++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ようやく開花! パシフィックフロスト

Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’


【学名】Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 【葉】斑入り
【入手先】WAKAIZUMI
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花
【備考】#042 

先日記事にしたばかりですし(笑) ややフライング気味ながらこの子の開花がとても嬉しい私はまたしても写真をパチパチ撮り捲り(^^ゞ 蕾が上がってからはそれまでじらされていたのがウソのように、綺麗に開花しはじめています。

このような綺麗なクリーム色したお花の色のクリスマスローズは手元にはなく、開いてビックリ♪ ホントにかわぃい~ (∇〃)。o〇○ポワァーン

葉っぱにうっすらと紅がのるので、それがまたお花に色を添えてくれるのです。花首まで綺麗なクリーム色でシミひとつありません。私の顔面とはオオチガイ(爆)

昨日は思わぬ降雪にハラハラしましたが、この子は軒下で管理していたのでご無事でした(^^ゞ


【PR】限定販売!ヘレボラス アウグチフォリウス ジャネットスターン ポット入苗 1株は、e-フラワーさんちで1,800 円^0^
斑入りアーグチフォリウス「パシフィックフロスト」Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで6300円也~ (;´▽`lllA``
大株ともなるとお値段がぐ~~んと高くなりますねぇ~ 絶対に枯らしてはなりませぬ。
斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten


ところで前回の記事でもこの子との交配を夢見ていたわけですが、どうやらこの子を母親にする場合には、他のお花は受粉させたものを除きすべて摘み取ってしまうほうがよいとか?
本当かしら? 折角の初開花ですのに、んんん~~ どうしましょ。


Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’

この子自体も増やしたいし、リビダスとの掛け合わせでステルニーなどもできないかと思っちゃうし。

Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
通称:クリスマスローズ

2010年03月3日撮影



株元から上がり始めている来年花芽があがる花茎も4~5本ある様子。
真っ赤だった新芽には、そろそろ斑入りが見え始め、しろっぽく変化しているところです。

Helleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
この子を殖やして保険がつけられるならば、なんとか地植えで愉しみたいものですが、何しろ我家は寒いのでねぇ~ ~(〃´o`)=3  
子からちゃんと斑入りが現れるのかどうかも、検証したいしと、やりたいことづくめです(^^ゞ
なにせ、有茎種は株分けできない(できないこともないですが)ので、種で殖やすしかないですものね。

アウグチフォリウスの育て方】 または 【コルシカスの育て方

■植え付け
赤玉土、腐葉土、バーミキュライトなどの配合で、有機質に富んだ土に植えつけます。
夏は木陰(落葉樹)になり風通しがよくなり、秋から春には日当たりが良いところに植えつけます。

■水やり
地植えの場合は不要です。植え替えや株分け後は、その日に水遣りせず翌日の朝から水遣りを開始します。また通常の管理では、水切れを起こさせないように注意しますが、やりすぎは厳禁です。

■施肥
植え付けの際に緩効性肥料をすきこみ、生育期の秋くらいからは本格的に施肥しますが、夏の休眠期にはその緩効性肥料などの効果が完全に消失していることを前提として、与えることが大事です。夏場に肥料を与えると株に悪影響を及ぼします。

■増やし方
種まきから殖やします。
株分けで殖やすこともなんとか可能ですが、極端にその後の生育具合が悪くなります。一般的に言われているように有茎種は株分けしないほうがよいです。とくにアウグチフォリウスは短命ですから、できれば種から殖やすほうがよさそうです。適期は秋です。






弊ブログ内関連記事: パシフィックフロスト | アウグチフォリウス | クリスマスローズ | 【備考】#042 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クリスマスローズ | 03:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
ホントだ! 葉っぱも売りなのに葉っぱの写真をアップしそびれてます(^^ゞ
綺麗な葉っぱを維持できるのか? 種からも同じ表情で咲いてくれるものなのか、興味は尽きません。
今週末はお互いにガーデニング三昧!したいですね~
なんだかコチラは今朝も相変わらず寒くて零下ですし、雪なのですけど・・ *o_ _)oバタッ彡☆

| すぅ | 2010/03/27 06:57 | URL | ≫ EDIT

Re: ようやく開花! パシフィックフロスト

初開花だと全ての花を楽しみたいですよね~。
今回は楽しんで、また来年挑戦してみてはどうでしょう。
葉の変化も楽しめて2度美味しい感じ。
葉がしっかりしてきたら、斑もすごいのかなぁ。
この子の葉っぱがUPで見てみたい~!!

明日は仕事なので明後日に殺菌剤を散布してみます~♪

| tg戸笠 | 2010/03/26 18:47 | URL |

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
はい!自前で交配種を育てることができたら愉しい~~♪ですよね(^_-)-☆
この子は斑入りのためちょっと体力がなさそうなので、しっかりお世話してゆきたいと思います。

| すぅ | 2010/03/26 05:23 | URL | ≫ EDIT

Re: ようやく開花! パシフィックフロスト

おはよう クリーム色もいいですね 色混ぜないで このこはこのこで がんばって育ててくださいね(笑)交配も魅力ありますが

| はなはな | 2010/03/26 04:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2925-e98f2b57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。