++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かわいぃ~グリーンアップル♪

Aquilegia vulgaris 'Green Apple' - 西洋オダマキ ‘グリーン・アップル’Aquilegia vulgaris 'Green Apple' - 西洋オダマキ ‘グリーン・アップル’


【学名】Aquilegia vulgaris 'Green Apple'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ またはグリーン・アップル
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア
【性状】耐寒性宿根草  【花色】緑色
【用途】地植え 花壇 鉢植え

この子は、お花仲間さんから拝受した種から育てた子です! タネをプレゼントしてくださり、本当にありがとうございましたm(__)m この場をお借りして、改めてお礼申し上げます♪

やっとたっぷり咲いてくれるようになりましたよ~~~ ・゚・(ノД`)・゚・。 開花報告ができてとっても嬉しいです。

蕾から開花初期の頃には、明るい色の緑色で、咲き進むにつれ色あいがすこし白っぽくなってゆきます。
ノラバロー系で花びらが端整なカタチで数が多いタイプのオダマキです。

私はほとんどのオダマキをタネから育てています。
数年前にMY☆ブームの時期がありまして、その頃は種まきをしまくっていました(^^ゞ

開花まで二年かかりますので、ちょっとのんびりやさんですが、その分開花の喜びはヒトシオです。


宿根草オダマキ ‘グリーンアップルズ’
← こちらは、おぎはら植物園サマから拝借しているものですかお 現在は売り切れ中の模様です^_^;

【PR】 グリーンアップルを育てよう! at Rakuten


でもなぜだかいただいたタネのうち、うまく発芽させられなかった別の品種の子もいます。
いただいたタネをダメにしてしまうというのは、本当に申し訳ないことで、私としてもとても悲しいことです。
グリーンアップルは、鉢植えと地植えの両方で満開になってくれていて、株数的にも今年のメインのオダマキさんです。

残念ながら今年は私のダイスキな黒色のブラックバローがいまひとつ^^;昨年はたっぷり咲いてくれたのに、寿命がつきてしまったらしく、未だにお花の姿を見ることができないのです。
黒色の子がいるとお庭が引き締まるのですけどねぇ~ 残念!

でもパステル色を基調としたオダマキさんたちのおかげで、やっと春めいている我家のお庭です。
クレマチスとのコラボも素敵なんですよ~


Aquilegia vulgaris 'Green Apple' - 西洋オダマキ ‘グリーン・アップル’
でも、今年はこの子をはじめとして、パステル調のオダマキがたくさん開花しつつあり、かわいらしいお庭になっています。
オダマキさんたちは、こぼれたタネからも増えやすいので、ある程度育てますと、あとは勝手に咲いてくれます。
しかもタネが小さいからでしょうか、とんでもないようなところから顔を出してくれたりして、意外性が高いですね~(笑)

Aquilegia vulgaris 'Green Apple'
西洋オダマキ ‘グリーン・アップル’

2010年5月10日撮影



二年前に北側の環境がよくないところにばら撒いておいたオダマキが、今年はお花を咲かせるようにもなっていて、北側の私のお部屋のまどべを飾ってくれるようにもなっています。
それに、その周囲には、こぼれたタネから発芽したベイビーもかなり見えています。
もっとも環境が苛酷なので、かなりの数のオダマキが自然に淘汰されてしまうのですが。

Aquilegia vulgaris 'Green Apple' - 西洋オダマキ ‘グリーン・アップル’
北側もワンサカとオダマキで一杯にしたいので、今年はグリーンアップルの種をたくさんこぼさせておこうと思います!

オダマキの育て方】 または 【アキレイギアの育て方

■植え付け
苗を購入した場合には、鉢増しするか地面に植えつけます。適期は春または秋。
夏場の暑さは苦手なので植え付ける時期には適しません。
山野草を育てるようなイメージで、水はけの良い用土を用います。赤玉土に川砂、腐葉土などを加えたものがよいようです。

■水やり
冬場も水遣りを忘れないようにします。地植えの場合には極端に乾燥しているとき以外は不要です。
開花時期には水遣りがわりに液体肥料をあげるのもよいと思います。

■施肥
植えつけるときに緩効性の肥料をすきこんでおきます。
多肥にする必要はありません。

■増やし方
種まきで殖やすことができます。株わけはあまりオススメできません。
オダマキの場合、宿根草でありながらもその寿命は短く3年ほどと言われています。
よって種を採って育てている苗と開花の苗がないとオダマキが無い年もでてきてしまいます。
もっともこぼれた種からも結構発芽してくれますが。

種まきのコツといたしましては、オダマキの種は小粒ですので、ピートバンなどを使ったほうがより楽ちんです。わたしの場合はピートバンをケチり、プランターとビニールポットに直播きしました。

種は播いてから後は水を絶やさず、といって濡れすぎているのも良くないんです。保湿が重要なので新聞紙(一枚)やビニールラップするなど、保湿しカバーするのも良いと思います。

梅雨時で雨も強く降ったりする日がありますので、軒下や室内で管理します。でないとせっかく播いた種が雨に流されてしまう可能性があります。

時期は、春撒きか秋撒きですが、わたしのところは冬に霜やら雪やらありますので、春撒きです。ある程度冬を越すための体力をつけてあげないと!

今回は購入しませんでしたが、ブルーボネットの種の場合には、種の袋を開き、冷蔵庫など3℃~5℃くらいのところに2~3週間保存してから、播くと発芽に時間がかからないようなことも書かれていましたし。一晩種を水につけておくほうが発芽しやすいとも。

発芽してからは、お日様にたっぷり当てて液体肥料なども施し始めます。

備考:この品種は発芽までに3ヶ月くらい日数がかかることがありますので、気長に待ちましょう~

園芸ネットのサイトへいらっしゃるとお写真でお花の様子を見ることができます。
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=25491





弊ブログ内関連記事: グリーンアップル | オダマキ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| green::緑色の花 | 05:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>あさがおさん
やった~ おめでとうございます! オメデト(^0^)∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*
あさがおさんのお宅は、カラフルで大型の子が多いので見ごたえがあるでしょうね~~
ブラックちゃんですが、なんとか一株だけ咲きそうです。昨年はたくさんあったのに消滅したのは残念ですが、こぼれ種からの発芽も多少はあると思うので、隔年~三年毎と考えて、愉しみに待っていてみます! 私もオダマキさんたちやあさがおさんに負けずに元気一杯です\(*^▽^*)/

| すぅ | 2010/05/25 04:40 | URL | ≫ EDIT

Re: かわいぃ~グリーンアップル♪

わーいわーい!我が家と同じだ~オダマキさんたちが群れて咲いて来ましたよ~!
グリーンアップルという名も可愛いですね、でもブラックがお目見えしないのは淋しいですねぇ~今日は寒いけれど日曜日の22度にびっくりして急に目覚めてしまったようですよ。でも風邪を引かないかしらねぇ、花たちって元気よね。すぅさんは元気一杯かな?

| あさがお | 2010/05/24 21:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3024-6a6d3823

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。