++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地味~~^^; ネトルの花

Urtica dioica - ネトル - 西洋刺草(セイヨウイラクサ)
【学名】Urtica dioica
【科名】イラクサ科 Urticaceae 【属名】イラクサ属
【和名】西洋刺草セイヨウイラクサ) 【英名】Nettle (ネトル) 【別名】Brennessel (燃える草
【原産地】ヨーロッパ
【性状】半耐寒性宿根草 【草丈】30~50cm  【花期】6~9月 【花色】淡桃色
【用途】鉢植え 地植え ハーブ 葉っぱ 根
【撮影】2010年7月8日


タネから育てたものが一人前になるというのは、やはり嬉しいですね~
このネトルは昨年の春に撒いたものですが、今年はちゃんとお花を咲かせました!
といっても、このネトル、ちょっともかわいいお花ではないのですけどね。

その上、イラクサという名前からもわかるように、ちょっとでも指先で触れようものなら、その痛さに驚きます。
これで、昔は糸をつむいでいたというのですから、ビックリ!
手袋も無いような時代にどうやってこの子を扱っていたのかしら?
茎の繊維で糸を紡いで、布に織りあげたそうで、中世の頃にはヨーロッパでは木綿がメインになる前は、ネトルから織った布はメジャーだったようですね。


【PR】ハーブの種 「ネトル スティンギング」は、ハーブティー専門店 e-ティザーヌさんちで252 円也~

私もこちらでお世話になりましたが、発芽率、バツグンによかったです・・ヘ(^o^)/
でもその後、地植えにした場所がちと悪すぎたぁ~ ヘ(x_x;)ヘ

ハーブの種を探そう! at Rakuten


ネトルには様々な効果があるといわれていて、その根っこを煎じて洗髪につかうと脱毛・フケが予防できたり、葉っぱをハーブティーとして使うとネトルに含まれているヒスタミンのおかげで、アレルギー対策になったり、あるいは花粉症にも効くようです。


Urtica dioica - ネトル - 西洋刺草(セイヨウイラクサ)Urtica dioica - ネトル - 西洋刺草(セイヨウイラクサ)
かなり殖えてきましたので、根っこを煎じて飲用できる日も近いかも?
葉っぱはともかく根っこを使えるようになるには、かなり大量に育てないといけません。
指に刺さる棘は、目には見えないような小さなものなのに、その痛さはなかなか収まらず。
もしかすると、このネトルは泥棒避けとして使える植物かも(笑)
泥棒もびっくりすると思います。あっ、でも泥棒さんたちは指紋を残さないようにするため、手袋を着用してますよね? 
そうなるとあまり効果は望めませんねぇ~

2010年7月8日撮影


この暑さで、大量にお水を摂取するので、どうも体にむくみが現れてしまいます。このネトルはむくみを軽減するとも言われておりますゆえ、冷たい飲料をやめて、ネトルのハーブティを飲むようにしたほうがよいかも。
カモミールやローズヒップと合わせて、ハーブティーにするとさらに効果があるようです。
それに毎日毎日、アイスクリームを食べ続けてているワタシ^^;

Urtica dioica - ネトル - 西洋刺草(セイヨウイラクサ)
まぁ~雑草みたいなものですから、育て方など知らなくても、水遣りしなくても、育つくらいです。
今年はこんなにお花が咲いたので、こぼれ種からもかなり殖えそう~


ネトル育て方

■種まき
発芽温度 15~25℃ 春か秋が適期ですが、温度を保つことができればいつでも播種できます。
発芽まで1ヶ月ほどかかります。
種が細かいのでピートモスやバーミキュライトを混ぜた赤玉(小)などを使うとよいです。

■植え付け
間引きしながら本葉がでてきたものを定植します。
日当たり、水はけともによい場所を選びます。

■水やり
一度地植えにすればほとんど水遣りは不要です。

■施肥
ハーブはあまり肥料を必要としません。
生育具合が非常に悪い場合に薄めの液体肥料を施します。

■増やし方
種から育てるのが一番です。
ネトルならば挿し木でも簡単に増えそうですね(^_-)-☆





弊ブログ内関連記事: ネトル | 種まき |  
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| ハーブ | 00:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>momoさん
この子の棘のことは、侮っていたのですよ(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
バラとかの棘と違って、棘と分からないような極小なもので、棘が目に見えないので始末が悪いです。
ひりひりする痛さは持続性があり、バラの棘よりも痛い感じです。
育てる必要性、全くナシな感じ(笑) けどいずれ花粉症になるかもしれないので、自活してくれる限り育ててみようかと思ってます。

| すぅ | 2010/08/05 04:09 | URL | ≫ EDIT

ネトル

ふふ、育てたんだ~~!! すごい。
説明書きの「トゲ」にひるんで育てたことがありません。
地味だけど、味わいのある花♪

でも、やっぱり痛いのはバラだけで十分かな~。
いつもガーデニングショウでメギがカラーリーフで素敵なんですが、
するどいトゲがあるので、手を出さないようにしています。

| momonga | 2010/08/04 14:10 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
植物辞典だなど、滅相もないことです (///o///)ゞ
私もナマでみるまで(^^ゞ こんなお花が咲くなどとは、これっぽちも知りませんでした(爆)

| すぅ | 2010/08/01 07:09 | URL | ≫ EDIT

Re: 地味~~^^; ネトルの花

おはよう すぅさん あ~これは何と 植物辞典を見るようですよ

| はなはな | 2010/08/01 05:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3159-2ac5b520

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。