++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白色の紫陽花たち

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)
【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木
【用途】花壇 シェードガーデン 庭植え ドライフラワー
【撮影】2010年7月5日


我家にある西洋紫陽花は、白色系です。

咲き始めのころは、本当に純白でしたが、時間が経つにつれ淡いピンク色や青みを帯びてきました。
挿し芽でも殖えてくれたのですが、これまた地面にズポッと挿す戦法での大成功~ (笑)
親株のほかに3株あるかな? まだ小さいからよいけれど、あまりにも大きくさせてしまうと場所が手狭になりそうです^^;

私の強い味方! カマキリのベイビーたちも無事に孵化したとみえ、紫陽花のお花の上で一休みしていました。
けれど、この記念撮影の後の猛暑!
雨が降らない日が続いたりして、お花はずいぶん枯れこんできてしまっていますけど。



いつも花柄摘みをしてしまうアジサイですが、今年は少し完全に枯れるまで放置してみようと思います。
去年はドライフラワーにして少しとってあるのですけど。

最近気になっているシノワな西安が次なる狙い目!です(笑)

アジサイは本当に千差万別。巨大化しないなら、もっと沢山の品種が欲しいところです(^^ゞ

【PR】 紫陽花を飾ろう! at Rakuten


さて、以下の二枚のお写真。
植え付け場所が違うと、開花時期も微妙に違いますし、色の出具合にも差があります。
同じお花じゃないみたいです。


Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)
ともかくアジサイのよいところは、植えっぱなしOKという点ですが、花後にちゃんと剪定しませんと、あっという間に巨大になってしまうので、ちゃんと花後にお手入れしておかねば。
来年、花になりそうなところの上で剪定するのですけど、私は、半分は深く剪定し、残り半分を通常の剪定にするようにしています。
けれど、あるていど大きくなってから、ザックリと剪定しても、翌年はお花があまり咲かなくても、深い剪定にも耐えますよね。仕立て直すのも楽チン♪なところもよいところです。




下のお写真は、挿し芽から三年目の株です。
挿し芽がしやすいという点にも驚かされますが、一年目にはお花はほとんど咲きませんでしたけど、成長の早さにもびっくりです。

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)
けれど、挿し芽から育っているものは、まだ株そのものが小さいのでお花もこじんまり。
私は大きくさせたくないので、このくらいの大きさのほうが好きかも!
あまり肥料も与えず、巨大化させないようにしたいのです。

アジサイの育て方

■植え付け
一般的に土のph(ペーハー)値が酸性よりかアルカリ性よりかでお花の色が変わってきます。酸性が強いと青色に、アルカリ性が強いとピンク色になります。鹿沼土やピートモスは酸性なので、青色向き。
ピンク色をキレイに発色させたい場合は、腐葉土を用いピートモスや鹿沼土は用いません。ピンク色にしたい場合は、過リン酸石灰を1000倍に水で薄めたものを潅水するとよいようです。
水はけ・水もちともによい土で植えつけます。
アジサイは気温が18℃以下に下がると花芽が作られるといわれています。高温時期は花芽ではなく葉芽が出ます。

鉢植えで管理している場合、根づまりしそうなら花後に鉢増しするとよいと思いますが、植え付けの適期は、休眠期の冬期間のほうが失敗がすくなさそうです。

■水やり
開花時期には、やや水遣りは控えめにします。
地植えの場合は不要です。鉢植えの場合には、表土が乾き始めたら与えます。
冬の間も生きているので、水遣りします。

■施肥
肥料の主要成分が同率のものを与えるようにします。

■増やし方
挿し芽(同年にお花が咲かないもの)をとって、清潔な用土に挿します。
適期は梅雨のころ。

■花後の剪定
アジサイは気温が18℃以下に下がると花芽が作られるので、秋口くらいまでは葉芽が出て大きく育っています。それ以降に剪定してしまうと翌年のお花が咲かなくなってしまいます。剪定は花後にすぐ行うと、脇芽も増えてこんもりとした株姿になります。






弊ブログ内関連記事: アジサイ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| white::白い花 | 02:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ゆうきさん
私もこのくらいのベイビーなら大丈夫ですが、すっかりオトナになったカマキリさんは怖い^^;です(笑)
けれど、虫を食べてくれるので退治することなく見守っています。

>ポー兄さんさん
私のところでもかなり熱いのですから、そちらの暑さは想像以上でしょうねぇ~^^;
鉢モノ盆栽は、ほとんど葉焼けを起こし、被害はかなり甚大です ~(〃´o`)=3
水やりがまったく追いつかないんです。
ラナンキュラスに引続き、ハイドランジアもいましたか! なんか馬主さんも馬だけでなく花が好きなのかしらん。

>よりりんさん
私のほうこそすっかりご無沙汰してしまって、すみませんm(__)m
私にも経験がありますが、家族が病気になると、生活が様変わりするので色々大変だったと思います。けれどお元気になって本当に良かったですね。
こちらも夏休みに突入ですが、この暑さで冷涼なはずのコチラでもオンモに出るのが憚られます^^;
紫陽花はさすがにここ1週間の暑さで、枯れ込みはじめてしまってます。

| すぅ | 2010/07/26 03:58 | URL | ≫ EDIT

Re: 白色の紫陽花たち

こんばんわ、お久しぶりですw
たま~に記事は拝見していたのですが、コメントスルーしてました・・・汗。
4月から父が入院して、退院して自宅療養になったと思ったら今度は入れ替わりで5月初めから母が入院して、ようやく先週退院してきて自宅療養中。
6月、7月と続いた華展の当番も終わって、ちょっと心にゆとりが出来ました♪
そしたら、もう夏休みなんですけどね・・・苦笑。

それにしても、まだこんなに紫陽花が美しく咲いているんですね!!
こちらでは、もうすっかり姿を見かけなくなってしまいました。
白い紫陽花は、美しいですが、痛んでくるとちょっと無残ですね・・・汗。
↓の撫子の色にもビックリ!!
すごい色のがあるんですねぇ~!! こんなの見たことないです。。。

| よりりん | 2010/07/26 01:05 | URL | ≫ EDIT

Re: 白色の紫陽花たち

こんばんは!
すぅさん、毎日水やり大変じゃないですか?
ウチは鉢植え多いから大変だわ。。。

ちなみにハイドランジアって馬もいたような気がするわ。
なんでもおるね、こりゃ。

| ポー兄さん | 2010/07/26 00:36 | URL | ≫ EDIT

Re: 白色の紫陽花たち

白い紫陽花が涼しげでいいですね

カマキリって大嫌いなんですけど
何の役に立つのでしょうか?

| ゆうき | 2010/07/25 09:04 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
アジサイは、挿し芽するもののなかではかなり成功率が高い部類ですね!
5種類もお持ちなのですね♪ けれどまだまだきっともっと殖えるのでは? (笑)

| すぅ | 2010/07/25 04:40 | URL | ≫ EDIT

Re: 白色の紫陽花たち

紫陽花は本当たくさんの種類がありますね。我が家でさえ5種くらいあるかな?白紫陽花もいいなと思います。そして、挿し木でも増えるせいか増えていってしまうね(笑)

| はなはな | 2010/07/25 04:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3146-5b8b8247

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。