++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

優しい水色のタワーブルー

Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’ - 西洋苧環 アキレギア ‘タワー ライトブルー’

【学名】 Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae
【属名】オダマキ属
【品種名】タワーライトブルー(ライトブルー/ホワイト)
【咲き方】ボネット型 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環セイヨウオダマキ
【英名】 アクレイギア Aquilegia
【性状】耐寒性宿根草 (二年草) 
【用途】地植え 鉢植え
【撮影】2010年5月21日



去年は1株しか咲かなかったのですけど、今年は4株くらいになってくれました~
ダイスキな西洋オダマキさんの中でも、このタワーの涼しげで八重咲きのヒラヒラ感がたまらなく好き♪です。
今年はたくさん種を採りましょう~と意欲満々です。

【PR】 お花を飾ろう! at Rakuten


数年前に自室の北側の窓から見えるところに種をばら撒いておいたものが大きくなってくれたのも嬉しいことです。
これまで、北型の50センチほどのお隣との境界線部分は、ほとんど利用していなかったのですが、今年はクリスマスローズの鉢の避難場所にしましたし、オダマキたちも咲かせるようにしたので、目覚めてからPCのスイッチを入れたあと、窓を開けるのが愉しくなりました。


Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’ - 西洋苧環 アキレギア ‘タワー ライトブルー’Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’ - 西洋苧環 アキレギア ‘タワー ライトブルー’
北側でも案外丈夫に育つこともわかりましたので、他の品種の種もこぼしておこうと思います(笑)
以前のようにしっかりと種播きをしなくても、ある程度オダマキさんたちは育ってくれることがわかりましたので、あまり神経質に管理せずに、皆さんの意思に任せようかと。

2010年5月28日撮影


発芽から開花まで二年かかりますから、違う品種が交互に咲いてくれるようなこともあるのです。
それもまた愉しいのです。
我家の庭は計算されつくしたような庭ではありませんから、アチラコチラでポツポツと咲いてくれているような状態ですが、北側のこの活用されていなかったところも華やかになりそうです。

本当はもう少し土壌を弄れば、もっとたくさんの数が育つのでしょうけど、肥料も一切あげてませんので、ボリューム的にはあまりないのですが、それもまたかわいらしいのです。

Aquilegia vulgaris ‘Tower Light Blue’ - 西洋苧環 アキレギア ‘タワー ライトブルー’

オダマキの育て方

■植え付け
苗を購入した場合には、鉢増しするか地面に植えつけます。適期は春または秋。
夏場の暑さは苦手なので植え付ける時期には適しません。
山野草を育てるようなイメージで、水はけの良い用土を用います。赤玉土に川砂、腐葉土などを加えたものがよいようです。

■水やり
冬場も水遣りを忘れないようにします。地植えの場合には極端に乾燥しているとき以外は不要です。
開花時期には水遣りがわりに液体肥料をあげるのもよいと思います。

■施肥
植えつけるときに緩効性の肥料をすきこんでおきます。
多肥にする必要はありません。

■増やし方
適期は春と秋。タネマキから翌年には開花せず、二年目からの開花となります。
Tompson & Morgan社の説明によれば、好光性。

種まきで殖やすことができます。株わけはあまりオススメできません。
オダマキの場合、宿根草でありながらもその寿命は短く3年ほどと言われています。
よって種を採って育てている苗と開花の苗がないとオダマキが無い年もでてきてしまいます。
もっともこぼれた種からも結構発芽してくれますが。

発芽の温度は15~20度くらいが目安ですので、時期的にはちょうど良かったようです。発芽率はほぼ90%といったところでした。

種まきのコツといたしましては、オダマキの種は小粒ですので、ピートバンなどを使ったほうがより楽ちんです。わたしの場合はピートバンをケチり、プランターとビニールポットに直播きしました。

種は播いてから後は水を絶やさず、といって濡れすぎているのも良くないんです。保湿が重要なので新聞紙(一枚)などでカバーするのも良いと思います。

梅雨時で雨も強く降ったりする日がありますので、軒下や室内で管理します。でないとせっかく播いた種が雨に流されてしまう可能性があります。

時期は、春撒きか秋撒きですが、わたしのところは冬に霜やら雪やらありますので、春撒きです。ある程度冬を越すための体力をつけてあげないと!

今回は購入しませんでしたが、ブルーボネットの種の場合には、種の袋を開き、冷蔵庫など3℃~5℃くらいのところに2~3週間保存してから、播くと発芽に時間がかからないようなことも書かれていましたし。一晩種を水につけておくほうが発芽しやすいとも。
発芽してからは、お日様にたっぷり当てて液体肥料なども施し始めます。

■注意
毒がありますので、誤ってお口の中に入れないように!

またヤサシイエンゲイにもオダマキの育て方がありますのでご一読を!





弊ブログ内関連記事: タワーブルー | オダマキ |  
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| オダマキ | 04:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>あさがおさん
本当にたくさんの種類が満開♪ですね~~ 我家も負けてはいられませんわー (笑)
こぼれ種から咲いた変種も出現しているような感じなんですよー
苧環は自然交配でも思いがけない子が生まれませんか?

>tg戸笠さん
私も先日行ってきました~~ 健康診断^^;
増加し続ける体重にがっくりして帰宅。バリウムのせいでどうも一日すっきりしませんでしたが、それも結構維持のためですものね~ ガマン、ガマン。
tg戸笠さんも良い結果がでるとよいですね~
このタワーブルー、かわいいでしょう? イチオシです♪

>ちぃさん
苧環はユラユラ揺れる姿がたまりませんね~~ それに品種の多さも♪
選択肢が広がりますね~~ (^_-)-☆

| すぅ | 2010/06/05 05:39 | URL | ≫ EDIT

Re: 優しい水色のタワーブルー

オダマキ好きのわたしにはたまらない写真です(^^
優しい水色にフリフリが可愛らしいですね。

| ちぃ | 2010/06/04 22:50 | URL | ≫ EDIT

Re: 優しい水色のタワーブルー

八重咲きのオダマキも良いもんですねぇ。
一重が多いからお店でしか八重咲きは見ないかなぁ。
色も濃い物が多いけど、この水色はホントタイトル通り優しいですね。
明日は朝から健康診断。
あーもう晩御飯食べられない時間になっちゃった。
まぁ1食くらい良いんですけどね。
バリウムやだなぁ。

| tg戸笠 | 2010/06/04 20:58 | URL |

Re: 優しい水色のタワーブルー

すぅさん タワーブルーなみなみフリンジが素敵ですね!
我が家ではすぅーとしたスタイル良きオダマキさんがどんどん開花してくれていますよ~
手入れが殆ど要らずいいこちゃんばかりですよね。

| あさがお | 2010/06/04 08:32 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
それはラッキーでしたね~~(^_-)-☆
我家でもそろそろ気の早い子たちは、種を作ろうとし始めているようです。
オダマキは開花までちょっと時間はかかりますが、このたおやかさを身近で見れるって素敵♪

| すぅ | 2010/06/04 05:11 | URL | ≫ EDIT

Re: 優しい水色のタワーブルー

おはよう すぅさん うちの子と同じ形ですね。かわいい色です。うちはピンクで今は種。この間、出かけたとき、道端で咲くおだまきの種をいっぱいの種類とってきました。来年が愉しみ

| はなはな | 2010/06/04 04:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3061-a6bb776b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。