++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たっぷり~クロバナフウロたち

Geranium phaeum var. phaeum - 黒花風露草(クロバナフウロソウ)Geranium phaeum var. phaeum - 黒花風露草(クロバナフウロソウ)


【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロウソウ科 Geraniaceae 【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪
【用途】地植え 鉢植え

私のダイスキな黒色のお花を咲かせてくれているのは、黒花風露草です。
地植えでも根洗いでも、無事に越冬し、加えてそれぞれの株も大きくなってくれています。

我家では放置してもどんなに手荒にしたり、いじめても減ることのない宿根草の一つです。



【PR】黒花フウロは、おぎはら植物園さんちで、630 円也~

他にはどんなフウロがあるのかな? at Rakuten


諦めていたチベタヌスが芽を出してくれたので、先日そのお隣に植えてある風露草は脅威になるだろうと少し剪定しちゃいました~(笑)
昨年、株分けしたものも順調に育っていますし、ほとんど直射日光が当たらないガレージの奥手でも咲いてくれますし、繁殖力のすごさはバツグンです。

ある意味、増えすぎて困るほど^^;


Geranium phaeum var. phaeum - 黒花風露草(クロバナフウロソウ)
結局、鉢植えのものはなく地植えなので、尚更制約がないことをよいことに、どんどん増えてくれちゃうみたいです。
私のところでは、フウロ系は育てやすそうなので、多種多様な品種のあるフウロをもう少し育ててみようかしら?と思ったりしちゃいます。

Geranium phaeum var. phaeum
黒花風露草(クロバナフウロソウ)

2010年5月10日撮影



でも実は園芸をはじめたばかりのころ、小型のかわいいフウロを真夏に直射日光に当てて、ダメにしてしまったことがあるので、ちょっとトラウマなんです。

Geranium phaeum var. phaeum - 黒花風露草(クロバナフウロソウ)
冬場にはあんなに地上部が枯れてしまっていたというのに、この春になってからの復活振りには目を見張るものがあります。
蕾には産毛がありますが、カタチはまるで葡萄のようです。

フウロソウの育て方

■植え付け
水はけのよいところで、日当たりを好みます。ですが、夏の酷暑は苦手ですので、夏はやや半日陰になるところで管理します。
フウロソウは、いわゆるゼラニウムと呼ばれているものの種類になります。
地植えにする場合には、レイズドベッドなどにしてあげ水はけをよくしてあげるとよいですね。

■水やり
夏の間は控えめにします。

■施肥
堆肥や腐葉土などをすきこみ、肥料は早春と秋に少しだけ施します。

■増やし方
株分けで簡単に殖やすことができます。適期は秋です。


地植えにしておくとかなり旺盛に株が大きくなり、どんどん増えるので、私もどんどん株分けしてあちこちに植えたいと思っています。
たぶんそのほうが、株はいつも元気でいてくれそう!な感触です。

大型になりすぎると夏越しが難しくなるかもしれません。





弊ブログ内関連記事: クロバナフウロ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 春咲く花 | 05:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3017-0433f82e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。