++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オダマキとフウチソウと・・・

Aquilegia flabellata - 苧環(オダマキ)Aquilegia flabellata - 苧環(オダマキ)


【学名】Aquilegia flabellata 
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属 
【和名】苧環オダマキ) 【英名】Aquilegia アキレギア
【品種名】チシマルリオダマキ
【性状】耐寒性宿根草  【花期】5月~6月  【花色】青色×白色 【草丈】20~30cm
【原産地】北半球
【用途】地植え 鉢植え

そもそも我家にはこのオダマキしかありませんでした。
私がガーデニングを始めた頃にはすでにお庭で毎年お花を咲かせていて、いつどうして育てることとなったのかもよくわかりません。

ラベルなどはモチロンありませんので、ミヤマオダマキ系ではあろうと思うのですが、品種名ははっきりしません。チシマルリオダマキっぽいのですけど・・・ 園芸品種でしょうかねぇ~ それとも誰かが山から持ち帰ったものなのかもしれません。だとすれば日本に古くから自生している深山苧環でしょうけど。

今年は三株しか咲いておらず存亡の危機!?かもとちょっと心配。以前はあちこちで咲いてくれていたのですけど、私がガーデニングを始めてから、他の子たちを色々と植えたりしているし、西洋オダマキのほうに傾倒しているので(^^ゞ ちょっと虐げられた存在です。

【PR】 ミヤマオダマキを探そう! at Rakuten


でもやはりオダマキというと、この子を思い浮かべる方も多いはず!
私も西洋オダマキを知る前は、オダマキといえばこの子でした~ 沈丁花の木の下に咲いているオダマキさんは、小ぶりなイカリソウと一緒に咲き、お隣の黄金フウチソウが脇役で頑張ってくれています。


Aquilegia flabellata - 苧環(オダマキ)
やはりこの子がお庭から消えてしまうと悲しいので、今年は少しお世話してあげませんと!
これまでは自然のチカラに任せていましたが、今年はタネを採取してすこし増殖を試みようかと思っています。
昨年来、クリスマスローズにチカラが入りすぎてしまい、オダマキの種まきはしませんでしたし(^^ゞ

Aquilegia flabellata
苧環(オダマキ)

2010年5月16日撮影

上の写真は、モンタナ系のクレマチス‘スノーフレーク’の足元にあるものです。
この子が夏場にはクレマチスの株元を乾燥させすぎないように助力してくれてます。



Aquilegia flabellata - 苧環(オダマキ)
後ろから見ると、距がくるりんと巻いていて、かわいいでしょう~ その名前の由来となっている部分です。
苧環ははっぱも丸っこくてかわいいですよね。

オダマキの育て方

■植え付け
苗を購入した場合には、鉢増しするか地面に植えつけます。適期は春または秋。
夏場の暑さは苦手なので植え付ける時期には適しません。
山野草を育てるようなイメージで、水はけの良い用土を用います。赤玉土に川砂、腐葉土などを加えたものがよいようです。

■水やり
冬場も水遣りを忘れないようにします。地植えの場合には極端に乾燥しているとき以外は不要です。
開花時期には水遣りがわりに液体肥料をあげるのもよいと思います。

■施肥
植えつけるときに緩効性の肥料をすきこんでおきます。
多肥にする必要はありません。

■増やし方
適期は春と秋。タネマキから翌年には開花せず、二年目からの開花となります。
Tompson & Morgan社の説明によれば、好光性。

種まきで殖やすことができます。株わけはあまりオススメできません。
オダマキの場合、宿根草でありながらもその寿命は短く3年ほどと言われています。
よって種を採って育てている苗と開花の苗がないとオダマキが無い年もでてきてしまいます。
もっともこぼれた種からも結構発芽してくれますが。

発芽の温度は15~20度くらいが目安ですので、時期的にはちょうど良かったようです。発芽率はほぼ90%といったところでした。

種まきのコツといたしましては、オダマキの種は小粒ですので、ピートバンなどを使ったほうがより楽ちんです。わたしの場合はピートバンをケチり、プランターとビニールポットに直播きしました。

種は播いてから後は水を絶やさず、といって濡れすぎているのも良くないんです。保湿が重要なので新聞紙(一枚)などでカバーするのも良いと思います。

梅雨時で雨も強く降ったりする日がありますので、軒下や室内で管理します。でないとせっかく播いた種が雨に流されてしまう可能性があります。

一晩種を水につけておくほうが発芽しやすいようです。発芽してからは、お日様にたっぷり当てて液体肥料なども施し始めます。

■注意
毒がありますので、誤ってお口の中に入れないように!

種まきのときのお写真は「オダマキのタネマキ」という記事がございますので、よろしければどーぞ!

またヤサシイエンゲイにもオダマキの育て方がありますのでご一読を!





弊ブログ内関連記事: オダマキ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |



| オダマキ | 04:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3029-cf35fd3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。