++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

藍色のブルーポートとブルーバロー

Aquilegia vulgaris - 西洋苧環 アキレギア・ヴルガリス
【学名】 Aquilegia vulgaris
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae
【属名】オダマキ属
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ
【英名】 アクレイギア Aquilegia
【品種名】ブルーポート
【咲き方】八重咲き 一色咲き 下向き  【花色】紺色
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 
【用途】地植え 鉢植え
【撮影】2010年5月16日



もう三ヶ月遅れのアップって・・・ (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

蔵出しもよいところですが、でもお気に入りのオダマキさんなのでせっかく記念撮影しておいたものなので、アップです。それにしても季節がはずれすぎ(^^ゞ 大変失礼しております m(__)m
けれど、画的には涼しげな部類ではないでしょうか? でもタワーブルーなどのパステル調のもののほうが、涼しさでは軍配があがりますね。

【PR】オダマキのオリガミシリーズをタネから育てよう! at Rakuten


シックな咲きっぷりで好きなのですが、今年はブルー系の苧環さんは成績が悪くて、小さな苗しかお花を咲かせず。
なんだか今年はあまり種もとれませんでした。来年は、一昨年のこぼれ種などから、思わぬところで開花してくれたりして欲しいなぁ。と、神頼み中~(笑)


Aquilegia vulgaris - 西洋苧環 アキレギア・ヴルガリス‘ブルーポート’Aquilegia vulgaris - 西洋苧環 アキレギア・ヴルガリス‘ブルーポート’

オダマキたちは、群生させているというよりも、お庭の随所でポツポツと植えているのですけど、色が様々なので、群生させておらずとも最盛期には華やかです。
バラとも似合いますしね(^_-)-☆




もう完全に種もこぼし方終了した8月。葉っぱしか残っていないのです。こうなってしまうと、イマヒトツ^^;
なので今年は、前回ご紹介した、黄色の葉っぱや斑入りの子も殖えましたので、あと数年したらお花が無くても、花壇に変化をもたせることができるようになるかなぁ~
けれど、どうも先日ゲットした乙女風鈴オダマキは、枯れかかっているように見え・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

Aquilegia vulgaris - 西洋苧環 アキレギア・ヴルガリス‘ブルーポート’
オダマキは、宿根草とはいえ、あまり寿命が長くないという点がちょっと残念ですけど、こぼれた種からも咲いてくれますから、あまり手をかけなくても子孫繁栄はしてくれます。
けれど、計算しつくしたようなお庭を考えていらっしゃるなら、自然交配でこぼれた種から生まれるものには、交雑が考えられるので、ちゃんとラベルがついたものを購入されるほうがよさそうですね。

オダマキの育て方

■植え付け
苗を購入した場合には、鉢増しするか地面に植えつけます。適期は春または秋。
夏場の暑さは苦手なので植え付ける時期には適しません。
山野草を育てるようなイメージで、水はけの良い用土を用います。赤玉土に川砂、腐葉土などを加えたものがよいようです。

■水やり
冬場も水遣りを忘れないようにします。地植えの場合には極端に乾燥しているとき以外は不要です。
開花時期には水遣りがわりに液体肥料をあげるのもよいと思います。

■施肥
植えつけるときに緩効性の肥料をすきこんでおきます。
多肥にする必要はありません。

■増やし方
適期は春と秋。タネマキから翌年には開花せず、二年目からの開花となります。
Tompson & Morgan社の説明によれば、好光性。

種まきで殖やすことができます。株わけはあまりオススメできません。
オダマキの場合、宿根草でありながらもその寿命は短く3年ほどと言われています。
よって種を採って育てている苗と開花の苗がないとオダマキが無い年もでてきてしまいます。
もっともこぼれた種からも結構発芽してくれますが。

発芽の温度は15~20度くらいが目安ですので、時期的にはちょうど良かったようです。発芽率はほぼ90%といったところでした。

種まきのコツといたしましては、オダマキの種は小粒ですので、ピートバンなどを使ったほうがより楽ちんです。わたしの場合はピートバンをケチり、プランターとビニールポットに直播きしました。

種は播いてから後は水を絶やさず、といって濡れすぎているのも良くないんです。保湿が重要なので新聞紙(一枚)などでカバーするのも良いと思います。

梅雨時で雨も強く降ったりする日がありますので、軒下や室内で管理します。でないとせっかく播いた種が雨に流されてしまう可能性があります。

時期は、春撒きか秋撒きですが、わたしのところは冬に霜やら雪やらありますので、春撒きです。ある程度冬を越すための体力をつけてあげないと!

今回は購入しませんでしたが、ブルーボネットの種の場合には、種の袋を開き、冷蔵庫など3℃~5℃くらいのところに2~3週間保存してから、播くと発芽に時間がかからないようなことも書かれていましたし。一晩種を水につけておくほうが発芽しやすいとも。
発芽してからは、お日様にたっぷり当てて液体肥料なども施し始めます。

■注意
毒がありますので、誤ってお口の中に入れないように!

またヤサシイエンゲイにもオダマキの育て方がありますのでご一読を!





弊ブログ内関連記事: ヴルガリス | オダマキ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| オダマキ | 01:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ポー兄さん
食いついてくださってありがとうございます ( ̄m ̄*)゚プッ
落ち着いた雰囲気でよいでしょう~ とってもシックです。
オダマキは種類が豊富すぎて、どの子を育ててゆくべきか非常に迷います(笑)

| すぅ | 2010/08/24 05:05 | URL | ≫ EDIT

Re: 藍色のブルーポートとブルーバロー

やっぱりこのオダマキはキレイだね~!好きだわ!

| ポー兄さん | 2010/08/23 23:43 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
はい!あのデュランタの紫色、素敵でしたね~~~
この子は八重咲きでもあるので、かわいいけど華やかですよん♪

>tg戸笠さん
宿根草はどうしても花の期間が短かったりして、冬は葉っぱがなくなってしまうものが多いですけど、この子も然り^^; お花がないときでも、葉っぱが丸っこくてかわいいことはかわいいのですけど。
見慣れてしまったせいか、最近めっきりこの子に対してチカラがでなくなってしまいました(^^ゞ
バチがあたりそうです(笑)

>あさがおさん
お盆でしたし、お忙しい日々をお過ごしだったのではないでしょうか?
私もご無沙汰ばっかりですみませんm(__)m 五麺なさい ( ̄m ̄*)゚プッ
あさがおさんのお宅のパステル調のこたち、かなりかわいらしい~ですよねー
思い出してしまいました! 

| すぅ | 2010/08/21 06:21 | URL | ≫ EDIT

Re: 藍色のブルーポートとブルーバロー

わーステキな藍色ですね~わーあーい!(やった!笑)これならどんなに遅くてもupするべきですよ。それはそうとご無沙汰しちゃって・・・めんご!(5麺)ちゃい!

| あさがお | 2010/08/20 21:18 | URL | ≫ EDIT

Re: 藍色のブルーポートとブルーバロー

好きな色ですねぇ。
八重咲きで豪華さも出てます。
今は葉っぱだけでイマイチですか。
葉っぱも案外カワイイでしょう…とも思いましたが、最初に出てくる葉っぱと、花が咲いて花がなくなった後の葉っぱは印象が違いますもんね~。

| tg戸笠 | 2010/08/20 19:48 | URL |

Re: 藍色のブルーポートとブルーバロー

先日 私のブログで 紫は 高貴と置きましたが これこそ高貴かも

| はなはな | 2010/08/20 04:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3126-d6ec9196

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。