++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬に・・挿し芽のヒペリカム^^;

Hypericum inodorum - ヒペリカム・イノドラムHypericum inodorum - ヒペリカム・イノドラム


【学名】Hypericum inodorum
【科名】オトギリソウ科 Clusiaceae 【属名】ヒペリカム属 (オトギリソウ属
【和名】ヒペリカム  / ヒペリカム・イノドラム 【英名】Tutsanツーサン
【別名】ヒペリクム (hy-PER-ee-kum)  【流通名】小坊主弟切コボウズオトギリ
【品種名】不明 (キャンディフレアによく似ています)
【原産地】西ヨーロッパ、北米
【花期】6~8月  【花色】 黄色  【結実期】 秋(赤色から黒色へ変化)
【性状】落葉低木 または 半常緑樹 【丈】60~90センチ 【耐寒性】 強い -10℃
【用途】生け花 ドライフラワー

たしか2月上旬くらいだったでしょうか。ドラセナ・コンシンネ‘トリカラーレインボー'とともに、切花で買ってしばらく花瓶に生けてあるのですけど。

花瓶が小さめだったので、茎を切りましたので、これも極寒の時期であるにもかかわらず、ダメモト鹿沼土に挿してみました。そうしたら、1ヶ月くらいで、あららちゃんと芽が出てきてくれた様子 Y(=▽=)Y~☆

園芸種が増えて、観賞価値の高いその実の色も様々です。赤や緑色、淡いピンク、濃いピンク、オレンジ系などなど選り取り緑。この子は赤色の実です。



こんなふうに淡いピンク色の子もかわいいぃ~~ Y(=▽=)Y~☆

【PR】 ヒペリカムを探そう! at Rakuten


今回、この子のことはお店の方に聞いて、イノドラムかと思っているのですけど、キチンとしたラベルがついていなかったので、もしかするとアンドロサエマムなど別なモノである可能性も高いのです。私としては、以前入手したのが、アンドロサエマムでしたので、別種であって欲しいと願うばかりです。

我家には、2008年3月に入手して、地植えにした子がいるのですが、生育具合がイマヒトツ。フラワーアレンジメントに使えるほどに、実のつきがよくなくて・・私が選んだ場所はあまりおきに召さないご様子です^^;
現在はすっかり葉っぱを落として休眠していますけど。


Hypericum inodorum - ヒペリカム・イノドラム
この挿し芽した子は、鹿沼土では育ちませんので、温かくなったら栄養満点の培養土に植え替えて、しばらくは鉢植えで管理しようと思います。
寄せ植えにして上げるのもグーですね(^_-)-☆

Hypericum inodorum
ヒペリカム・イノドラム

2010年2月22日撮影



皆様ももし花束などをいただいたときに、お気に入りの子がいたら、諦めずに是非挿し芽に挑戦してみてくださいね。
切花種のバラなどは、しっかり水切り・水揚げしてから挿してあげると案外簡単に発根します。
モチロン挿し木がきかないものもありますので、ちゃんと調べませんとね^^;

Hypericum inodorum - ヒペリカム・イノドラム
3月上旬くらいまでが剪定の適期なので、乱れたお姿で越冬中のヒペリカムちゃんをトリミングしてあげなくては!

ヒペリカムの育て方

■植え付け
やや半日陰で管理したほうが良いそうです。チッソ過多にならないようにします。
水はけのよい土に植えつける。日当たりのよい場所でも育つそうですが、夏に葉焼けを起こしやすいので注意してください。
11月から入梅前までが植え付けの適期です。土質もあまり選ばず、日照時間も2~3時間あればOKという育てやすさ。

■水やり
水遣りのしすぎに注意します。

■施肥
ほとんど不要で、油粕などを寒肥として与える程度。

■病気
さび病にかかりやすいので風通しよくし、防御のため薬剤を散布します。トップジンM水和剤かロブラール水和剤の1000倍液を7日間隔で2回ほど、葉から軽くポタポタたれる程度散布します。1回ですと再発の可能性があります。

■増やし方
挿し木で殖やすことができます。また熟した実から種がとれるので、これを播けばたくさん殖やすことができます。

■剪定
横に枝を伸ばすので、春または花後に剪定する。4月ごろまでに剪定すれば花は咲くそうです。





弊ブログ内関連記事: ヒペリカム | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 樹 木 | 06:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
私のところにもお友達のお母様がくださった、多分ビヨウヤナギ?と思われる苗もあるんです。
でも去年はあまり咲いてくれなかったんですけど。
イノドラムは切花にしてもとっても長持ちしますし、どんなお花ともよく似合うので殖やしたいです!色も様々開発されていますよねっ(^_-)-☆
多肉ちゃんのこと、調べてくださりありがとうございました~~ 感謝!感謝! m(__)m
とっても似てます! お花が咲いたら確定できるんですけど・・・ 咲くかしらん?

>ちぃさん
私の場合、売っているようにたくさんの実をつけることができるかどうか・・^^;
本植え後に無事育ち、お花が咲いてくれるかどうか難関が控えていますけど、がんばります!
コロコロしたかわいい実でしすものね~ いつも手元に置いておきたい感じです♪

| すぅ | 2010/03/04 05:57 | URL | ≫ EDIT

Re: 冬に・・挿し芽のヒペリカム^^;

わたしも観賞用に(育ててはいませんが)お花屋さんで
購入してます。
一枝、結構なお値段するから、
自分で育てるほうがお徳かなぁ。
刺し芽も順調のようですし、
暖かくなったらどんどん成長するね。

| ちぃ | 2010/03/04 00:14 | URL | ≫ EDIT

Re: 冬に・・挿し芽のヒペリカム^^;

ヒペリよく使います~。
まぁ私たちがよく使うのはヒデコート(西洋キンシバイ)か、カリシナム(西洋ビョウヤナギ)ですけどね。
花期が長いのが嬉しいところです。

あっ!!そうそう。
↓ログの多肉チャン調べてみました。
タキタス・ベルスっぽいですよ。
一度比べてみて下さいね。
とてもカワイイ花が咲きます。
心が揺らぐ…そそられるなぁ。(買おうかな)

| tg戸笠 | 2010/03/03 20:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2878-c21d9bcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。