++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マローブルーでお茶を!

Malva sylvestris - マローブルー 薄紅葵(ウスベニオアオイ)
【学名】Malva sylvestris
【科名】アオイ科 Malvaceae 【属名】ゼニアオイ属
【和名】薄紅葵ウスベニアオイ) 【英名】Mallow common 【別名】マロウコモン または マロウブルーマローブルー
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草 【草丈】100cm 
【花期】5月~7月 【花色】濃桃色 【発芽温度】15~20℃
【用途】地植え 大型コンテナ ハーブティー ドライハーブ 
【効能】風邪 喉のイガイガ 美肌 



レモンの雫をたらすと、青色からピンク色へ変わることで有名なマローティ。ブルーティともよばれますが、その植物がこの薄紅葵(ブルーマロー)です。
昨年より種から育てていたものが、今年見事大量に開花させ、毎日毎日花を摘んで乾燥させています^0^

このマロー(マロウ)は、今は亡き絶世の美女として知られるモナコ王妃グレースケリーが愛飲されたそうで、お亡くなりになったとき棺桶にはこのマローの花が敷き詰められていたとか。

【PR】 マロウでお茶を! at Rakuten


その色の変化はもちろんのこと、薬効には様々あるといわれていますが、喉によいというのが一番有名なのではないでしょうか。喉によいということは、風邪を引いたときにも症状を和らげる鎮静作用があったり、また美肌効果もあるらしいです。

それなら加齢が進んでいる私には必需品 ( ̄m ̄*)゚プッ

Malva sylvestris - マローブルー 薄紅葵(ウスベニオアオイ)

こちらが、現在乾燥中の花びらです。

摘みたての若葉は、温野菜や天ぷらにもできるそうですが。乾燥させた花びらははマロウブルーティーに利用するのがよいですね。キレイな色を抽出させるために、萼(ガク)をすべて取りさり、花びらのみを乾燥させています。
ティカップ一杯につき、2~3個程度の花びらに熱湯を注ぎ、色が出たら花びらは除いてカップに注ぐと、藍色にちかい青色のお茶の出来上がり!青色から紫色へと変色しますが、さらにレモンを垂らすとキレイなピンク色のやさしいハーブティーとなります。



まだハーブのことがよくわかっておらず、勘違いしてしまって以前別のマローを育てたことがあるのですが、ようやく今季初オメモジであります。
お花自体は、ちょっとハイビスカスを思わせるような感じ。シベがとってもよく似ています。
花びらは、マローのほうがひらひらと薄い絹を思わせます。


Malva sylvestris - マローブルー 薄紅葵(ウスベニオアオイ)Malva sylvestris - マローブルー 薄紅葵(ウスベニオアオイ)
開花初期のほうが、大輪でしたが、今はどんどん小ぶりになっていて、花数はたくさんあるのですけど、体力を消耗している感じです^^;
先日少し肥料をあげてみました(^_-)-☆
いつまで咲き続けるのか、またどれだけの量のハーブティーができるのか、愉しみ♪

2010年6月7日撮影


ただ、梅雨の間はあまり収穫ができません^^;
濡れてしまっている花びらを採ったとしても、乾燥させにくいですし。
そうこうしているうちに種ができてしまったりすれば、お花の数は減りますしね。

Malva sylvestris - マローブルー 薄紅葵(ウスベニオアオイ)

さて、まいた種の袋には・・・

【適地・土質】
日当り良く、弱アルカリ性の肥えた水はけ良い土。

【栽培・管理】
3~5月又は9~10月蒔き、最終株間は40cm位。花芽のつく頃になったら肥料はリン酸を多めに。茎がよく見えるくらいに上部の大葉を大胆にかき落とすと、びっしりと大きな色濃い花が大量につく。

【収穫・保存】
開花したら順次収穫。しぼんだり落ちたりした花は色が悪くなるので注意。陰干しでなるべく短時間で乾燥させ、乾燥剤とともに密閉容器に入れ冷暗所へ。

【ポイント】
この種は野生のマロウよりも花が色濃く大きいので、より多くの花とティーを楽しめる。2~3年たつと樹勢が衰えてくるので更新する。

●種まきは発芽適温を維持すれば何時でも栽培できます。
●種子の保存は蒔き時まで乾燥剤と共に缶等に入れて涼暗所に保管して下さい。

とありましたので、 バカに大きく育ってしまった葉っぱのほうは、かきとってなるべく太陽がお花に当たるようにさせてあげてます。
太陽の光がすくないと、花色が悪くなります。

マローブルーの育て方ウスベニアオイの育て方)】

■植え付け
弱アルカリ性の土壌を好みます。酸性の土を嫌いますので、植え付けの一週間まえまでに苦土石灰を梳きこんで、中和させておきます。
日当たり・水はけの良いところに、40センチほどの株間隔をとって植えつけます。
根っこが長く下に伸びるため、鉢植えよりも地植えのほうが大きく育ちます。

ビニールポット苗を購入したら、日当たり・風通しの良い場所を選び植えつけます。風通しが悪いと株が蒸れたり病害虫(アブラムシやハマキムシ)が発生しやすくなります。
冬は地上部が枯れますが寒さには強く、霜に当たらなければ屋外での栽培も可能です。
鉢植えの場合は屋根のある場所に移動させ、地植えの場合は株周りに腐葉土やワラなどを敷いてマルチングします。

■水やり
用土の表面が乾いたらたっぷり与えます。地植えなら不要です。
乾燥には強い植物です。
冬の間も根は生きていますので、鉢植えの場合には時々水遣りをするようにしますが、乾かない程度に控えめに与えます。

■施肥
肥料は植え付ける際に緩効性肥料を混ぜ込みます。地植えの場合、堆肥も梳きこみます。
追肥は地植えの場合は必要ありません。鉢植えの場合、開花期間はリン酸が多めのハイポネックスなどの液体肥料を月に2回程度与えます。

■増やし方 
種まきから育てます。
発芽温度は15~20℃で、春か秋に播きます。
寿命が短めの植物なので、3年ごとを目安にタネマキをして株を更新すると良いと思います。
また、株分けで増やすこともできます。
株分けは秋に地上部が枯れてから、掘りあげて株を大胆に裂くようにして分けます。

■保存・使用方法
ハーブティーにするなら、お花が咲いたらなるべく短時間で陰干しし乾燥させたもの2~3個を目安に熱湯を注いで色がでたら、お花はとりさります。
青から紫色、レモンを入れるとピンク色に変化するのが愉しいハーブティーになります。
長期保存する場合には、密閉容器に乾燥剤と一緒にいれて冷暗所で!





弊ブログ内関連記事: マロウ | ハーブ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| ハーブ | 19:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
マロー自体はお花の名前で紫色なのに、お茶にすると青い色なので、そんな一般名称になったようです。
レモンを垂らすときれいなピンク色♪ しかもおいしぃ~~です^0^

>tg戸笠さん
雨には強くなくて、梅雨の記事と重なるため、なかなか思うようにお花摘みができないのですけど・・・
ヒラヒラしていてかわいいですが、ちょっとお庭ではギラギラしていて主張しすぎかもしれません。

| すぅ | 2010/07/02 04:47 | URL | ≫ EDIT

Re: マローブルーでお茶を!

とっても素晴らしいお花ですね。
初めて見ました。
ドレスのようなイメージ。
お茶にもできるなんて、なーんてお利口さんなんでしょう。

| tg戸笠 | 2010/07/01 22:03 | URL |

Re: マローブルーでお茶を!

マローブルーって色かな?なんかいい色ですね。ちょっと色がかわるのも面白いな

| はなはな | 2010/07/01 20:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3079-346136d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。