++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハートのカタチ!白色の華鬘草

Dicentra spectabilis Lemaire ‘Alba’ - 華鬘草(ケマンソウ) または 鯛釣草(タイツリソウ)‘アルバ’Dicentra spectabilis Lemaire ‘Alba’ - 華鬘草(ケマンソウ) または 鯛釣草(タイツリソウ)‘アルバ’


【学名】Dicentra spectabilis Lemaire‘Alba’
【科名】ケマンソウ科 Fumariaceae 【属名】コマクサ属 または ディケントラ属
【和名】華鬘草ケマンソウ) 【英名】Bleeding Heart  
【別名】鯛釣草(タイツリソウ) フジボタン キンチャクボタン ケマンボタン ヨウラクボタン
【性状】耐寒性宿根草  【花色】白色  【花期】4~5月
【原産地】中国、朝鮮半島
【用途】地植え 鉢植え 

ようやく釣竿が三本になり、三方向へ伸びてくれて・・・ ^^;
赤色の子のほうは、逆に私が休眠期にクレマチスを植えたりするときに、いじめてしまい瀕死の状態で、二株とも1本しか上がらなくなってしまいました *o_ _)oバタッ彡☆
あんなに大株だったのに、かわいそうなことをしてしまいました。

それにこの白色のケマンソウも二株あったのに、今年は一株しかでてくれず、1本はどうやら天に召されてしまったようです。それもおそらくクレマチスを植えるときにザックリとやってしまったのでしょう。

オバカ

それでもかわいらしく咲いてくれているこの子を今後は大事に大きくそだててゆこうと心に決めて、せっせと液肥をあげたりしています。

【PR】ケマンソウを育てよう! at Rakuten



生育旺盛なアスチルベや黒花風露に囲まれているので、要注意です(^^ゞ
まだまだ小苗なので、戦いに負けてしまいそうな雰囲気なので、少しアスチルベのほうをなんとかしたほうが良いのですけど、根っこがカチカチで株分けも一苦労するアスチルベはついつい後回しになってしまうのです。でもさらに大きくなってしまうと、また手を入れるのが嫌になるので、休眠期に入ったら掘りあげて少し小ぶりにしようと思います。


Dicentra spectabilis Lemaire ‘Alba’ - 華鬘草(ケマンソウ) または 鯛釣草(タイツリソウ)‘アルバ’
冬の間はさっぱりしたお庭でしたが、5月も後半となるとかなり色々な植物が茂って、思った以上に株と株の間に十分な間隔を持たせていないなぁ~と反省。
宿根草がほとんどの我が庭は、梅雨になる前に少し葉っぱなどを整理しておきませんと、株の間が混みあいすぎて病気などになる原因にもなってしまいます。
やはり風通し良くしておくことで、虫の発生も軽減できますし、見つけやすくもなります。

Dicentra spectabilis Lemaire ‘Alba’
華鬘草(ケマンソウ) または 鯛釣草(タイツリソウ)‘アルバ’

2010年5月16日撮影



白色のケマンソウはダイスキなので、もっともっと大きくしてあげたいわぁ~と思うのですが、そうなると他の子には少し遠慮してもらわなくてはなりません。
でも夏の時期から休眠期に入るのですが、夏場にあまりに乾燥させてしまうと株にはよくないので、アスチルベなどの葉っぱが地面を覆うと、乾燥から守ってあげられるという効果もあります。

Dicentra spectabilis Lemaire ‘Alba’ - 華鬘草(ケマンソウ) または 鯛釣草(タイツリソウ)‘アルバ’
まだ挿し芽から殖やす方法を試したことはないのですが、今年は挑戦してみようかしら。
保険が無くなってしまったので、ちょっと不安です。

ケマンソウの育て方

■植え付け
真夏にカンカン照りになるようなところは避け、半日陰になるくらいのところで管理します。
真夏の陽射しは葉焼けの原因になります。
腐葉土をたっぷりすきこんだ用土に有機肥料を入れたものに植えつけます。
ただしあまり神経質になることはありません。

■水やり
夏から秋には休眠期にはいり、地上部が枯れますが、その間も根っこは生きているので、鉢植えの場合には水遣りを忘れないようにします。

■施肥
植え込みの際に肥料をすきこんでおくほか、開花中から開花後の葉っぱが枯れるまで置き肥えをしておきます。花後にもしっかり管理しておくことで来年の株が大きくなります。

■増やし方
株分けで殖やすことができます。早春と初秋が適期です。分けるときは3芽ほどつけて株を分けます。
挿し芽からも殖やすことができ、これは春のほうがよさそうです。
大株になったら根っこをぶつ切り(3~4センチほど)にして、これを根ざしにて増やす方法もあります。

■花柄つみ
花が満開になったら、花茎を切り取って株を充実させることに専念します。





弊ブログ内関連記事: ケマンソウ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| シェードガーデン | 04:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ゆうきさん
はい!ピンク色のほうがもっとハートな感じなのでしょうけど、最近は白色のケマンソウのほうに心惹かれるようになってきています!

>tg戸笠さん
ウエルかめ? の影響でしょうかぁ~ ( ̄m ̄*)゚プッ 
確かにカメさんにも見えますねー カメ釣り草という別名がついちゃったりして~
白色はどんなお花もやはり清楚な感じがするのでいいですね~
周囲の子たちも選びませんしねっ (^_-)-☆

| すぅ | 2010/05/26 05:16 | URL | ≫ EDIT

Re: ハートのカタチ!白色の華鬘草

カワイイ鯛が釣れましたね~♪
白花はあまり見ませんので、私の中では希少種です。
何だかウミガメにも見えるなぁ。
とにかくカワイイです。

| tg戸笠 | 2010/05/25 20:33 | URL |

Re: ハートのカタチ!白色の華鬘草

白は何だか上品な感じがしますよね

写真がとても素敵です

| ゆうき | 2010/05/25 13:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3041-a119647f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。