++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こちらも一輪のみ‘八千代椿’

Paeonia suffruticosa 'Yachiyotsubaki'  - 牡丹 ‘八千代椿’Paeonia suffruticosa 'Yachiyotsubaki'  - 牡丹 ‘八千代椿’


【学名】Paeonia suffruticosa 'Yachiyotsubaki'
【科名】ボタン科 Paeoniaceae  【属名】ボタン属
【品種名】八千代椿ヤチヨツバキ
【和名】牡丹(ボタン)   【英名】Tree Peony
【性状】耐寒性多年木 【草丈】 【花期】5月
【用途】地植え 鉢植え

我家にある二株の牡丹のうち、シマダイジンのほうが数日早く開花しましたが、この‘ヤチヨツバキ’のほうがちょっとだけ古参です。でも購入時の株の大きさもこちらのほうが大きかったですし、数輪ほどは咲くようになっていたはずの株。

でも~ぉ~

今年はかわいそうに4月の大雪で、花茎の長いほうに二輪ついて蕾がダメになってしまい、別の小さな花茎についていた三番花として咲くはずだった一輪のみが開花です。

椿という漢字が入っているので、間違えちゃいそうですけど、牡丹です(^^ゞ

【PR】 牡丹を探そう! at Rakuten


本来なら三輪咲いてもっとゴージャスになるはずだったのに、残念 ~ *o_ _)oバタッ彡☆
牡丹は品種がおおく、色が様々で選択肢が多いので、牡丹園などへ行ってお花をみているとどれもこれも欲しくなりますよね~

Paeonia suffruticosa 'Yachiyotsubaki'  - 牡丹 ‘八千代椿’
我家では紫色と桃色があるのですが、バイカラーの子や純白な牡丹も欲しいなぁ~
欲張ってばかりいないで、手元にあるこの二株を大きくすることに専念すべきかもしれませんが。(笑)
この子は満開になったとたんに雨にやられ、やっと一輪咲いたお花も数日でさよなら・・・
あっという間に萎れてしまいました。

Paeonia suffruticosa 'Yachiyotsubaki'
牡丹 ‘八千代椿’

2010年5月18日撮影



あぁ~もっともっとたっぷりと咲くような大株になるには、あと何年かかるんだろう~
お隣のオバサマ宅にある牡丹は、ん十年も経っているというけど、さすがにどの株も十数輪が咲いて、見事な株姿です。


Paeonia suffruticosa 'Yachiyotsubaki'  - 牡丹 ‘八千代椿’
それにもっと背丈も高くなってくれませんと。
育ててみての印象ですが、この子はあまりそうやすやすと成長してくれるタイプの植物ではないのです。

ボタンの育て方】 

通常、牡丹は芍薬に接木をした苗が売られています。
植えつける際のポイントは、その時期と、苗をすえつけるときの位置ではないでしょうか。

*苗を購入した後のお手入れ (購入時についていた説明書の抜粋)

①開花前、鉢植えボタンの水遣りは、鉢土の表面が乾き気味になったら行います。毎朝1回をめやすにして水切れしないように注意します。開花後は直射日光や雨を避けるようにすると花が長持ちします。

②落花後は、花がらを摘み取り、そのまま水を切らさずに、半日陰のところに置くか、みずやりの手間を省くため表土より3センチくらいまで土の中に埋めてください。秋まで鉢のままで結構ですが、排水をよくしてください。

③秋になったら、(9月下旬~10月下旬まで)鉢からおろし、露地に植えてください。水はけをよくするため、幾分盛り土にして樹根の発生を促すためやや深めに植えてください。また、鉢植えをする場合はひとまわり大きめの鉢に植え替えてください。

④肥料は植え込んだあと、上部に油粕・骨紛または鶏ふんなどを施し、かるくかきませる程度でよく、その上に堆肥かわらまたは落ち葉などで土の乾燥を防いでください。

⑤病害の消毒は本数の少ない場合はあまり必要ありませんが、花の前後にベンレートかダイセンなどを2~3回散布すれば十分です。

私は大きく育てたかったので、地植えにしましたが、鉢物でも欲しいなぁ~と感じております。やはりお部屋でも鑑賞したいですよね。

牡丹は切花にはあまりむかなくて、長持ちしないようなので、鉢で鑑賞するのが一番だそうです。それに鉢のほうがコンパクトに管理もできそうです。






弊ブログ内関連記事: ヤチヨツバキ | 牡丹 | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 樹 木 | 03:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>みーさん
うらやましいぃ~~~です! 我家では合計で二輪のみ(^^ゞ
私は牡丹に目覚めたのが遅かったんですよねぇ~~ みーさんのところのようなバラのバエリガータのような咲き方をする牡丹が欲しいです^0^
お隣さんたちに肥料を奪われないようにたっぷりあげてみます! アドバイスありがとうございまーすm(__)m

>tg戸笠さん
はい!肥料をせっせと施して来年のために大きくそだてたいと思います!
お隣のオバサマによれば、昔は冬期間がとても寒かったし、積雪量も多かったので、育てにくかったそうですが、近年はあまり心配しなくてもうまく育ってくれているそうなので、私でもなんとか大きく育ててあげられるかも!?と期待が高まります↑↑↑

| すぅ | 2010/05/27 07:02 | URL | ≫ EDIT

Re: こちらも一輪のみ‘八千代椿’

うんうん、ゴージャスー!!
雪めぇ。
大事な花芽を何てことしてくれるんでしょう。
ピンクのフリルがカワイイわぁ。
和菓子みたいです。
来年に期待ってとこですねぇ。

| tg戸笠 | 2010/05/26 21:08 | URL |

Re: こちらも一輪のみ‘八千代椿’

綺麗ですね~!
牡丹は大好きです♪

我が家は寒肥が効いた様で、今年沢山咲いてくれました。
やはり肥料は株から30~40cmぐらい離れた周囲に漉き込まないと効いてくれませんね。



| みー | 2010/05/26 11:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3037-98911d8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。