++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビヨウヤナギか?キンシバイ(@o@)

Hypericum patulum - 金糸梅(キンシバイ)
【学名】Hypericum patulum Hypericum patulum cv.Hidcote
【科名】オトギリソウ科 Clusiaceae 【属名】オトギリソウ属
【和名】西洋金糸梅(キンシバイ) 【英名】  【流通名】ヒペリカム・ヒデコート
【原産地】中国  【性状】耐寒性半落葉低木 【花期】5~6月  【樹高】 1~1.5m
【花色】黄色 【花径】3~4cm
【用途】地植え



二年前、お花が咲いていない小さな苗を友人のお母様からいただいたのですけど、名前がわからないとおっしゃられ・・・
私も始めて育てるもので、ラベルがないと正確にはわからず、すでに二年が経過してしまったのでありましたが、ようやく確信が持てるようになってきたので、記事にしてみました。

けれど、もし間違えていたらごめんなさいm(__)m

ネットでまずは画像検索し、似ているお花を幾つかチョイス。始めは美容柳(ビヨウヤナギ) かと思ったのですが、どうもオシベの長さとカタチが違います。tg戸笠さんのところで拝見したお写真を見て確定。絶対違う・・・ おかげさまでなんとか絞り込むことができそうです。ありがとうございました!

いただいたときには、葉っぱのカタチがかわいい実をつけるヒペリカムに似ているなぁ~と思っていたのですけど、昨年数えるほど咲いたお花は黄色ではありましたが、私が育てているヒペリカムよりもかなり大きかったので、ヒペリカムではないなぁ~と思っていたのですが、よく観察できないままに花が散ってしまっていたのです。

けれど、今年は三年目となり、沢山のお花を咲かせてくれるようになりました。とても

私が、勘違いした子は、美容柳(ビヨウヤナギ)ですが、ヤナギではなく、やはりオトギリソウ科です。こちらのほうがよりヒペリカム(その赤い実を切花として愉しむ)をそのまま大きくした感じ。
玄宗皇帝が『太液の芙蓉未央の柳此に対ひて如何にしてか涙垂れざらむ』と、楊貴妃とビヨウヤナギに見立てて詠んだ歌が有名なのだそうです。



【PR】 梅雨に咲くのはアジサイだけではないのです! at Rakuten


チビ苗のうちに、葉っぱがヒペリカム似だったので、ままよとばかりに強健であろうと想像し、地植えにしたのですけど、ご近所さんは南天です。
下のお写真で、お花がよりかかるようにしているのが南天の幹^^;
我家では南天を株立ちさせずに、1本または2本のみにして育てているので、ちょうど株元が空っぽの南天。その足元を華やかな黄色いお花がカバーしてくれるようになりました。


Hypericum patulum - 金糸梅(キンシバイ)Hypericum patulum - 金糸梅(キンシバイ)
育ててみるまで気がつきませんでしたが、キンシバイを生垣などに使っているお宅が結構ありますね。
通勤路でも気がついただけで二軒ありました^^; 
なぜにこれまで全然気がつかなかったんだろう~
この時期、アジサイとの開花時期と同じで、アジサイのほうに興味があって、目がアジサイにばかり向いていたのかもしれません。

2010年6月21日撮影


と、ほっとしたのも束の間・・・
あれれ、ヒペリカム・ヒドコートってのに、似ているみたいです(^^ゞ
全開花する咲きっぷり、もしかして我家のは大輪キンシバイ? もぉ~良くわからなくなってしまいました。

( ´Д⊂ヽエーーン

Hypericum patulum - 金糸梅(キンシバイ)

シベは金糸の束でありますが、ヒペリカム・カリシナムとの見分けはついたのですけど、結局見切り発車でキンシバイだろうと思ってしまった私ですが、どうも自信がありません。

育て方は、ほぼいずれも同じみたいですけど。

ビヨウヤナギの育て方

■植え付け
適期は11月から入梅前くらいまでです。花期は避けたほうが良いと思います。
いずれも日当りの良い湿潤地を好むが、半日陰でも育ちますが、乾燥には弱い低木です。
特に真夏の直射日光には弱いので、強健な低木ではありますが、水遣りなどが必要になる場合があります。
鉢植えの場合には、夏場には半日陰に移動させたほうがよいです。土質は選びません。

■水やり
ひどく乾燥しているときには、潅水しますが、地植えの場合ほとんど不要と考えてよいと思います。

■施肥
ほとんど不要です。

■増やし方
挿し芽から簡単に殖やすことができます。
またタネから育てるのも可能です。

■剪定
新梢にお花が咲きますので、その年の春まで剪定が可能です。
庭植えの場合、樹形を整えるためには、毎年冬に地際近くまで刈り込んでおくとよいと思います。


弊ブログ内関連記事: キンシバイ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |



| 夏咲く花 | 03:17 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
オバカな私をお許しくださいm(__)m そして、ヒデコートであると太鼓判を押してくださり、ありがとうございました!
これでスッキリ、お悩み解決です♪
実はtg戸笠さんからのコメントを心待ちにしていたのです。本当にありがとうございました~~

| すぅ | 2010/07/21 02:52 | URL | ≫ EDIT

Re: ビヨウヤナギか?キンシバイ(@o@)

ごめんなさい~。
この記事を見逃してました^^;
これはヒペリカム・ヒデコートですね。
キンシバイとはちょっと違う。
まぁ西洋キンシバイなので、キンシバイでもOKですけどね♪
過去ログのコメントすみませーん!!

| tg戸笠 | 2010/07/20 20:24 | URL |

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
そうですか! 両方ありましたか!
よ~~く見比べることができたんですねっ(^_-)-☆ 私はやっと今年になってから・・・(笑)

>4106さん
案外、植木屋さんも中てになりませんね~~ (爆)
でも遠目ではよくわからず、やはり近づいてシベの状態が見えないとわかりにくい感じです^^;
私も植えた場所にスペースがないので、ばっさりと剪定が必要です。
オトギリソウ科の植物はホント強健な子が多いですよね。

| すぅ | 2010/07/11 06:57 | URL | ≫ EDIT

Re: ビヨウヤナギか?キンシバイ(@o@)

おはようございまーす!
我が家にもキンシバイがあって、オットはずっとビヨウヤナギと
長年思っていたようです。(植木屋さんがそう言っていたらしい)
ナゼか素手で触ると恐ろしくかぶれるので剪定はもっぱら私が
やっています。
9月ごろに根元からザックリと剪定してもへこたれないタフな
植物ですね!

| 4106 | 2010/07/10 10:40 | URL | ≫ EDIT

Re: ビヨウヤナギか?キンシバイ(@o@)

おはよう すぅさん きんしばいですね 我が家は 両方ありましたよ(笑)ちょうど旬ですね

| はなはな | 2010/07/10 03:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3111-d046cb4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。