++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一応・・バターイエロー開花です*o_ _)oバタッ彡☆

Helleborus x Hybridus - ヘラボレス パーティドレス‘バターイエロースポット’Helleborus x Hybridus - ヘラボレス パーティドレス‘バターイエロースポット’


【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore) 【別名】雪おこしユキオコシ
【品種名】パーティドレスシリーズ (Party Dress Series) バターイエロースポット (Butter Yellow Spot
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】黄色 ~ 小豆色
【咲き方】剣弁 八重咲き スポットあり
【生産販売】MIYOSHI
【備考】#028 【入手日】2008年3月

前回の記事でこの子の株が萎れているとのご報告をさせていただいていましたが、ちぃさんからの助言で殺菌剤を散布し、様子を見ておりましたが、4本あった花茎のうち、1本だけはなんとか生き残り、開花してくれてます。

開花させてはいけないような気もいたしますが、その気になってくれているので、そのまま自然体に任せることに・・・

今期は立ち枯れ病の恐ろしさを痛感した年でありました。
他にもアトロルーベンスに同じような症状があります *o_ _)oバタッ彡☆

Helleborus x Hybridus - ヘラボレス パーティドレス‘バターイエロースポット’Helleborus x Hybridus - ヘラボレス パーティドレス‘バターイエロースポット’


立ち枯れ病は春先、温かくなってくるころに突然やってきます!
ワタシはクレマチスでは何度かその経験をしているのですが、私の場合、殺菌剤をちゃんと散布しないことも原因ですね^^;
クレマチスの場合は、深く植えないことも起因するようですが、ヘレボルスの場合には、深植えはもっと良くないので、深植えにしてはいけません。


【PR】 おぎはら植物園さんちでもクリスマスローズ ’バターイエロースポット’は、2000円也~
パーティドレスシリーズには白色や桃色もあります♪
バターイエロースポットを一緒に育てませんか^0^  at Rakuten


もちろん、この子がこんな姿になってしまったので、鉢植え・地植えにしてあるすべての株に殺菌剤をまきました。

あぁ~~がっかり。
これまでほとんどのクリスマスローズは地植えにしてあって、立ち枯れ病の経験などありませんでしたし、ちっとも心配していなかったのですが、油断はキンモツです ~(〃´o`)=3


Helleborus x Hybridus - ヘラボレス パーティドレス‘バターイエロースポット’
それにしてもそんな病気に罹りながらも、よくぞこうして綺麗なお花を咲かせてくれたものです。
萎れてしまった部分は、復活しないので、切り取るしかありません。

Helleborus x Hybridus
ヘラボレス パーティドレス シリーズ
‘バターイエロースポット’"

2010年3月11日撮影



折角開いてくれた子ですが、記念撮影の後には切り取って、ドライフラワーにでもするしかありませんねぇ~
ため息ばかりついている私。

Helleborus x Hybridus - ヘラボレス パーティドレス‘バターイエロースポット’
このまま定期的に殺菌剤を散布してゆけば、あるいは少しくらいなら種を採ることできるかなぁ~
微妙だなぁ~ とりあえず、お婿さんへは行ってもらえそうなので、どの子とペアリングさせましょうか?

ヘラボラス・ヒヴリディスの育て方クリスマスローズの育て方)】


■秋に入手した場合
9月か10月くらいまでに入手した苗の場合、そうそうに鉢増しをしてあげます。
まだ本格的な寒さがくるまでにたっぷりと時間がありますので、寒くなるまでに根を活着させてあげることができ、入手時期としては最適です。
ただし、開花株はないので、実物を見ることができない点に不安が残ります。
この場合、メリクロン苗ならば大丈夫! 自分の欲しい苗が手に入ります。

■冬期間に株を入手した場合
私のように寒冷地に住むものは、根っこを凍らせないことが大事です。
いくら寒さに強い植物と言われていても、油断大敵。根っこが凍ってしまっては、さすがにスクスクと元気よくは育ってくれません。
私がこれまで育ててきた感じでは、入手株というのは栽培者のところで、一定の環境(温室)などで育てられていることが多いので、自分の家の環境にすぐに対応しきれない場合があるのではないかと。

そこで私の場合、まず手元に来たら軒下などに置いて、除除に気温にならし、しばらくしてから鉢増しの作業をします。

真冬は凍結させないように軒下や玄関に取込んであげてます。ある程度株が大きくなり、我家の環境になれてくれると耐寒度も増すように思います。

そして日中は鉢を表に出して、できるだけ外で日光に当てて光合成をさせます。花後は3~4月に一回り大きな鉢に根鉢をくずさないようにして、植替えをします。

地植えにするのは、この鉢で1~2年たち、根鉢がしっかりしてから、早春に行います。そうすることでかなり我家の環境に適合してから、庭に根付く確率がアップするようです。

■植え付け
植え付けは、鉢植えと地植えがあります。
開花株の場合(苗がある程度大きく育っているので)、すぐに鉢増しできなかったならば、早春庭に植えつけても大丈夫だと思います。

ビニールポット苗の幼い苗の場合には、鉢増しの作業となります。
用土は赤玉土5:鹿沼土2:腐葉土3、または4:4:2の割り合いを目安にして、植えつけています。
また鉢は深めの駄温鉢などを用い、夏場のことを考えて通気性の良いものを選びます。

■水やり
地植えの場合は植付け後の翌日から根っこが活着するまでは様子を見ますが、活着後は必要はありません。
鉢植えの場合は秋から春にかけて生育期には、用土の表面が乾いたら鉢底から水がでるまで、たっぷりと与えます。夏場は水のやりすぎはご法度で、夕方に与えたり、鉢の回りに打ち水をするなどして、温度を下げる努力が必要かもしれません。
我家の場合は、ちょっとした木陰に置いておく程度で、あまり水遣りなどせずとも育ってくれるのは楽です。

■施肥
生育期(秋と春)に液体肥料を1~2週間に1度くらい与えるか、緩効性の肥料をばら撒いておきます。その際、新芽に肥料が触れたりしないように注意します。
半休眠状態の夏には絶対に肥料は与えません。
地植えの場合は植え付け時に元肥をすきこむ程度でも十分育つようで、肥料にはあまり気遣わなくてもダイジョウブ。ただあまり生育度が良くないようなら、液体肥料などを与えます。

■増やし方と植え替え
秋と春が植え替えの適期ですが、我家の場合は早春が適期。根詰まりしてしまっているようなら、株分けをしつつ、株も殖やすことができます。分けるときには、清潔なハサミなどを使って、4~5芽を残すようにして、切り分けます。
地植えにしてあるものをほりあげるとかなり根っこがあって、びっくりしますが、ヘラボの場合は活性化させるということを念頭に置き、殖やすということを思いすぎて、株を小さくわけすぎると失敗してしまうようです。
関東以西にお住まいの方は、冬期間の気温が零下にならないので、秋に植え替えするようにします。
早春を逃してしまった場合には、根鉢を崩さないようにして、鉢増しする感覚で植え替えをするか、地植えにします。





弊ブログ内関連記事: バターイエロースポット | パーティドレス | MIYOSHI | クリスマスローズ | 【備考】#028 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クリスマスローズ | 06:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>momongaさん
私も昨年樋口さんちのウィンターシンフォニーに同様の症状がありました。
私にとってはかなり高価な部類だったのですが、残念。
あっという間に枯れてしまいました・・・ とほほ
やはり根っこの確認はしたい気持ちもありつつも、そのまま様子を見るべきなのでしょうか。
弱っているときには弄るのはキンモツという観念は(クリスマスローズに限らず)あるのですけど、んんん~~ 
鉢増しはしているので、このまま様子を見てもよいのかなぁ~~

| すぅ | 2010/03/21 03:47 | URL | ≫ EDIT

すぅさん

弱っている時の根っこの確認は、
決定的なダメージになる場合もあります。

今年静岡から苗をお迎えすることが多かったのですが、
根っこの腐ったものが多く、かえって素人の苗の方が根っこが元気、
という皮肉な結果がありました。

これまで腐った根っこは経験がなく、
(というより、元気な根っこしか知らない)
知らずに抜いて、土がほとんどぼろり…というものもありました。

かなり高かった苗の土が腐れで半分落ちて、びっくり。
そ~っと植え替えたものの、しばらくして
葉も花も黒ずんだときは青ざめました(笑)

| momonga | 2010/03/20 07:21 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ゆうきさん
_| ̄|○ il||li _| ̄|○ il||l _| ̄|○ とか *o_ _)oバタッ彡☆ あるいは
ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
そんな感じです・・・ (TωT)ブヒー

>tg戸笠さん
なんとなく、体力が残ってくれていそうな感じはあるんですけどねぇ~
来年まで持ち越せて、初めて、克服ということになるのかもしれません。
夏越しまでできればなんとかなるかもしれないのですけど。
怖くて、まだ根っこの確認をしていないのですが、思い切って根っこの様子をみて、悪いところは全部排除したほうが良いみたいなんですけど。
殺菌剤は、どんなものでもOKだそうです。
私は、はじめにベンレートを使い、その後ダコニールを使いました。ちぃさんが教えてくれたのはダコニールでしたが、立ち枯れ病に効きそうなものなら、なんでも良いみたいです。
またゲッターというお薬もよく効くそうです。

>momongaさん
あぁ~そうしたお話を聞くと、少しだけ安堵します。私だけではなかったのかと。
真っ白になってくれるはずの花に色がのってしまったり、あるいは花弁(ガク弁)の肉厚感がいまひとつだったり・・
もっともこれから最盛期を迎えるので、今後どんなお花が咲いてくれるのか!まだすべてのお花で検証はできておりませんが。
なんとか無事に来年まで連れていってあげたいなぁ~と切望中です ~(〃´o`)=3



| すぅ | 2010/03/20 05:52 | URL | ≫ EDIT

今年はトラブルが多いです

バター・イエロー、復活して良かったですね!
来年は大株になりますようにe-267

天候不順のせいだと思いますが、
今年は今までなったことがないような花のトラブルが多いです。

色もものすごく悪い~。
他の方もBlogでそう書いてあったので
自分だけの感覚じゃなかったと安心しました。

| momonga | 2010/03/19 21:47 | URL | ≫ EDIT

Re: 一応・・バターイエロー開花です*o_ _)oバタッ彡☆

すぅsan!!
これは不幸中の幸いなんじゃないでしょうか。
ガッカリされているのにこんなこと言っちゃダメなのかもしれませんが、ポジティブです。
全枯れを免れたと考えましょう。
ちぃsanのアドバイス良かったですね。
殺菌剤は何を使われたのでしょうか?
うちもなったら使ってみたいな。
あっ!!花の感想。
ホントにバターのようなイエローでキレイですね。
スポットもオシャレー。
すぅsanとこも暖かくなってきましたか?
名古屋は昨日ソメイヨシノの開花宣言が出ました。
平年より10日早いそうですよ。
今年の春は早い!!

| tg戸笠 | 2010/03/19 18:19 | URL |

Re: 一応・・バターイエロー開花です*o_ _)oバタッ彡☆

良い色ですね~
でももう切り取っちゃうのですか

*o_ _)oバタッ彡☆ってw

| ゆうき | 2010/03/19 15:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2907-e532ce35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。