++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白色のムスカリ‘アルバム’

Muscari botryoides 'Album' - ムスカリ・アルバムMuscari botryoides 'Album' - ムスカリ・アルバム


【学名】Muscari botryoides 'Album'
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ムスカリ属
【和名】ムスカリ
【英名】Muscari(ムスカリ)  Grape hyacinth(グレープヒアシンス)
【別名】瑠璃ムスカリ 【性状】耐寒性球根植物(-15℃)
【花期】4~5月  【花色】白色 【品種名】ムスカリ・アルバム
【原産地】地中海沿岸  【用途】地植え 鉢植え ボーダー花壇
【相性】チューリップやスイセンとの寄せ植え

今年もやっぱりイマヒトツ。
どうも白色のムスカリは我家ではあまりゴージャスに咲いてくれません。
私が植えつけている場所を忘れて、土を弄ってしまうせいだと思うんですけど(^^ゞ

【PR】 ムスカリを探そう! at Rakuten


この子の隣にはやはり白色のクロッカスがあって、ほぼ同時に咲いてくれるかと思っていたのですけど、すっかりクロッカスが終わってから咲いてくれたものの、たったの2本しか咲かず・・ *o_ _)oバタッ彡☆
残念・・・
もっと殖えてくれないかなぁ~
そろそろお花が終わると、オダマキたちにバトンを渡します。


Muscari botryoides 'Album' - ムスカリ・アルバム
手を広げたような葉っぱも写っていますが、この子はオダマキ‘チョコレートソールジャー'です。
私のダイスキなオダマキに一つ。
まだ蕾が上がってくれていませんが、これからがオダマキ・シーズン。
ちょっと小ぶりで山野草風のオモモチもあって、かわいいのですよ~

あるいは、オダマキに栄養を吸い取られてしまって、あまり球根が太れないのかしら?(笑)
でもムスカリはあまり肥料は必要ないはずなんですけどねぇ~

2010年4月24日撮影



夏になれば、百合も咲きますし、近くにはモチロン、クリスマスローズも植えてありますし。
いずれにしても、詰め込み過ぎ?な感じなのです。

Muscari botryoides 'Album' - ムスカリ・アルバム
そういえば、以前は咲いてくれていた‘ラティフォリューム’が全滅 ( ノД`)シクシク…
全然咲いてくれなかったし。悲しい~です。

ムスカリの育て方

■植え付け
秋植え球根ですので、植え付けは夏をすぎて涼しくなってから、有機肥料をすきこんだ用土に植えつけます。地植えの場合には、球根の高さの3~4個分ほど土をかぶせます。
鉢植えの場合には、浅植えでよく、なるべく球根の下に根っこが生えるためのスペースを確保します。
日当たりの良いところで、ジメジメしたところには植えないようにします。

■水やり
地植えの場合は不要です。
鉢植えの場合、用土が乾いたらたっぷり与えます。 
花後には水遣り代わりに液体肥料を葉っぱが茶色に変色するまで、薄めの肥料を施します。

■施肥
本来あまり必要とはしません。日光と適度な水遣りをしていれば、葉っぱを切ったりしないかぎり増えてくれます。芽出し肥料とお礼肥えを少し与える程度で大丈夫です。

■増やし方
植えたまま数年が経つと株が混み合ってきますので、葉っぱが枯れたら掘りあげて、球根を分けます。涼しい場所で管理し、秋になったら植えつけます。小さな球根も植えつけておけば数年で花が咲くようになるので、小さなものも捨てずに植えておきましょう!





弊ブログ内関連記事: ムスカリ | ムスカリ・ボトリオイデス・アルバム | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 多年草 | 04:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2968-239a0edc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。