++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form)

Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form) - ティランジア イオナンタ ‘ピーチ'(白花)Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form) - ティランジア イオナンタ ‘ピーチ'(白花)


【学名】Tillandsia ionantha 'Peach'
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【品種名】イオナンタ・ピーチ
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【原産地】中南米熱帯 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】10℃ 【生育適温】15~25℃  
【生産者】
【購入先】フラワーショップ江口 ピーチ ホワイトフラワーフォーム  1029円 【入手年】 2010年2月
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【備考】A#037

イオナンタというのは、そもそも紫色という意味があるのですけど、この子は紅葉してもその色は桃色で、お花が白い色になるという珍しい品種です。

江口さんちの説明にも
大人気でありながら...珍しいイオナンタのピーチ品種です!
開花する頃には、最高に綺麗なピーチピンクに染まり花は白色タイプ


そう、あくまでも開花時期の話(^^ゞ
現在は綺麗な緑色で、しかも超小さな苗ですから、この子がお花を咲かせるようになるまで何年かかるんだか(;´▽`lllA``

【PR】 お気に入りのイオナンタを探そう! at Rakuten


ホント、一口にイオナンタといっても、数多くの園芸種がありますねぇ~
私も結局育てやすそうなイオナンタを集めるハメに陥っております(笑)


Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form) - ティランジア イオナンタ ‘ピーチ'(白花)
本当は多肉植物との寄せ植えも視野に入れていたのですけど、あまりにも小さいので、どう飾ってあげたら良いものか!デミダスカップですら器が大きすぎる感じですし。
一緒に買った‘フエゴ'とすんごく似ていて、大きさも同じなので、ちゃんと管理しておかないと、どっちがどっちだったか、わからなくなってしまいそうです。

Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form) 
ティランジア イオナンタ ‘ピーチ'(白花)

2010年2月12日撮影



あっ、思いついた!
そう、お猪口かショットグラスくらいの器がちょうど良いかも!?
またまたリサイクルで、何かかわいいグラスをキッチンから盗むことにします(笑)

Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form) - ティランジア イオナンタ ‘ピーチ'(白花)
あるいは、大きくなってきたヒャッキンのチランジアたちに、座を明け渡してもらって、三段になっているアクセサリー入れに置いてあげてもよいかも? でもまだちょっと多きさがたりないかな。

エアープランツの育て方ティランジア・イオナンタの育て方)】

イオナンタは乾燥に強く、逆にあまりに潅水頻度が多い環境も嫌います。別の言い方をすれば、乾燥にも耐え、初心者向けの品種です。ティランジアのなかでも育てやすい品種です。そして丈夫!

■管理場所
明るい日差しを好みます。光線不足では苞が鮮明な桃色にならず、白っぽくなります。
生育温度は5~35℃で適温は15℃~20℃。春と秋が生育期間です。直射日光を当てずにカーテン越しなどで1年を通して明るい窓辺で管理します。蒸れには弱いので風通しをよくします。

夏場以外なら屋外での管理も可能です。梅雨の時期以外には、湿度を保つために3~4日ごとにミスティングします。また直射日光は避け、極度に乾燥させないようにします。

■水やり
最大のポイントといえる水遣りのほうほですが、二通りあります。
葉水とソーキング(浸水させる方法)の二つです。

ミスティングは2~3日に1回、ソーキングは10日に1回を目安に行います。夏と冬は生育が鈍るのでやや乾かし気味にし蒸れを防ぎます。最悪、腐ることがあります。
しかしあくまでも目安であり、生育具合・葉っぱの状態をよくなどを見ながら頻度を変えるとよいです。

ソーキングの後にはしっかり水切りをし、いつまでも濡れたままにしないことが大切です。霧吹きでも水分補給は可能ですが、たいていは水分が吸収される前に蒸発してしまい、脱水状態を回復させることは出来ません。。

温室のような環境がなければ、霧吹きよりもソーキングのほうがうまく育つそうです。しかしこれもイオナンタ、テクトラム、パレアセアなどのような品種であれば、霧吹きだけでも何ら問題はないようですが、ストリクタのようにお水が好きな品種にはソーキングが有効です。

■施肥
多肥は好みませんが、生育度を上げるには水遣りの際に液肥を1000倍に薄めたものを霧吹きで全体に散布するか、5000倍液を年に数回ソーキングに使用するのが有効です。
また冬期間でも施肥に問題はありません。

■増やし方
種まきまたは株分けで殖やすことができます。
親株は子株をつけると除々に枯れていきますので、そうなるまでは株分けをしないほうがよいようです。どうしても分けたいならば目安として親株の半分の大きさになった頃に子株を分けます。

種から育てる場合、タネをヘゴや木片などにつけて水やりすれば自然に発芽するとのこと。遮光を50%程度にし、1日1度霧吹きで水を与えます。ただ室内で育てる場合、発芽率は極端に悪く、根っこがない分、発芽後も生育のスピードは遅いため、最低5~6年かかり大型種になればなるほど、開花までの時間がかかることになります。







弊ブログ内関連記事: イオナンタ・ピーチ | イオナンタ | チランジア | エアープランツ | インテリアプランツ | 【備考】A#037 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |

| 多肉&エアープランツ | 13:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>匿名さん
まぁ~~イオナンタを専門に!
ということはたくさんの種類をお持ちなのでしょうね~~~ (∇〃)。o〇○ポワァーン
うらやましいです!
腐らせないようにとのアドバイス、胸に刻みました~ m(__)m
まだまだ水遣りの配分がわからず、ドギマギしながら育てているんです^^;
すでに数種類のティランジアを枯らしてしまいました *o_ _)oバタッ彡☆
まだまだ管理方法がわかってあげられません ~(〃´o`)=3

| すぅ | 2010/05/16 01:24 | URL | ≫ EDIT

Re: Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form)

検索でお邪魔しました
T.ionanthaを専門に栽培しています

しかしEさん
相変わらず小さな株を平気で出荷するのですね
親株がないので、成長は遅いと思います
腐らせないように気をつけてくださいね

| 匿名さん | 2010/05/15 17:10 | URL |

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
まだまだ増え続ける予定・・・(爆)ですが、でもご逝去モードに入っている子もいて、一進一退です^^;
イオナンタは特にハイブリッド種が多いみたいですね。
自分で育種できる愉しみもクリスマスローズに負けていないようなので、もっともっとお勉強してゆきたいと思います!

そうなんですよ~ 日枝さんはもうタネになってきています!
市松模様のかわいい子が生まれると嬉しいのですけど。

| すぅ | 2010/02/23 06:29 | URL | ≫ EDIT

Re: Tillandsia ionantha 'Peach' (White Flower Form)

イオナンタでもいろんな品種があるんですかぁ。
庭木でいえばウメやサクラなどと一緒なんですね。
たくさん品種がある…とメモメモ。
すぅsanとこはまだ増え続けるんですね♪
植物に囲まれてうらやましい~。

あっそうそう、この前のすぅsanブランドでって言ってたクレマチス、【ひえ】さんだったかな?今度の趣味の園芸で紹介されるっぽいですねぇ。

| tg戸笠 | 2010/02/22 19:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2822-18f169f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。