++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

舞鶴草も開花中~♪

Maianthemum dilatatum - 舞鶴草(マイヅルソウ)

【学名】Maianthemum dilatatum (A.W.Wood) A.Nelson et J.F.Macbr.
【科名】スズラン科 Ruscaceae または ユリ科 Liliaceae 【属名】マイヅルソウ属
【和名】舞鶴草マイヅルソウ
【英名】Snakeberry |  Two-leaved Solomon's Seal  | Wild Lily of the Valley 【別名】マイズルソウ
【原産地】日本 ロシア 朝鮮半島など 【性状】耐寒性宿根草 
【花期】4~5月 【草丈】10~20cm
【用途】鉢植え 地植え グランドカバー シェードガーデン
【撮影】2010年5月28日撮影



山野草たちも開花ラッシュを迎えていますが、このこは鉢植えで管理している舞鶴草という子です。
葉っぱがクルリンとカールしていて、その葉っぱの中心からふわっと小さなお花を散らしたように咲くのです。

こちらも、いつものように!? お隣のオジサマから拝受した子です。

【PR】 舞鶴草を育てよう! at Rakuten


随分と鉢の中が込み合ってきましたので、そろそろ地植えと鉢植えの両方で管理してゆこうかと思っているのです。
どこにでも芽を出してしまうオダマキさんの若い苗も育ってしまっていますし、スミレも入ってしまっている様子(^^ゞ
マズイ、マズイ(笑)


Maianthemum dilatatum - 舞鶴草(マイヅルソウ)Maianthemum dilatatum - 舞鶴草(マイヅルソウ)


もっともっと殖やして、カバープランツとして使うのも良いですね~ (^_-)-☆
鉢から出してあげたら、もう少し大振りな葉っぱがでてくれると思うんです。
今は限られた領域の中にいるのと混みあいすぎているので、本来の姿とはいえないのです。




もっともそれがまたかわいかったりするのですが。


Maianthemum dilatatum - 舞鶴草(マイヅルソウ)

マイヅルソウの育て方

半日陰で夏場にも涼しくしてあげるほうがよく育ちます。

■植え付け
明るい日かげで水はけのよい場所で育てるのが良いでしょう。
植え替えは春に芽吹くまえが敵期です。

■水やり
4月から9月頃までは、毎日水をあげてください。

■施肥
肥料は、春から秋頃までは、液体肥料を15日に1回程与えて下さい。花が咲き終わった後と秋ごろ、肥料を多めに与えると花のつきがよくなります。

■増やし方
株分けか実生で増やせます。
花後に赤い実がつくので、それを播きます。

Wikipedia参照記事: マイヅルソウ





弊ブログ内関連記事: マイヅルソウ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| white::白い花 | 03:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
私もまだまだ勉強中です。山野草は奥が深いです~(〃´o`)=3
でも耐寒性の強いものも多いので、私にとっては心強い味方です。

| すぅ | 2010/06/05 05:40 | URL | ≫ EDIT

Re: 舞鶴草も開花中~♪

おはよう すぅさん かわいらしいねえ 少し山野草を増やしたいと思っています。勉強だ~(笑)

| はなはな | 2010/06/05 05:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3053-733d1325

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。