++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モンタナ‘フレーダ’を地植えに^^;

Clematis montana 'Freda' - クレマチス モンタナ ‘フレッダ’
【学名】Clematis montana 'Freda'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】鉄線(テッセン) ボタンヅル 【英名】Freda Anemone Clematis
【系統】モンタナ系 【咲き方】一季咲き(春 5~6月) 一重咲き 
【花径】4~5センチ(やや小輪系) 【高さ】400~500センチ 【耐寒性】強い -10℃
【花色】桃色(モンタナ系の中ではもっとも濃い桃色) 【葉色】銅色  【剪定】弱剪定 旧枝咲き 
【流通名】モンタナ・フレッダ または モンタナ・フレーダ
【性状】 耐寒性つる性植物 強健で生育旺盛
【育種】C. montana 'Pink Perfection'からの実生? 参照:ICS関連記事
【生産者】Mrs. Freda Deacon (紹介されたのは、1985年 Jim Fisk氏 2004年没)
【用途】地植え 鉢植え 切花
【備考】#C019
【撮影】2010年7月9日


ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

鉢植えで管理していた‘フレーダ’でしたが、7月上旬に地面に下ろしました。
けれど、想像以上の猛暑でしたので、ちゃんと根付いてくれるだろうかと心配で心配で・・・

もうあとほんの少しだけ、早く植えつけてあげておけば、そんなに心配せずともよかったんですけど(^^ゞ
しばらくはなんら問題なさそうに見えていたのですが、やはりこの酷暑に耐えられなかったようです。


【PR】 クレマチス モンタナ ‘フレッダ’
梅雨の時期、葉っぱは黒っぽくなってます!  価格は420円也、割り合いとお手ごろ価格です。
真夏には葉っぱの黒さはすこし弱くなって、緑色が増します。
お花は綺麗な桃色でかわいいぃ~のです。
 
銅葉と桃色のコントラストが美しい‘フレッダ’を探そう! at Rakuten


すべての葉っぱが落ちてしまいました・・・
考えが甘かったです。今年のような酷暑は想像していなかったので、もうかなり根っこも周り大きく育っていましたから、なんとかなるかもなどと甘い考えを抱いてしまったのです。
けれど、今思えば、モンタナ自体あまり夏は好きではない品種ですし、地植えにするなら秋になってからか、梅雨に入る前くらいのほうがよかったに違いありません。


Clematis montana 'Freda' - クレマチス モンタナ ‘フレッダ’Clematis montana 'Freda' - クレマチス モンタナ ‘フレッダ’
ストレスで葉っぱを落としただけで、実は根っこは生きている♪ なんて、都合のよい考えですが、来年の春に復活してくれないかなぁ~
クレマチスって、時々死んでいるかのように見えても、実は生きているということもあったりするので、わずかな望みをもって見守るしかありません。
この子には、おなじモンタナの‘スノーフレーク’のお隣に植え付けて、白色と桃色のお花のコラボをさせようとしていたわけですが、明らかに構想倒れ?というキケンが90%です。

2010年7月9日撮影


植えつけたときには、いい感じに銅葉になってくれていて、ワンサカに葉っぱが茂っていたというのに、本当に残念・゚・(ノД`)・゚・。

Clematis montana 'Freda' - クレマチス モンタナ ‘フレッダ’
思い切って、地上部の枯れた部分はすべて剪定してしまおうか、それともこのまま放置したほうがよいのか、迷うところです。

クレマチス・モンタナの育て方

■植え付け
適期は、9月半ば~10月と2月~3月。 現在4月~7月でもそっと植え替えればOKです。
ふかふかの土を好みます。日当たりがよく西日が当たらないようなところに植えつけます。
植えつけるときには腐葉土と緩効性の肥料をすきこんでおきます。
鉢植えでも咲かせることは出来ますが、庭に植えたほうがダイナミックに楽しむことができます。

■水やり
地植えの場合は不要です。

■施肥
モンタナ系はあまり必要ありません。芽出し肥料と寒肥として有機肥料を少しまく程度で大丈夫だと思います。

■増やし方
挿し木で殖やすことができます。4月中旬から7月下旬ぐらいまでが適期です。
よく切れるハサミで、2節ほど切り取ります。このとき、先端の若々しい部分と、根元の部分は使わずに、中間部分を使います。
半日ほど水につけて、十分給水させてから鹿沼土をベースにした上に、パーライト8、鹿沼土小粒2の用土に挿します。発根するまでは水切れをおこさせないように注意します。





弊ブログ内関連記事: モンタナ‘フレッダ’  | クレマチス | モンタナ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クレマチス | 03:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
クレマチスは、稀に枯れているようにみえても復活してくれることがあるので、もしかしたら来年には芽吹きが見られるかもしれないと、甘く考えているのですけど^^;
どうでしょうねぇ~~ 

| すぅ | 2010/08/16 07:16 | URL | ≫ EDIT

Re: モンタナ‘フレーダ’を地植えに^^;

おはよう すぅさん。暑いですから 本当。なんとか復活してくれますように

| はなはな | 2010/08/16 05:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3158-ca855f36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。