++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャイアントスノーフレークとチューリップ!

Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)


【学名】Leucojum Vernum
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae 【属名】 スノーフレーク属 またはオオマツユキソウ属
【和名】大待雪草(オオマツユキソウ) 鈴蘭水仙スズランズイセン
【英名】Giant Snowflakeジャイアント スノーフレーク) / Summer Snowflake / Loddon Lily(英国ハンプシャーにある川の名前)
【性状】耐寒性球根植物  【花期】4~5月
【原産】オーストリア、ハンガリー、南ヨーロッパ
【用途】地植え 鉢植え 切花

GWの小旅行から帰着すると満開になっている子たちがお出迎え。
たった数日遭わなかっただけでしたのに、お庭が様変わりしているように見えました。

特にこの黄色のチューリップ。
多分、この子は8年ほどまえに植えていた矮性のチューリップだったはず。
原種モノだといわれて購入したものだったのですが、二年ほど咲いた後はまったくその姿を見せていませんでした。

ところが、スノーフレークの間からこの子がお花を咲かせていたんです。

しかも矮性ではなくなってました・・・ ^^; なぜかしら?

全然気がつかなかったなぁ~ 種から育ってくれたのか、あるいは小球が数年かかって育ったのか、よくわからないのですけど、いずれにしても、嬉しい出来事でした!

【PR】 スノーフレークを探そう! at Rakuten


スノーフレークも一昨年、あまり日が当たらないところから植え替えをしてあげたのと、肥料もあげたりしたためかしら、とってもたくさんお花が咲いてくれるようになりました。
思いのほか殖えすぎて、ちょっとバラの株元に近すぎるようになってしまい、嬉しい悲鳴です。


Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)


そろそろお花が終わっている部分が多くなってきてしまっているものの、それでもまだしばらくはお花を愉しむことができそうです。
この子には球根で大きくなってもらいたいので、マメに花柄は摘み取っております。

Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)

でもなぁ~ この子が咲いてしまったということは、ほんの少しだけ望みを繋いでいた、八重咲きのスノードロップが開花することはないってことだなぁ~ がっかり。
かわいい矮性タイプのスノードロップのほうが、早く開花しますからねぇ~ 



Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)
この子は花弁に入る緑色の斑点がかわいいですよね(^_-)-☆
順番にあがってくるお花のひとつひとつの花茎がほっそりしているので、風に揺れてかわいいのです。

2010年4月24日撮影



オシベはちょっとオレンジ色がのっているのですけど、下向きに咲くので、覗き込まないとあまりよく見えません。


Leucojum Vernum - 大待雪草(オオマツユキソウ)  - Giant Snowflake(ジャイアント スノーフレーク)
ようやくなんとか群生といえるようになってきてくれて、ホッ!
やはりこうした小花系のお花には群生してもらわないと遠目では目立たないですものね。

スノーフレークの育て方

■植え付け
酸性の土を嫌うようですので、球根を植えつける前に石灰などをまき、土壌を中和させておきます。
赤玉土7:腐葉土3の割り合いに、緩効性肥料をすきこんでおきます。
適期は秋です。

■水やり
自生しているのが、川沿いや湿地帯のようなところですので、案外水を好む植物です。
夏場には休眠するのでその間は水遣りは不要です。
用土の表面が乾き始めたらたっぷりと与えます。

■施肥
多肥を好む植物ではありません。
お花が咲き終わった頃に、お礼肥えとして液体肥料を与えるくらいです。
この子は、お花が終わってすぐに花芽を分化させるそうです。(5月くらい)
そのため、この頃までに肥料を与えます。

■増やし方
水仙などと違って、このスノーフレークは球根を掘りあげて分けなくてもかなり長い時期植えたままにしておけます。分球の仕方も緩慢ですが、ある程度の大株になってから分けることでその数を増やすことができます。葉っぱが枯れたら堀上げて、涼しいところで管理し秋に球根を分けて植えつけます。
また種を播いて殖やすことも可能だそうですが、私は球根を太らせることに邁進しておりますゆえ、お花が終わったら花茎ごと切り取っています。
種から育てるよりも、球根を分けるほうが簡単です。






弊ブログ内関連記事: スノーフレーク | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 春咲く花 | 04:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
以前は植えつけた場所が悪すぎて、なかなか殖えてくれなかったのですが、今度は大丈夫そうです!

| すぅ | 2010/05/10 04:50 | URL | ≫ EDIT

Re: ジャイアントスノーフレークとチューリップ!

スノーフレークは、かわいらしいベル状で、その上 光が漏れたようで 緑の点がかわいらしいですね こちらは種になっています。よく殖えますね、この子

| はなはな | 2010/05/08 05:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/3005-bc05a752

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。