++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シノワっぽい~かも!? グレイドーン

Rosa 'Grey Dawn' - バラ‘グレイドーン’

【学名】Rosa 'Grey Dawn'
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【和名】薔薇バラ) 【英名】Roseローズ) 【別名】【品種名】グレイドーン 
【系統】F フロリバンダ  【樹高】80cm~100cm 【花期】四季咲き 【花色】薄紫から薄茶色 【花径】中輪
【香り】良香  【樹形】半横張り性  【棘】
【作出年】 1975年 【作出国】イギリス 【作出者】LEGRICE
【性状】耐寒性草木 【草丈】 【花期】 【入手日】2010年6月17日
【用途】地植え 鉢植え 切花
【撮影】2010年6月9日


ニュアンスカラーとかシノワカラーとか渋カワとか、そんな雰囲気のバラ‘グレイドーン’です。

バラには本当に様々な色あいのものがありますが、これまではピンク色や赤色、そしてジュリアのようなハッキリ目めの茶色の子などを育てていました。

けれど、最近その趣向にも変化がみられ、薄ボンヤリとしたようなバラが気になる私です。

今回初めてバラの家さんちにお世話になり、新苗3種を入手いたしまうちの一つです (^_-)-☆
他に入手したのは、‘カフェ’と‘オノリーヌドブラバン’です。



新苗ですし、咲かせてはいけない、いけないと分かっていながら、やっぱり咲かせてしまいました(^^ゞ
けれど、蕾がすこし色づいたころに切り取って、ヒペリカムとともにグラスで鑑賞です!

四季咲き性なので、秋にもう一度蕾をもってくれないかなぁ~と期待Y(=▽=)Y~☆


【PR】 グレー系のバラも素敵! at Rakuten


実際に咲いてくれた花ですが、まだ本来の色あいや形にはならず、勿論小さかったですけど、思ったほど灰色っぽくはなく、どちらかというと Dawn=暁 のイメージ。
日が昇る瞬間を投影したような色あいといえるかもしれません。


Rosa 'Grey Dawn' - バラ‘グレイドーン’Rosa 'Grey Dawn' - バラ‘グレイドーン’

こちらは到着したばかりの様子。
お写真でみるとグレイというよりも茶色っぽいです。
けど、我家で咲いたものには、あまり茶色は現れずそのほうが私が欲しかったお花のイメージでした(笑)
ヒペリカムは、どんなお花に脇役として使え、まだそう赤く色づいていないうちに、少し切り取っていけました。

2010年6月21日撮影


ところがですね~ かなり最近は気温が上がっているせいと、水揚げがうまくいかなかったせいで、あっという間にしぼんでしまい、イキイキとした様子を写真に残すことができなかったのです。
悲しい~ 

今回の記念写真は、ほぼ萎れた状態なのです。がっかり~

Rosa 'Grey Dawn' - バラ‘グレイドーン’

説明には、ラベンダー色もはいるようなことが書かれていたのですけど、確かに少し紫がかった感じにもなるようで、ホントに魅力的です。

この子はコンパクトに育つので、ベランダ栽培でも楽しめそうですね~ (^_-)-☆


バラの育て方

■植え付け
掘り上げた土に腐葉土、堆肥を3割程加えさらに元肥として緩行性肥料も混ぜておく。

■水やり
開花株を購入したら、日差しの当たる室内に置きます。花が終わったら屋外に出して、たっぷりお日様を当てて、土の表面が乾いたら水遣りをします。

■施肥
寒肥、春先の芽だし肥料、そしてお礼肥え。この三つはきちんと施しましょう。
鉢植えの場合には置き肥えすればよいし、地植えの場合には株元から15センチほど離れたところの土を掘って、そこに肥料を混ぜて元に戻します。

■剪定
 花後、花首のすぐ下で剪定します。 四季咲き性のものですと秋のお花がとてもきれいなので、春に咲いたあとできた蕾もチョッキン。盛夏を過ぎてからつぼみをつけさせてあげるほうが、秋のお花をより楽しむことができます。
 ハイブリッドティーなどは6枚葉の真上(5ミリほど)で花茎を切り落とします。花首のすぐしたですと、成熟していないので、花つきがわるくなるようです。

■病気・虫対策
化学薬品の殺虫剤と殺菌剤を調合し噴霧器で散布します。予防薬と治療薬があります。害虫対策には、毎日様子を見て、おかしいなと思ったらすぐに対策をとることが大事で、それぞれの害虫用の殺虫剤を選ばなくてはなりません。缶詰などにされているエアゾールタイプのスプレーは、被害が少ないうちなら手軽で便利です。

・病気にさせないために - 予防
水1Lに対して以下を混ぜて使います。
オルトラン(水和剤) 1g(3mL) 1000倍(殺虫)
ダコニール(フロワブル剤) 1mL 1000倍(うどん粉病・黒点病)
展着剤 0.1mL 5000倍

・病気になってしまったら - 治療
水1Lに対して以下を混ぜて使います。
テルスター(水和剤) 1g(1.7mL) 1000倍(ハダニ・害虫)
サプロール(乳剤) 1mL 1000倍(黒点病)
ミラネシン(水和剤) 1g(1.5mL) 1000倍(うどんこ病)





弊ブログ内関連記事: グレイドーン | バラ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 新しい仲間 | 02:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
チビ苗ばかりで、まだまだです。
遠目からでもよく目立つようなバラが無いんですよね~~^^; 
この子もはやく本来の姿がナマで見たいです!

| すぅ | 2010/07/17 05:18 | URL | ≫ EDIT

Re: シノワっぽい~かも!? グレイドーン

やさしい色ですね おはようすぅさん。やっぱり興味深深です すぅさんのお庭の多々に

| はなはな | 2010/07/17 05:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3108-2f38c9b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。