++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1ヶ月後でやっと、こんだけ・・・

Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’


【学名】Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 【葉】斑入り
【入手先】WAKAIZUMI
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花
【備考】#042 

この子の花芽が見えてからすでに1ヶ月以上が経過・・ やっとまるっこいお姿が小葉の中からでてきました~~
あとは開くのを待つばかり! 

しかも来年の花茎は真っ赤に染まって地面から3本ほど上がっていた数ミリの芽も葉っぱらしいカタチを形成しつつありますぞ~~ この分ならば来年はワンサカ咲いてくれるはずです Y(=▽=)Y~☆

心配していた斑入りの状態も古い葉っぱにまぁまぁ~残っております。
本当はもっと白いままでいて欲しいけれど、やはり葉っぱは時間が経ってくるとどうしても緑色は強くでるようになりますね。

ただ、蕾の周囲にある小葉はほぼ白色ですから、とっても明るい雰囲気♪


【PR】限定販売!ヘレボラス アウグチフォリウス ジャネットスターン ポット入苗 1株は、e-フラワーさんちで1,800 円^0^
斑入りアーグチフォリウス「パシフィックフロスト」Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで6300円也~ (;´▽`lllA``
大株ともなるとお値段がぐ~~んと高くなりますねぇ~ 絶対に枯らしてはなりませぬ。
斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten


またしてもタヌキでありますが、今年はこの子の自家受粉および交配での種の採取を計画中~
同様に斑入りの葉っぱのニゲルちゃんとの交配ははずせません。
この‘パシフィックフロスト’はフェチダスと違って、ニゲルとは相性がよさそうです!


Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
前回2月13日記事では、確認できる蕾は三つだけでしたが、今は五つくらいになっています。
初開花ですから、数えるほどしか咲いてくれませんけど、それでも種は採れますし(^_-)-☆

寿命が短いので、兎に角種はキープしておいて、順次更新が必要です♪

Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
通称:クリスマスローズ

2010年03月3日撮影



雪ではなくて雨が降るようになってくると、雨が落ちるその刺激もあるせいか、どんどんクリスマスローズちゃんたちの動きが活発になってきます。
お花が咲いているものは、あまり雨には当てたくないのですけど、軒下のスペースにも限りがあります。
この子もなるべく軒下近くに置いてあげるようにしてるんですけど。

Helleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
相変わらずお花を咲かせるためには日光量は必要だし、斑入りを愉しむならあまりお日様にガンガン当てられない部分でジレンマです。
微妙な兼ねあいが必要ですねぇ~

アウグチフォリウスの育て方】 または 【コルシカスの育て方

■植え付け
赤玉土、腐葉土、バーミキュライトなどの配合で、有機質に富んだ土に植えつけます。
夏は木陰(落葉樹)になり風通しがよくなり、秋から春には日当たりが良いところに植えつけます。

■水やり
地植えの場合は不要です。植え替えや株分け後は、その日に水遣りせず翌日の朝から水遣りを開始します。また通常の管理では、水切れを起こさせないように注意しますが、やりすぎは厳禁です。

■施肥
植え付けの際に緩効性肥料をすきこみ、生育期の秋くらいからは本格的に施肥しますが、夏の休眠期にはその緩効性肥料などの効果が完全に消失していることを前提として、与えることが大事です。夏場に肥料を与えると株に悪影響を及ぼします。

■増やし方
種まきから殖やします。
株分けで殖やすこともなんとか可能ですが、極端にその後の生育具合が悪くなります。一般的に言われているように有茎種は株分けしないほうがよいです。とくにアウグチフォリウスは短命ですから、できれば種から殖やすほうがよさそうです。適期は秋です。






弊ブログ内関連記事: パシフィックフロスト | アウグチフォリウス | クリスマスローズ | 【備考】#042 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クリスマスローズ | 02:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
でしょう~ でしょう~~ (∇〃)。o〇○ポワァーン
斑入りの植物は、クリスマスローズに限らず、かわいいぃ~~のです♪
けど、この子は手元にある斑入りの植物の中でも特級品のかわらしさです。
私の田舎町にはHCでは限られた苗しかないので、ネット買いです^^;
宅配料がかかりますけど、仕方がないと諦めています トホホ

| すぅ | 2010/03/13 05:56 | URL | ≫ EDIT

Re: 1ヶ月後でやっと、こんだけ・・・

おーこの葉っぱカワイイ。
こういう斑だと、花のない時期でも楽しめますね。
うちのゴシキヒイラギ君に似た斑です。
やはりお店では見たことありません。
すぅsanはお店買いですか?それとも通販ですか?
近くのお店に変わった子がいっぱいいるのかなぁ。

| tg戸笠 | 2010/03/12 18:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2900-85c872f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。