++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワレモコウ‘ピンクタンナ’

Sanguisorba officinalis 'Pink Tanna' - 吾亦紅(ワレモコウ)‘ピンクタンナ’
【学名】Sanguisorba officinalis 'Pink Tanna'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】ワレモコウ属
【和名】我吾紅 / 吾亦紅
【英名】Great burnet / Blood wort など 【別名】 吾木香我毛紅 (ワレモコウ)
【品種名】ピンクタンナ
【原産地】日本・中国~シベリア、ヨーロッパ
【性状】耐寒性多年草  【草丈】70センチ
【弊ブログ内関連記事】 ピンクタンナ | ワレモコウ | 五十音順栽培リスト | カテゴリ別一覧 |

【撮影】2010年7月22日


入手してから、三年目かしら?
やっと、やっとそれらしく大きくなってくれた吾亦紅です。
普通のワレモコウは茶色ですけど、この子はパステル調で桃色~白色のグラデーションがかわいらしいのです。

今年は、草丈も大きくなって、花数も増えました♪


おぎはら植物園さんちで、宿根草ワレモコウ ‘ピンクタンナ’ 525 円也~

ダイナミックさはないけれど、繊細に咲く様子がかわいいのです!
ちょっと形状が毛虫のようですが(笑) かわいいとは思えない方もいるかしら?

【PR】 白色、桃色、海老茶色、色々あります! ワレモコウをゲットしよう~! at Rakuten


二株あるのですけど、もう一方は日陰に植えてしまったので、あまり大きくなれずにお花を咲かせませんでしたので、忘れなければ(^^ゞ 移植してあげようと思います。
この二株を比べるとまるで全然違うもののようで、植え付け場所の環境でこれほどまでに生育具合って変るものなのかと、改めて実感。


Sanguisorba officinalis 'Pink Tanna' - 吾亦紅(ワレモコウ)‘ピンクタンナ’Sanguisorba officinalis 'Pink Tanna' - 吾亦紅(ワレモコウ)‘ピンクタンナ’
切花で愉しめますけど、そもそも原種のワレモコウは茶花として使われますが、この子は桃色なのでバラを切花にしたときなどにも、脇役として活躍してくれます。
もっともこの子が一番咲き誇るころは、バラには花を咲かせない真夏の時期なのですけど。
けれど、今年はどうしたことかこの真夏に咲こう、咲こうとしているバラが幾つか存在しております。
蕾が上がってしまったら、秋にバラを咲かせるために、切り落としてしまおうかとも思いましたが、案外そのまま管理中の私です。

2010年7月22日撮影


この度の猛暑にも案外耐えることができる吾亦紅さん。
幾分、ツバキの木陰にはなるのですけど、用土さえ完全に乾燥させたりしなければ、このひどい猛暑でも生育状態には影響はでていないです。

Sanguisorba officinalis 'Pink Tanna' - 吾亦紅(ワレモコウ)‘ピンクタンナ’
この子は去年お花をそのままにして、種をつけさせたので、こぼれているはずですけど、こぼれ種からの発芽は見受けられません。
ちゃんとタネマキしないと、ワレモコウはあまり増えないようですね。
やはり殖やすならば、株分けのほうがダンゼンお手軽です。

ワレモコウの育て方

■植え付け
風通しが良く明るい場所を選びます。湿り気のある用土が適しており、冬の間も乾燥しないようなところが最適です。
例として、赤玉土、砂、腐葉土などがあります。
お日様は大好きですが、半日陰でもよく育つのがよいですね。と申しますか、あまりに日がカンカンに当たらないほうが良いようです。
ただし大きな木の下で根っこがケンカしてしまうようなところは不向きです。

■水やり
乾燥を嫌うので、鉢植えの場合には完全に用土が乾く前に水やりします。耐寒性が強い品種で、地上部は枯れますが冬の間も水やりをわすれないように。

■施肥
春の芽だし期に有機肥料を施すくらいで十分です。
他肥にならないよう注意します。

■増やし方
種から増やすこともできます。
大きくなったら株分けで増やすのが簡単です。

Wikipedia参照記事: ワレモコウ




| pink::桃色の花 | 06:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
茶色の子もいるのですけど、もっと繊細で女性らしい感じです♪
ピンク色のワレモコウもよいでしょう~?

>よりりんさん
そうなんですよぉ~それに風があると揺れてしまうので、よけいに写しにくいっ^^;
ピントが合わない、合わない(爆)
自生している姿も見てみたいです\(*^▽^*)/

>ゆうきさん
私も初めてこの子を知ったときには、驚きました~
どうして桃色になったんでしょうね。 不思議です♪

| すぅ | 2010/08/08 05:49 | URL | ≫ EDIT

Re: ワレモコウ‘ピンクタンナ’

われもこうで こんなにかわいいお花があるのは感激です!

| ゆうき | 2010/08/07 17:37 | URL | ≫ EDIT

Re: ワレモコウ‘ピンクタンナ’

わ~、かわいい!!
ピンク色のワレモコウなんて、そのあたりでは見かけませんよね。
やはり園芸種?ならではでしょうか。
先日、伊吹山に登ったときに、ワレモコウの花が咲いているのを見ました。
小さな小さな花で、写真撮りにくいんですよねぇ~汗。
こちらでは、いつもながらキレイに撮影されてて、うらやましい限りです。

| よりりん | 2010/08/07 00:32 | URL | ≫ EDIT

Re: ワレモコウ‘ピンクタンナ’

あなたに~あなたに~謝りたくて~~♪ですね。
ピンクのカワイイですね。
帽子をかぶってるみたい。
茶色のは知ってましたが、この子は初めて見ました。

| tg戸笠 | 2010/08/06 20:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3135-bb079d54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。