++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒色のヒマワリから生まれた子

Hellianthus annuus - ヒマワリ‘ムーランルージュ’
【学名】Hellianthus annuus
【科名】キク科 Compositae 【属名】ヘリアンサ属 または ヘリアンツス属
【和名】向日葵(ヒマワリ) 【英名】Sunflower 【別名】日輪草(ニチリンソウ) 日車(ヒグルマ) サンフラワー
【品種名】ムーランルージュ
【原産地】北アメリカ
【性状】一年草 【草丈】180cm 【花期】7~9月 【生育適温】15~30℃
【用途】地植え 夏花壇 大型コンテナ 切花 
【撮影】2010年7月22日


昨年は漆黒のヒマワリさんでしたが、昨年採取した種を播いたところ、黄色へ先祖がえりです(^^ゞ
がっかりぃ~~ 黒色好きの私としましては、昨年と同様のお姿になってほしかったです。

昨年などは、人様から「あれは何?」と尋ねられ、「ヒマワリです」とこたえると皆様一様に驚きの表情でした(笑)
ヒマワリといえば、フツーは黄色ですからぁ~~ 驚くのも当たり前でしょうか。



ヒマワリを育てるならやっぱり種からですよね!
私はダークサイドなので、シーハーハー (^^ゞ どうしても黒っぽい子に触手が動きますが、テーマを持たせるなら、ゴッホやゴーギャン、マネ・・・ 様々な人が描いているその似た品種を集めるのも愉しいかも!

【PR】切り花にも最適!褐色のヒマワリ種 ヒマワリ ココアという黒色系もかわいい~~Y(=▽=)Y~☆ アグレさんちで、315円也~

ヒマワリをタネから育てよう! at Rakuten


けれど、黄色というよりもすこし茶色を残してくれていて、個性的なお姿で咲いてくれてはいるのです^^;
太陽がダイスキで、乾燥にも強いはずの夏の花、ヒマワリですが、今年の猛暑で花もちがイマヒトツかも。
最初の一輪目はあっという間に花びらを散らしてしまいました。


Hellianthus annuus - ヒマワリ‘ムーランルージュ’

上の写真は、蕾があがりはじめた7月上旬の様子です。
この頃は、漆黒のヒマワリを夢見ておりましたが・・・ *o_ _)oバタッ彡☆

Hellianthus annuus - ヒマワリ‘ムーランルージュ’Hellianthus annuus - ヒマワリ‘ムーランルージュ’

それに、もう一つ気になる点があります。
2メートル近くに育ってくれたのは、二株のみで、他に播いたものは矮性化 (@o@)
これって、私の植え付け場所に問題があったのかしら?

50センチ程度のところで咲いてしまいそうです^^;

2010年7月26日撮影


それはそれで、かわいらしい感じもあるのですけど。

Hellianthus annuus - ヒマワリ‘ムーランルージュ’
そうした経験を踏まえ、来年のタネマキはこの子を使わずに、また新たに種を買わねば。
もちろんダーク系です!

ヒマワリの育て方

■植え付け
土壌はあまり選びません。

■水やり
乾燥には強い植物です。用土の表面が乾いたらたっぷりあたえます。極端な乾燥状態にすると株が一気に弱ってしまうのでマルチングなどで防ぎます。

■施肥
肥料を好みますので植えつけるときに堆肥などを入れておきます。
7月からの開花時期には液体肥料か置き肥を与えます。ただ与えすぎもよくありません。

■種まき
発芽温度: 20~25℃ (目安は5月以降)
十分に気温が上がってから、日当たり・水はけのよいところに直播します。タネが大きいので扱いやすいです。
2~3粒ずつまいて、間引き株の間隔を20~30cmにします。
6月くらいまで種まきすることができます。






弊ブログ内関連記事: ヒマワリ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| black::黒い花 | 03:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ゆうきさん
はい、種を播いたときにあまり期待していなかったのですけど、ほぼフツーな感じのヒマワリになっちゃいました。しかも矮性化が進んでいるものもありました~
もう抜きとってしまおうかとも。。
そうですね、来年播いたらまた違う子が現れるかもしれませんね。検証してみます!

>tg戸笠さん
はい!折角ですから今年も種を採取してみます!と思ったのですが、一番色が濃くでていた雌花を切り取ってしまったばかり^^; まだ蕾の子がいるのですが、矮性になってしまっています。
あまりしっかり検証できませんけど、一応~~種を採取して来年の姿がどんな感じになるのか、試してみますね~~ (^_-)-☆

| すぅ | 2010/08/11 05:07 | URL | ≫ EDIT

Re: 黒色のヒマワリから生まれた子

昨年の漆黒さん見てきました~。
とてもダークですねぇ。
今年のは黄色も強く出ておりますが、花弁の付け根に面影がありますね。
また種蒔きするんでしょ?
来年はどんな色になるんですかねぇ。
またダーク系に戻ってくれると良いんですが…。
ヒマワリは夏って感じと元気をくれるようなイメージです。

| tg戸笠 | 2010/08/10 19:35 | URL |

Re: 黒色のヒマワリから生まれた子

もどっちゃいましたか><

でもまだまだ黒の面影がありますよね
来年はどうなるのでしょう

| ゆうき | 2010/08/10 09:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3151-8832cde7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。