春か秋ですよ~~ at Rakuten


ブルーベリーの植え付けの時期は秋。
品種も多いので、どれにしようかと迷いますね~ 我家の場合、耐寒性のあるブルーベリーを選ばなくてはなりません。

二種類植えていますけど、今年は前回の剪定がうまくいったのか、実の大きさがこれまでよりもぐ~~んと成長してくれました。ある程度剪定で、枝を選抜しておくと実のつき方がよくなりますね(^_-)-☆
ブルーベリーは古い枝よりも、新しい枝に質の良い実がなるので、三年ほど経過した枝はバッサリと剪定して、なるべく若い枝を残しました。


Vaccinium spp. - ブルーベリー

ただ今年の反省点は、マルチングをし忘れたことです(^^ゞ こんな酷暑だったのに!
水が足りなくなってしまっていたようで、少し葉っぱが枯れこんでしまったような部分があります。
庭植えですのでまぁ~大丈夫だろうと、こんなに熱かった今年の夏でも、庭木に水遣りしなかったのです。
けど、今年にようにあまりにも熱い場合は、地植えにしてある植物たちにも水遣りをしてあげるべきでした^_^;

Vaccinium spp.
ブルーベリー

2010年8月13日撮影



剪定は今回少し早めで、秋頃に終えたように記憶しているのですが、ケチな私はどうしても枝を多めに残してしまいやすいような嫌いがあるのです。
けど、そろそろ新旧交代させねばとザックリと剪定しておいたつもり。
下部のほうはいずれにしてもあまり日が当たりませんので、そうしたところもすべて取り去ってすっきりとしています。

Vaccinium spp. - ブルーベリー
ピートモスでマルチングはしてあげてませんでしたが、株元には旺盛に育ったラミウムが自然とマルチングの役目を果たしてはくれていたようです。
けど、あまりにも成長しすぎてしまったので、先日ラミウムはある程度整理して、株元をすっきりとさせました。
ラミウムのためにも、良かったはずです。

ほぼ実は完熟し、あと少しだけ残っているのみです。ブラックベリーもたっぷり収穫できているので、ジャムしたり簡単ケーキでも作ってみようと思います(^_-)-☆

ブルーベリーの育て方

まずはご自身がお住まいの場所によって、寒さに強いものと弱いもののうちいずれかを選びます。
寒冷地にはハイブッシュ系、暖地にはラビットアイ系が育て易いとされております。

■植え付け
酸性土壌を好むので、ピートモスなどを使って用土を酸性にしておくことがポイントです。
植え付け時期は秋が良く、これから苗もどんどん出回り始めますよ~~。

■水やり
ブルーベリーは根っこが細く、深く地面に伸びてゆかないので、水切れを起こしやすいのです。
ピートモスを使い、マルチングなどで乾燥から守ってあげます。
特に鉢植えでは、夏の間に何日も乾燥させてしまったりすると枯れこんでしまうようですので、ご注意ください。

■施肥
春先に与えます。寒肥は不要で、また夏の間も与えません。
液体肥料はあまりよくないとされています。油粕や骨粉を与えます。
また、若い苗を入手した場合、多肥にすると枯れることがあるようです。

■増やし方
繁殖は挿し木ができます。適期は春。
私はひこばえが出たときに、少し土を掘って、ちぎるようにして切り取ったものをお隣のオバサマにお分けしたのですが、どうやら元気に育っているらしいです。
荒っぽすぎるので皆様は真似しないでくださいね^^;

■剪定
前年に育った枝に多く実がなります。古い枝にはあまり実はなりませんんので、3~4年経った枝は整理をかねて剪定することで、脇芽も出るので、剪定は必要です。
太陽があまり当たらないところや込み合っているところなども枝を切り落とし、株元にまで太陽がよく当たるようにするとおいしい実がなります。
剪定時期は冬がよいのですが、花芽の部分を切り取ってしまうと来年実がなりませんので、ご注意を!

違う品種を一緒に植えておくとよく結実度があがります。苗を買うときには、二鉢買うようにしましょう~~






| おいしい系 | 03:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
なんと、クリスマスローズさんのほうが勝利を収めてしまったのですか!!!
小鳥さんたちは、どうやって探し出すのか、収穫最適期もよ~~~くご存知ですよね^_^;

| すぅ | 2010/09/03 05:18 | URL | ≫ EDIT

Re: ブルーベリーもほぼ収穫終了!

おはようすぅさん おいしそうですね。我が家のブルーベリーは、お隣のクリスマスローズに負けて、実の数が数個とかわいそうでした。小鳥も美食家ですから

| はなはな | 2010/09/02 05:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3168-92781b4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。