++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほぼ生垣状態のローズマリー^^;

Rosmarinus officinalis L.  - Rosemary - 迷迭香(マンネンロウ)Rosmarinus officinalis L.  - Rosemary - 迷迭香(マンネンロウ)


【学名】Rosmarinus officinalis L.
【科名】シソ科 Lamiaceae  【属名】 マンネンロウ属
【和名】迷迭香マンネンロウ) 【英名】Rosemary 
【花色】青色、紫色、白色、桃色
【性状】常緑低木  【原産】地中海地方
【用途】鉢植え 庭植え 花壇 ハーブティー ドライ 

なかなかお花を咲かせてくれなかったローズマリーもお花を咲かせるようになると、我家のような冬の寒い時期ですらお花を咲かせてみたりしていて、びっくり!
春一番で咲いたのは、クリスマスローズを除けば、この子だったかもしれません。

前回は開花報告の記事を秋にアップしていましたけど、あれ以来ずっと咲き続け、春になった今はさらに花数も増えています。

私の背丈よりも高くなりましたので、2メートルまではないとしても、1メートルと60センチほどにはなっていると思います。
分かれてでている枝の数も数え切れないほどになりましたし、多分樹齢は10歳くらいになりますね~
何しろタネから育てたものですので、感慨もヒトシオです。

常緑で冬場でも緑色していてくれてますので、冬場には枯山水系のお庭となる我家では頼もしい子です。
あまりにも大きくなりすぎて、生垣のような状態になってます。

【PR】 花色も様々 ローズマリーを育てよう♪ at Rakuten


ですけど、タネから育った苗のうち、ほとんどが淘汰されてしまい、結局残ったのはこの子だけです(^^ゞ
そのほか、一番下にある子は苗で購入したもので、購入したのもいつだった忘れてしまったほどのローズマリーです。
アチラは二年前に移植してからというもの、その場所を気に入ってくれたようで、どんどん背丈を伸ばしていて、やはり、1メートル50センチほどにまでなっています。
ローズマリーは、ハーブとして、お茶はモチロンのこと、お風呂に投入したり、お肉料理やジャガイモ料理に合いますし、このようにお花が咲いてくれるようになってからは観賞価値も上がりました!


Rosmarinus officinalis L.  - Rosemary - 迷迭香(マンネンロウ)
我家のローズマリーは両者ともに似たような青色のお花を咲かせます。
古参のほうは直立系、後から購入した苗はちょっと枝が曲がりくねるタイプです。
梅雨が来る前に少し剪定して、風通しを良くしてあげませんとね! (^_-)-☆
剪定するとローズマリーのあの独特な香りに包まれるので、剪定もまたタノシです。

Rosmarinus officinalis L. - ローズマリー
迷迭香(マンネンロウ)

2010年5月4日撮影



こうしてお花が咲くようになるということは、モチロンタネもこぼれているのでしょうけど、今のところこぼれ種からの発芽は確認できておりません。
そのうちにベイビーとのご対面の瞬間もむかえることがあるかと期待しているのですけど、今のところは発見できずです。

Rosmarinus officinalis L.  - Rosemary - 迷迭香(マンネンロウ)
こちらはモッコウバラの傍に植えてあるものです。
ようやくこの子にも今期からお花が咲くようになりました! 株元にはラムズイヤーやネトルなどを植栽しています。
ラムズイヤーももう少しで、花穂を上げ始めますね~
ネトルも一昨年にタネを播いて育てています。

ローズマリーの育て方

■植え付け
ローズマリーは酸性の土を嫌うため、石灰をまぜてから植えつけます。
少なくとも6時間はお日様があたる場所を選びます。

■水やり
水の与えすぎはご法度です。多少控え気味にしておくほうが元気に育ちます。

■施肥
あまり必要ありません。年に一度か二度、化成肥料を播く程度で十分です。

■増やし方
挿し木から殖やすことができます。適期は春。
タネから育てることもできます。私も一つだけ自分で播いたタネから育ってくれたものを持っています。でも成長が緩慢なので、すぐに葉っぱを利用したいという方には不向きです。





弊ブログ内関連記事: ローズマリー | ハーブ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 樹 木 | 04:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
やはり! お料理がお上手なのできっとこのローズマリーを多用されていると想像していました~
以前、矮性の子もいたのですが、残念ながら天に召されてしまいました・゚・(ノД`)・゚・。
ローズマリーすら枯らしてしまう私って?って感じでした。
ハーブたちは、この時期の入梅前が一番香るような気がします! 収穫の時期ですねっ!

| すぅ | 2010/05/25 04:37 | URL | ≫ EDIT

Re: ほぼ生垣状態のローズマリー^^;

ローズマリー大好き~。
お客さんのところであると、ついつい手で葉をしごいてしまいます。
そして車に戻って移動中に香りを楽しむ匂いフェチ。(笑)
うちでは肉と言うとチキン率が高く、かなりお世話になってますよ。
写真の子は立性なんですね~。
ローズマリーは立性と半立性と匍匐性があるので、いろんな組み合わせができますよね♪

| tg戸笠 | 2010/05/24 21:09 | URL |

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
今年は葉先ばかりではなく、もう少し大胆な剪定に踏み切ろうかと思っています。
そろそろセージの花も咲き始めそう~です (^_-)-☆
はなはなさんは鉢植えなのですね! 私も鉢植えのものもまた欲しくなりはじめています。
常緑なので寄せ植えにしても愉しいですよねっ。

| すぅ | 2010/05/24 05:01 | URL | ≫ EDIT

Re: ほぼ生垣状態のローズマリー^^;

おは~大きくなりましたね。こちらは、鉢で育てています。ほどほどにと(笑)すぅさんのところは周りとのコンビもいい感じ

| はなはな | 2010/05/24 04:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3020-26db43a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。