++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

‘ムーンビーム’に蕾ちゃん♪

Clematis  'Moonbeam' - クレマチス‘ムーンビーム’Clematis  'Moonbeam' - クレマチス‘ムーンビーム’


【学名】Clematis 'Moonbeam' (Fo)
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Moonbeam'
【系統】オセアニア系 常緑系  フォステリー系 ニュージーランド系
【咲き方】一重咲き 一季咲き(3~4月) 小輪のマーガレット咲き
【花径】3 センチ 【高さ】100センチ 【耐寒性】強い (マイナス5℃~マイナス12℃)
【花色】黄緑色~白色 花芯は薄い黄緑色 【剪定】弱剪定 旧枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ピクシー   【別名】ニュージランドクレマチス  
【作出者】 グラハム ハッチンズ氏(カントリーパークナーセリー) イギリス エセックス 1990年  【交配種】 'Fairy' x C. foetida
【用途】鉢植え向き(寒冷地では冬場は室内管理)
【備考】#C035

昨年秋にもこの子の様子をアップしておりましたが、その頃にはまだ寒さも強くなかったので、青々としていた葉っぱも今現在はほぼ赤銅色です(^^ゞ
もっともコレはコレで、なかなか渋い雰囲気をかもし出しており、私は好き! なんたって黒色好き人間ですからぁ~~(爆)

室内で管理してあげればここまで赤色にはならないのでしょうけど、結局今年も風雪を避けた軒下で管理中です。
除除に寒さに慣らして、最終的には屋外に植えつけたい!というのが希望であります。

がっ、一昨年挿した芽は昇天してしまい、保険が無くなってしまっておりますゆえ、大事に大事に管理中です。


【PR】 小さな花火が咲いた様“ムーンビーム” クレマチスは、花ひろばオンラインさんちで1,869 円也~

葉も細かく、クレマチスとは思えない草姿です。あんどん仕立てだけでなく
ハンギングバスケットでも多くの花を咲かせるので春の草花類や多肉植物と
組み合わせたり、変化を楽しんでいただくとおもしろい品種です。
との説明があり、目からウロコがコボレ落ちた私。 多肉とあわせるって! 素敵かも~~ ♪(゜▽^*)ノ⌒☆

常緑のクレマチスを育てよう! at Rakuten


オバカな私はクリスマスローズのステルニーシルバースターを入れちゃったのですよ。
どうみても窮屈そうです^^; しかも葉っぱは見事に枯れてしまって、なんとかチビな葉芽が残っている程度。
昨年からちっとも成長してくれておりません。肥料の奪い合いもしているでしょうし、用土の面からしても、相反する組み合わせ・・・ *o_ _)oバタッ彡☆
枯らしてしまうのが怖くて、なかなか根鉢を弄ることができないのです。このクレマチスの苗もまだ二年目。
どのくらい根っこが回っているのかしら?割り合いと大鉢に鉢増ししたものなので、まだ鉢増したり、地植えにするには早いような気もします。


Clematis  'Moonbeam' - クレマチス‘ムーンビーム’
なんとかトレリスに誘引しているものの、どうも株姿が暴れ始めております。
挿し芽してみようかしらん。
挿し穂が結構取れそうな感じ♪です。

一昨年は成功しなかったので、リベンジ!リベンジ!

Clematis 'Moonbeam'
クレマチス‘ムーンビーム’

2010年2月1日撮影



Clematis  'Moonbeam' - クレマチス‘ムーンビーム’
一方、やはり常緑系のペトリエイピクシーはほとんどツルが伸びてくれておらず、全然ベツモノのような状態です。
鉢増ししたときに、ちょっと大きすぎる鉢を使ってしまったのが要因のような気がするのですが。
なんとか生き延びてくれているので、良しとしているのです。
お花、咲くかなぁ~

ニュージランド系クレマチスの育て方

■植え付け
堀り上げた土に腐葉土、ピートモス、堆肥を3割程加えさらに元肥として緩行性肥料も混ぜておく。クレマチスの培養土は、弱酸性(pHは6~7ぐらい)から中性にします。 アルカリ土壌ではピートモスを多く加え、酸性土壌では苦度石灰を加えてから植えつけます。

■水やり
地植えの場合には、夏のかなり乾燥してしまっているときを除き水遣りは不要です。鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。冬の生育期に水遣りのときに液体肥料を施すのも成長を促します。夏場の休眠期の水遣りは、やりすぎにより根腐れしてしまいます。
タイミングは午前中。夜間の水遣りは厳禁です。

■施肥
クレマチスは多肥を好みます。専用肥料があります。
秋には株元にリン酸カリ肥料を多く含んだ有機肥料を施します。
夏の間の施肥は不要です。 夏場には肥料を切らすようにしなくては!

■増やし方
挿し木で殖やすことができます。 適期は春と秋。

■剪定
花後の剪定では、花柄を摘んだり、枯れ葉を切ったりと細くて弱い枝を整理する程度でOKです。
開花後、切戻しても年内は花を付けない、一季咲きです。
春先には、花芽が付いて充実した枝を残して芽吹きの悪い古枝を取り除く程度の弱剪定をしておきます。

■越冬
鉢植えで室内で管理するか、防寒のうえ軒下などの霜がおりないようなところで管理します。
耐寒性は強いほうのようですが、私のような東北に住むものにとっては、キケン!
株がしっかり充実するまでは、オンモでの管理は控えてみようかと。挿し芽などが成長し、保険を浸けられたら、屋外での検証もしようと思います。






弊ブログ内関連記事: ムーンビーム | アーマンディー | アーマンディ・アップルブロッサム | ホワイトエンジェル | シルホサ | シルホサ ジングルベルズ | 日枝 | フレクレス | ピクシー | クレマチス | 【備考】#C035 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クレマチス | 02:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ちぃさん
早速に貴重な情報をありがとうございます m(__)m
冬場には水は少なめ!というのことは知っていたのですが、それにより蕾の数と呼応していることはわかっておりませんでした(;´▽`lllA``
我家ではキョーレツな霜があがってしまったりすることもあり、ホントに冬場の水遣りはかなり控えめにしています。たくさん、咲いてくれるかな?
ちぃさんのところの子も蕾が見つかるとよいですね (^_-)-☆

| すぅ | 2010/02/18 04:57 | URL | ≫ EDIT

Re: ‘ムーンビーム’に蕾ちゃん♪

冬場は、あまり水やりすると花芽がつかないけど、
しっかり花芽が出てきましたねー。

さぁ、うちのはどうかしら~?
明日見てみようっと♪

| ちぃ | 2010/02/17 21:38 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
なんと! 悲しい出来事が起きてしまっていたのですね ・゚・(ノД`)・゚・。
でも大丈夫、大丈夫! 結果的には枝数が増えて、きっとこんもりとかわいい株姿になってくれますよ~~~~ (^_-)-☆

| すぅ | 2010/02/17 05:35 | URL | ≫ EDIT

Re: ‘ムーンビーム’に蕾ちゃん♪

おはよう すぅさん いい枝が伸びてますね こちらは ずいぶん折れてしまったというか、おってしまった。う~

| はなはな | 2010/02/17 05:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2839-42f96f61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。