++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パシフィック・フロストの蕾♪

Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’


【学名】Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 【葉】斑入り
【入手先】WAKAIZUMI
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花
【備考】#042 

この子の花芽の色あいのなんとすばらしいことか!

真っ白な若い葉芽には、口紅を挿したような赤みが残っていますが、それが時間の経過とともに、緑色を増してはゆくものの、斑入りの葉っぱとなる個性派ですY(=▽=)Y~☆

あまりにお日様に当てすぎて、斑入り度が低下してしまっていたのですが、ここにきてまた斑入りがしっかりしてきた感じです。地植えにしてあるアウグチフォリウスと比べましても、蕾のあがり方が早く、間もなく開花してくれそう~です。


【PR】限定販売!ヘレボラス アウグチフォリウス ジャネットスターン ポット入苗 1株は、e-フラワーさんちで1,800 円^0^
斑入りアーグチフォリウス「パシフィックフロスト」Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで6300円也~ (;´▽`lllA``
大株ともなるとお値段がぐ~~んと高くなりますねぇ~ 絶対に枯らしてはなりませぬ。
斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten


この子は鉢植えで大事に育てているところですが、本当は地植えにしてこの白さをお庭に取り込みたいのですけど。

今年はタネを採取して発芽させ、保険をかけることができてから、地植えにするつもりです。
斑入りの葉っぱが美しいとは知っていましたが、この‘パシフィックフロスト’の一番の魅力は、この花芽の白さですね~ もっとも真っ白というよりも、クリーム色っぽいのですけど。
お花の色あいも早くナマで見た~~~~~い (∇〃)。o〇○ポワァーン


Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
上から覗き込みませんと、まだよ~~く蕾は見えない状態です。

現在見えている蕾は三つ。

まだまだ隠れていそうな感じはありますが、さて何輪咲いてくれるかな~
ワク♪o(^0^o)(o^0^)oワク♪

2010年が初開花となる‘パシフィックフロスト’。
ワク♪o(^0^o)(o^0^)oワク♪させてもらってます!

Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
通称:クリスマスローズ

2010年02月1日撮影



今年は花茎が1本しかあがっていないのですけど、よ~~く観察していましたら、株本から真っ赤な若芽が見えてます。

 alt=
ほとんど1センチほどの小さなベイビーちゃんですが、ちゃんと来年咲く準備も同時進行中の模様♪
仕上がりは上々です!
新芽というのは赤みを帯びたものが多いのですけど、以前、どこかの植物園のガイドさんがおっしゃっていましたが、「赤」という色には、虫や動物たちにとって「毒」のイメージがあるのだそうです。
そうやって若い芽を食害されないようにという植物の知恵がこめられているのです。




人間の赤ちゃんや子供が人参やトマトを嫌う理由のひとつには、こうした「」=「キケン」というDNAがまだ残っているからだそうですよ~ 
それが成長とともに自分が育ってゆく過程で、そうした直感的な間隔がやわらいでゆき、食べることができるようになるって言ってました!

Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’Helleborus argutifolius 'Pacific Frost' - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’

この鉢のお隣には、常緑クレマチスのカトマニー‘ムーンビーム'を置いており、株姿の違う子と合わせてみました~
そちらにも米粒ほどの蕾があがりはじめてくれています。
お写真がボケボケであまりよくわかりませんね^^;

Helleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
上のお写真のように今期伸びた葉っぱにはあまり葉っぱに斑が入ってはいませんが、古葉のほうにはこのように立派で美しい斑が入っています。

冬場はたっぷりお日様に当てるほうが生育度がアップするクリスマスローズではありますが、斑入り種の場合には、あまり日光に当てすぎると、斑の出方が悪くなるそうなので、日光量の加減が難しいですね~

アウグチフォリウスの育て方】 または 【コルシカスの育て方

■植え付け
赤玉土、腐葉土、バーミキュライトなどの配合で、有機質に富んだ土に植えつけます。
夏は木陰(落葉樹)になり風通しがよくなり、秋から春には日当たりが良いところに植えつけます。

■水やり
地植えの場合は不要です。植え替えや株分け後は、その日に水遣りせず翌日の朝から水遣りを開始します。また通常の管理では、水切れを起こさせないように注意しますが、やりすぎは厳禁です。

■施肥
植え付けの際に緩効性肥料をすきこみ、生育期の秋くらいからは本格的に施肥しますが、夏の休眠期にはその緩効性肥料などの効果が完全に消失していることを前提として、与えることが大事です。夏場に肥料を与えると株に悪影響を及ぼします。

■増やし方
種まきから殖やします。株分けで殖やすことも可能です。適期は秋です。






弊ブログ内関連記事: パシフィックフロスト | アウグチフォリウス | クリスマスローズ | 【備考】#042 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クリスマスローズ | 05:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
ここにきて、大雪&寒波が続き、どのクリスマスローズも足踏み状態です^^;
この子は別格で雪に当たらないようにしてあげているので、若い割には他の子より少し早めに咲いてくれそう~です♪

>momongaさん
あっ!私も似たような経験があります(^^ゞ
やはり水遣り三年!? 家族に任せてお出かけするとどれかしら天に召されてしまいます(爆)
二年間発芽しつづけることもあるということを踏まえて、今後種まきしてからは管理してゆきたいと思います!
貴重な経験談をありがとうございましたm(__)m 

>Nomuさん
斑入りの子たちは、たおやかでホントに楚々とした感じがいいんですよね~ Y(=▽=)Y~☆
観葉植物系はあまり育てていないのですけど、というのも寒冷地向けのものって案外少ないんですよね。室内管理が下手な私はすぐにダメにしてしまうことが多い *o_ _)oバタッ彡☆
この子は特に増殖を狙っている品種のヒトツです(笑)

| すぅ | 2010/02/14 04:41 | URL | ≫ EDIT

Re: パシフィック・フロストの蕾♪

斑入り、いいな~!
私、観葉植物から入ったやつなんでリーフ好きなんですよ(笑)花のない時期でも楽しめるし、斑入りってやっぱり惹かれますね♪
すぅさんところはホント開花楽しみなコがいっぱいですね!!

| Nomu | 2010/02/13 21:12 | URL | ≫ EDIT

パシフィック・フロスト

あ…ぅ…。海外産の種子から育てた苗があったのですが
旅行中、家族の水やりでお★様に~。かなちー。

種から育てるといろんな苗が出て、おもしろいですよー。
2年間、発芽し続けました。
2苗、1年中真っ白な個体があり、
1つは人に譲ったのでセーフでした。
発芽率いいので、すぅさんもぜひ頑張って~。

| momonga | 2010/02/13 14:09 | URL | ≫ EDIT

Re: パシフィック・フロストの蕾♪

ほほ~ 楽しみ 楽しみのおかお うかびまっせ

| はなはな | 2010/02/13 07:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2831-ce426132

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。