++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファンタンラトゥールのかほり

Rosa 'Fantin-Latour' - 薔薇 ‘ファンタン ラトゥール’

【学名】Rosa 'Fantin-Latour'
【科名】バラ科  Rosaceae 【属名】バラ属
【系統】オールドローズOld Rose) ケンティフォーリア(Centifolia hybrid) 
【品種名】ファンタン ラトゥールFantin Latour)  フランスの画家アンリ・ファンタン・ラトゥールにちなむ
【開花時期】5月 一季咲き  【香り】あり アルバ系
【花形】クォーターロゼット咲き 【樹形】直立性  シュラブ系
【花色】ライトピンク 【樹高】90~185cm 【花径】10cm
【購入元】第一園芸  
【生産地】オランダ 【台木】ラクサ



ようやくファンタン・ラトゥールが本領を発揮できるまでに成長してくれました~(∇〃)。o〇○ポワァーン
そもそもはシュラブ系のオールドローズではありますが、冬の剪定でようやく蔓を1本だけアーチまで引っ張ってこれたので、ガラガラだったアーチの足元でも咲いてくれるようになった一方で、直立したカタチも作ってくれています。

我家にあるバラのなかでも花数はピエールドロンサールに負けるとも劣らずで、香りではこの子に軍配があがり、それはそれはすばらしい~~ うっとりするような香りに包まれております。

がっ、梅雨に突入~~ *o_ _)oバタッ彡☆


【PR】バラ大苗 オールドローズ ケンティフォリアファンタンラトゥール 6号鉢 一季咲き大輪は、ザ・ローズショップさんちで、2625円也~

お気に入りのオールドローズを探そう! at Rakuten


オールドローズは雨に弱いのです。この子はスプレー咲きになるので、お花が咲いているときに雨なんぞ降ろうものなら、蕾の直下の部分で花首が折れたり、曲がってしまったり・・・
花びらも持ちが悪いので、ハラハラと簡単に散ってしまいます。

もっともそんな儚さがオールドローズの魅力ともいえるのでしょうけど。


Rosa 'Fantin-Latour' - 薔薇 ‘ファンタン ラトゥール’Rosa 'Fantin-Latour' - 薔薇 ‘ファンタン ラトゥール’
スプレー咲きのバラは、真ん中の蕾が一番初めに開花し、その花が一番立派です。
なので、その真ん中の花は終わりかけのころ、早々に摘み取りながら、他の蕾も開いてもらえるようにお手伝い!
梅雨の間は尚更、花びらが落ちてしまうと、葉っぱの上でカビてしまったり、見た感じも悪いですから、傘を差しながらの花柄摘みです。~(〃´o`)=3
あぁ~なんと恨めしい~~~ことでしょうか。梅雨ったら、もう少しだけ遅くやってきて欲しかったです。
少し日持ちしそうなお花は、室内に持ち込み、テーブルの上で鑑賞中~です。
他にもフンショウロウやアブラハムダービーも一緒に切花でお玄関に飾りました!

2010年6月7日撮影


Rosa 'Fantin-Latour' - 薔薇 ‘ファンタン ラトゥール’
それに、嬉しいことに数年前地面にぶっつりと挿しておいたチビ苗にも今年は4輪のかわいらしいお花が咲きました!
まだまだ草丈は、40センチ程度ですが、再来年くらいからは左右対象っぽく咲いてくれるかな。

オールドローズの育て方

■植え付け
付属のラベルによれば、地植えの場合、深さ直径ともに50センチほどの穴を掘り、牛ふん10L、配合肥料200gをまぜ、この肥料に直接根が触れないように植えつけるとありました。バラには肥料が不可欠です。私の場合は牛ふんがなかったので、油粕のみをいれました。
植え付けのときには、台木がかくれないように植えつけるのがポイント。
ご存知のようにバラというのは、業者によって接木されたものがお店で売られております。本当はすっかり寒くなった休眠期に植えつけてあげたほうが失敗が少ないようですが、思い切って地植えにしちゃいました。ラベルには3月までが植え付け期だとかいてあります。

■施肥
肥料は固形の油粕や有機質のものなどを、春から秋にかけて2ヶ月に一度施します。
液体肥料は、土を荒らしてしまうので、使わないほうがよいようですね。

■剪定
剪定も大事で、花が終わったら花のついていた枝に5枚葉を2,3残して花を摘み、これとは別に夏と冬の剪定がかかせません。
剪定のポイントは、外側を向いた外芽の上で切りますが、スパッと上から下に向かってはさみをいれるようにします。

■病気・虫対策
病害虫には、早め早め、病気が発生するのを防ぐ努力が肝要です。黒点病やうどんこ病にならないよう、マルチングをしてあげます。

化学薬品の殺虫剤と殺菌剤を調合し噴霧器で散布します。予防薬と治療薬があります。害虫対策には、毎日様子を見て、おかしいなと思ったらすぐに対策をとることが大事で、それぞれの害虫用の殺虫剤を選ばなくてはなりません。缶詰などにされているエアゾールタイプのスプレーは、被害が少ないうちなら手軽で便利です。

・病気にさせないために - 予防
水1Lに対して以下を混ぜて使います。
オルトラン(水和剤) 1g(3mL) 1000倍(殺虫)
ダコニール(フロワブル剤) 1mL 1000倍(うどん粉病・黒点病)
展着剤 0.1mL 5000倍

・病気になってしまったら - 治療
水1Lに対して以下を混ぜて使います。
テルスター(水和剤) 1g(1.7mL) 1000倍(ハダニ・害虫)
サプロール(乳剤) 1mL 1000倍(黒点病)
ミラネシン(水和剤) 1g(1.5mL) 1000倍(うどんこ病)

David Austinのサイト: ファンタンラトゥール





弊ブログ内関連記事: ファンタンラトゥール | 薔薇 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| バ ラ | 04:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
ホントに変りやすいお天気で、気温の変化もはなはだしいのです。
昨今はゲリラ豪雨のように、痛いような雨が降る恐れもありますしねぇ~^^;
毎年、毎年、梅雨と満開の時期が重なるのです( ノД`)シクシク…
もう少し早く開花してくれたらよいのに、オールドローズはハイブリッドに比べると、雨の被害は甚大です ~(〃´o`)=3

>ちぃさん
すでに黒点病が発症しているバラがあり・・・ *o_ _)oバタッ彡☆
これも例年のことで、丸裸になりそうなのがジュリアです。
バラにも耐病性が高いものとそうでないものの差が歴然ですよね^^;

| すぅ | 2010/06/17 06:26 | URL | ≫ EDIT

Re: ファンタンラトゥールのかほり

ふわふわのバラ、かわいいですね。
雨でダメになっちゃうなんて勿体無い・・。

これからの長雨で病気が出てこないか心配です。

| ちぃ | 2010/06/16 23:00 | URL | ≫ EDIT

Re: ファンタンラトゥールのかほり

すっごい花芽の多さ。
梅雨で台無しになっちゃうのはもったいないですね。
何か良い手立てはないものでしょうか。
オールドローズはほとんどが一季咲きなので、花期は特に大事ですよね。
今期名古屋は空梅雨ではなさそうです。
そちらも雨が続いちゃうのかなぁ。

| tg戸笠 | 2010/06/16 20:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3091-a572f28e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。