++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シャリファ・アスマ?

Sharifa Asma'  (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’
【学名】Rosa 'Sharifa Asma' (Ausreef)
【科名】バラ科 Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) English Rose 
【品種名】シャリファ・アスマ (Sharifa Asma )   【別名】オースリーフ
【開花時期】5月~6月 四季咲き  【香り】あり (強い) フルーツ香
【花形】ロゼット咲き 【樹形】ミディアム・シュラブ 
【花色】ライトピンク 【樹高】100cm 【花径】10cm
【購入元】David Austin社   【交配親】 Mary Rose × Admired Miranda 
【生産地】イギリス 【作出年 】1989年
【用途】鉢植え 地植え 
【撮影】2010年6月1日


梅雨に入ってしまったので、バラの花弁は雨に濡れ放題。
でもこのシャリファアスマは少しだけ軒下にかかるところに地植えにしているので、ちょこっとは雨から逃れることができる場所です。

実はこの子は保険をかけたほうでして、親株のほうは鉢植えのまま二年も植え替えていない上、苧環やシノグロッサムが猛威を古い(笑)ちっとも蕾を上げてくれません。

挿し芽のほうが元気に育ってしまうなんてねぇ~ やっぱり私は鉢植え管理が下手です。

【PR】 シャリファアスマを育てよう! at Rakuten


タイトルにハテナ?マークがついているのは、もしかしてハーマイオニー?とちょっと自信がなかったからでして・・・ といいますか、咲いてくれるまでこの子をここに挿しておいたことすら忘却していました(^^ゞ
コーネリアだとばかり思っていた私です。
でもよ~~く記憶を辿ってみると、去年も小さいながらピンク色のお花が一個くらいはここで咲いていたような気もします。バラはラベルが命ですので、ちゃんとラベルをつけておかないとなぁ~


Sharifa Asma'  (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’Sharifa Asma'  (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’
蕾が上がったときには、かなりアプリコット色に近かったのですけど、一輪目のお花は薄い桃色を帯びた感じへと変化してゆきました~ 
香りを愉しみたくて、最初に咲いた一輪は切り取って、就寝前に枕の横に置いてしばらくはもてあそびつつ、いつの間にか眠りについたのです。
贅沢で質のよい睡眠をうることができました(^_-)-☆
David Austinが配布している小冊子には、「フルーツ系で、ホワイト・グレープやクワの実を思わせます」とありましたが、そもそもクワを育てたことが無い私には、あまり良くわかりませんでしたが。




第二弾が咲いたときには、そのままじっと我慢。
雨に打たれる様子をじっくりと観察です。オールドローズ系ながら、あまり花びらは傷まずにゆっくりと開き、淡いピンク色から白っぽく変化します。
あまり大きく育ちすぎないので、誘引させるような半シュラブ系のものと違い、ハイブリット系なモダンローズ的扱い方ができますね。
さて今期はどのくらい繰り返し咲いてくれるかしら?愉しみです♪

Sharifa Asma'  (Ausreef) - イングリッシュローズ‘シャリファ・アスマ’
花数でいえば、我家のイングリッシュローズ系では、一番古参のファンタン・ラトゥールが一番ゴージャスで香り高いのですけど、この子は丈夫さではファンタン・ラトゥールを抜いております。
アブラハム・ダービーも全天候型の管理の中で頑張っていますけど、まだ本来の大きさにまでは育っておらず、今後どこまで立派になってくれるか、楽しみ♪
また友人からのプレゼントのハーマイオニーちゃんは、春先の寒波で蕾が全滅してしまったため、やっと今頃になって小さな蕾を上げ始めたばかりです。それぞれに個性のあるバラたち、やっぱりお庭にもっともっと欲しいですね~~(笑)

オールドローズの育て方

■植え付け
付属のラベルによれば、地植えの場合、深さ直径ともに50センチほどの穴を掘り、牛ふん10L、配合肥料200gをまぜ、この肥料に直接根が触れないように植えつけるとありました。バラには肥料が不可欠です。私の場合は牛ふんがなかったので、油粕のみをいれました。

植え付けのときには、台木がかくれないように植えつけるのがポイント。
ご存知のようにバラというのは、業者によって接木されたものがお店で売られております。本当はすっかり寒くなった休眠期に植えつけてあげたほうが失敗が少ないようですが、思い切って地植えにしちゃいました。ラベルには3月までが植え付け期だとかいてあります。

■水やり
地植えの場合不要です。もしどうしても真夏、地面が乾いているようならば、バケツいっぱいのたっぷりの水を与えます。鉢植えの場合、用土の表面が乾いたら午前中にたっぷりと与えます。

■施肥
肥料は固形の油粕や有機質のものなどを、春から秋にかけて2ヶ月に一度施します。
液体肥料は、土を荒らしてしまうので、使わないほうがよいようですね。

■剪定
剪定も大事で、花が終わったら花首からすぐに下のところで、剪定します。夏の剪定では花のついていた枝に5枚葉を2~3残して花を摘み、これとは別に夏と冬の剪定がかかせません。
剪定のポイントは、外側を向いた外芽の上で切りますが、スパッと上から下に向かってはさみをいれるようにします。

■病気
病害虫には、早め早め、病気が発生するのを防ぐ努力が肝要です。毎年黒点病やうどんこ病が発生してしまうのですが、今年はニームガルテンを使用中!マルチングも腐葉土をまいてあります!

David Austinのサイト: シャリファアスマ





弊ブログ内関連記事: シャリファ・アスマ | バラ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| バ ラ | 22:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
親越え~~~(笑)
人間でいえば、コラーゲンもヒアルロン酸もたっぷり~~の生まれたてのベイビーのようなみずみずしさです。今後も期待できそう↑(^_-)-☆

| すぅ | 2010/06/20 05:59 | URL | ≫ EDIT

Re: シャリファ・アスマ?

親子逆転で子が大きくなってくれることは 人の世も 植物も うれしいね

| はなはな | 2010/06/20 05:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3096-7e55b631

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。