++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんとびっくりチベタヌス(^^ゞ

Helleborus thibetanus Franchet - チベタヌス(チャイニーズ ヘラボレ)Helleborus thibetanus Franchet - チベタヌス(チャイニーズ ヘラボレ)


【学名】Helleborus thibetanus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】チベタヌス 【英名】Chinese hellebore (チャイニーズ ヘラボレ
【流通名】チベタヌス【系統】原種系 無茎種 
【原産地】中国 (中国名:Tie kuai zi
【性状】耐寒性落葉宿根草 【花期】3月~4月
【草丈】30-50センチ 【花径】3センチ  【花色】薄桃色
【咲き方】半剣弁 カップ咲き ベイン 【生育適地】半日陰
【用途】鉢植え 地植え 切花 
【備考】#013

昨年は、この地植えにしているクリスマスローズ‘チベタヌス’が葉っぱは出るには出たのですが、お花も咲かせること無く、梅雨の頃にはすっかり枯れこんでしまったので、もう根腐れ状態になってしまい、もう天に召されたとばかり思っていたのです。

なのでノーマーク。 この子が植えてあったところにベビーリーフの種なんぞをばら撒いてしまい、花より団子を決め込んでいたのですが・・・

なんと! 復活です Y(=▽=)Y~☆

でもこれが、小さいしかなり貧相で弱弱しいぃ~ 葉っぱは三枚しかない上、やはり今年も花茎は無いみたいです。
あわわ。

【PR】 チベタヌスを探そう! at Rakuten


あわてて、ベビーリーフの折角出てきた双葉でしたが、すべて撤収~ 
お隣に自然発芽していたスミレも撤収~ 皆さんには申し訳ないことをしましたが、やっぱりプライオリティーはチベタヌスが高いのです!


Helleborus thibetanus Franchet - チベタヌス(チャイニーズ ヘラボレ)
この子は枯れてしまったと思っていたwaタシ… この子の上に土を捨ててしまったりしているですよねぇ~
なので、根っこの部分から地上部までの距離があって、深植えにしてしまったような状態になっているのではないかしら?
マズイなぁ~ 葉っぱを伸ばすのが精一杯だったのかもしれません。
本来、葉っぱがロゼット状に展開する部分、根っこと葉っぱが分かれる部分が土の下になってしまうのは良くないわけですから、どう考えてもこの子にとって過ごしやすい環境ではないはずです。

2010年4月13日撮影



土をよけてあげようかとも思いましたが、それもストレスになりそうですし。
どう取り扱ってあげるべきか、迷いまくってます。
そもそもあまり地植えには向いていないはずの‘チベタヌス’。地植えにするにしても、もっと水はけよく土壌改良してあげるべきだったのです。

加えて、昨年は近くにうえたオダマキたちが想像以上に大きくなって、チベタヌスを囲むようなカタチになってしまい、かなり風通しも悪かったのですよね^^;

Helleborus thibetanus Franchet - チベタヌス(チャイニーズ ヘラボレ)
なのに、よくぞ復活してくれたわぁ~~ ありがたい。
鉢植えにしている子はすでに完全に根っこが腐り、昇天してしまいましたからぁ~ お高かったのに クスン
兎に角今年はなるべく風通しをよくしてあげながら、見守りたいと思います。
来年は咲いて欲しいな。

チベタヌスの育て方

■植え付け
温度差を嫌うので、鉢植えのほうが管理しやすい落葉樹などの足元で夏の極端な乾燥や直射日光があたらないようなところで管理しますが、生育の適温は5~15度で、極端な低温も高温も嫌います。
山野草の管理をイメージして、水はけのよい用土を使います。
温度と日光量の管理に気を使うことをしなければ、ちゃんと育ってくれないようです。
用土は鹿沼4:赤玉(小粒)4:腐葉土2の割り合いでブレンド。植え替えからしばらくは一切肥料は要らないので、元肥もいれていません。

■水やり
水遣りは、植え付けをした日には与えず翌日から水遣りします。

■施肥
チベタヌスは湿った草原のようなところに自生していますので、肥沃な土地がお好みなんですよね。施肥のタイミングですが、夏の落葉期を除く生育期に十分与えます。
これもまた意外だったのですが、有機肥料は嫌うようで、普通に液体肥料を500倍くらいに希釈したものを週1回ほど与えるとよいのだそうです。

■増やし方
種から育てることができます。
種を播いてからは湿度を保ち、用土を乾かさないようにすることが重要です。





弊ブログ内関連記事: チベタヌス | クリスマスローズ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クリスマスローズ | 06:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>4106さん
そうなんですよね~ シルバーメタリックのようなのにやわらかくて・・・
女性的な感じですよね(^_-)-☆
私はあまりクリスマスローズを勉強する前に、思いっきり良く地植えにしてしまったうえに土壌改良をちゃんとしてあげてなかったので、ほとんど瀕死の状態です。
鉢植えにしてあったものも消滅しちゃいました *o_ _)oバタッ彡☆
自生地・・・ 棺桶に入る前に一度旅してみたいです!!!

| すぅ | 2010/04/24 05:55 | URL | ≫ EDIT

Re: なんとびっくりチベタヌス(^^ゞ

チベタヌスの葉っぱって独特ですよね!もちろん花も!
すごく魅力がありますが、我家ではゼーッタイ無理なので
手出ししたことはありません・・・。
すぅさん地方でも育てるのは難しいのですね。
湿り気は必要でも蒸れるとダメですしね。
横山ナーセリーさんのブログを拝見したら自生地で
咲き乱れるチベタヌスが圧巻でした!

| 4106 | 2010/04/24 00:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2960-acfe2617

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。