++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファンシーなチューリップ♪

Tulipa cv. 'Fancy Frills' - チューリップ‘ファンシーフリル’Tulipa - チューリップ


【学名】Tulipa cv. 'Fancy Frills'【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チューリップ属
【和名】鬱金香(ウコンコウ)【英名】Fancy Frills
【流通名】ファンシーフリル 【系統】早生咲き フリンジド系(FR) 
【性状】耐寒性球根植物 【高さ】40センチ 【花色】クリーム色×ピンク色
【用途】鉢植え 地植え 切花

いまさら?ですが、やはり記録を残しておきたいので(^^ゞ 

今年はGWの間に満開になってしまい、私はお留守だったので一番キレイな時期を一緒に過ごすことができなかったチューリップが何種類かあり、ダイスキな‘ライラックパーフェクション’などはお写真を撮る機会もなく、春はどんどん過ぎてゆき・・・

【PR】 原種系のチューリップを探そう! at Rakuten


今頃になって‘ファンシーフリル’ちゃんのことをアップです。
他にも‘フラミンゴ’などがあったはずなのに、どうも今期は本来の咲き方にはならなかったですし。

Tulipa cv. 'Fancy Frills' - チューリップ‘ファンシーフリル’
そうこうしているうちに、春のお庭は激変! なんとか滑り込みで5月に記事をアップです(^^ゞ





Tulipa - チューリップ
あれれ、この赤色の子、もしかすると‘フラミンゴ’なのかなぁ~ にしても、色が違うしなぁ~
品種がわからなくなってしまいましよぉー

2010年5月4日撮影



でもそんなことはどうでも良いのです!と自分の記憶力の忘却を飲み込み・・
植えっぱなしで咲いてくれたことに感謝!です。

Tulipa - 原種系チューリップ
前回の記事でもちょこっと申し上げましたが、この黄色の子は随分以前に植えつけたものの、子球かまたはタネから咲いてくれたものと思われます。
あっ、矮性だったものがこの草丈になったということは、種から育った可能性が高いかも!?しれません。

チューリップの育て方

球根を植えつけるときのポイントは、浅植えにしないこと。 そして植えつけた後は、乾燥させないように冬場も水を与えることです。冬の間も球根からでている根は成長しつづけています。

■植え付け

球根は、ボトリチス(灰色かび)病になる場合があるので、植えつけるときに、オーソサイドやベンレートなどの消毒剤に15分ほど浸してからから植え付けると効果的です。またその際、元肥を忘れてはなりません。芽が出てきてからは、液肥(10日に1回程度)などもあげるとさらにきれいなお花を咲かせることができます。

また植え付けるときには、ただ植えつけるのではなく、球根を良く見て、同じ方向になるように植えつけることで、葉っぱの出方が揃ってお花の咲き方がキレイになります。

植え付けの際につかう土は、市販の「球根の土」が楽ですが、有機質に富んだ水はけのよい土ならばOKで、例えば、赤玉土(小)7 腐葉土2 川砂1 などの配合で土作りをします。

植え付けの時期ですが、チューリップは秋植え球根ですので、寒さが本格的になる前に植えつけます。霜が降りる前に終わらせておきたいものです。

さて、球根の茶色い皮はどうします?

簡単にはがれるならば、はがしたほうが病気になりにくくなります、しかし無理にはがすと芽をいためることもあるので、つるっとむけないならば、そのまま植えます。

球根の高さの3個分くらいに土の高さがあるようにして植えつけます。
密集させて植えつけるとお花が咲いたときに豪華ですよね~

■水やり
冬の間も忘れずに水遣りします。地植えの場合には不要です。
発芽すると水を水をあげたくなりますが、この葉っぱの中に水をためないように気をつけています。
我家ではまだ3月初旬は寒いので、うっかりするとこの葉っぱの中で水が凍ってしまったりするのです。

■施肥
植え付けの際、緩効性の肥料を入れておきます。
基本的に前年に蓄えた養分で花を咲かせますので、たくさんの肥料をあげずとも良いのです。

■増やし方
花が終わったら、花首から切り取っておいて、葉っぱが枯れてから彫り上げておき、涼しい場所でネットなどに入れて吊り下げておくと、球根が腐らないのですが、植えたままにしておくと、夏の間に蒸れて腐ってしまったりします。植えたままでも大丈夫なときもありますが、やはり掘りあげるほうがよいですね。
このとき小さな球根ができているので、これを育ててゆくとまた咲いてくれたりします。





弊ブログ内関連記事: ファンシーフリル | チューリップ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| チューリップ | 03:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ゆうきさん
ようやくオダマキやクレマチスたちが咲き始めてくれ、緑も多くなってきてくれてます。
我家の場合、入梅前くらいが一番お庭がカラフルかもしれません。
チューリップは初年度に咲いたものがやはり一番美しい~ですよね(^_-)-☆

| すぅ | 2010/05/31 05:13 | URL | ≫ EDIT

Re: ファンシーなチューリップ♪

すぅさんのお庭も
春爛漫ですね
ピンクのフリンジ咲きのチューリップ
種類は違うけど我が家にも今年咲いて
来年も欲しいなあと思いました

チューリップって結構
花の色とか形とかが
安定していないような気もします

| ゆうき | 2010/05/30 08:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2942-916db527

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。