++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乙女心もぷっくり♪

Sedum pachyphyllum - 乙女心(オトメゴコロ)Sedum pachyphyllum - 乙女心(オトメゴコロ)


【学名】Sedum pachyphyllum
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】セダム属 
【品種名】乙女心 (オトメゴコロ
【和名】セダム・パキフィルム【英名】Succulentsサキュレント)【別名】
【原産地】メキシコ
【性状】多肉植物 【草丈】5cm×20cm 【花期】春 【生育期】夏 【耐暑性】強い 【耐寒性】
【用途】鉢植え

この子は、あまり一生懸命になって殖やしていないので、株数が少ないのです。

今年は、葉挿しをたくさんしようと思っているのですけど、バスケット内の土が随分古くなっているので、別に殖やす場所をきちんと作ってあげねばっ(;´▽`lllA``

バスケットに入れたり、寄せ植えにしたりしています。

先日、友人宅へのお土産にと、この子や他の子たちを切り取って小さな鉢に挿したのですけど、元気にしているかな?
根っこがでてから水やりしてねと念押しして帰宅したけれど。

【PR】 ミニミニ多肉植物を飾ろう! at Rakuten

お土産にするなら、ちゃんと発根したものをもっていってあげればよかったわん。
でも高さを揃えて寄せ植えを作るなら、挿し芽をとったばかりのもののほうが、よりきれいな仕上がりになるんですよね。
下のお写真でもお分かりになるかと思いますが、二年もすると高さや多きさがまばらになってしまって、当初のカタチからは乱れがでてしまいます。


Sedum pachyphyllum - 乙女心(オトメゴコロ)
この鉢は、今で言えば二年前のクリスマスに作った寄せ植えです。
そのまま植え替えもせずに2年目の冬を迎えてしまいました(^^ゞ
虹の玉、七福神、ブロンズ姫との寄せ植えです。

Sedum pachyphyllum
乙女心(オトメゴコロ)

2010年1月15日撮影



ぷっくりとした葉っぱの一枚、一枚を丁寧に剥がして、半日陰で乾燥させてから、多肉用の培養土に挿しておきさえすれば、簡単に殖やすことができるのも多肉植物の良い点です。
でも、この乙女心は葉挿しができず、茎を切り取って挿し木するカタチを取らねばならないのです。

Sedum pachyphyllum - 乙女心(オトメゴコロ)
特に冬場はほぼ水を切った状態で、乾燥気味に育てるのがポイントですが、乙女心のチャームポイントである、頬を紅色で染めたようなお姿にするためには、日光量が必要です。
日陰や室内の明かりがあまり届かないところで育てますと、赤くなってくれません。
また肥料を切ることで赤みが増します!

多肉植物の育て方 (乙女心の育て方)】

■植え付け
多肉植物やサボテンの培養土を用いるのが一番簡単です。
自分で配合する場合には、砂・パーライト・腐葉土・薫炭などを混ぜた、とても水はけのよい土を用います。
日光が当たらないと、徒長してしまうので、たっぷりと日光があたるところで管理します。

■水やり
やりすぎに注意します。
水遣りにはメリハリが必要です。用土が湿っているようなら水は与えず、表面が乾いてから数日待って水遣りをするくらいの感覚です。
成長期の春から秋は十分に水を与え、寒い冬の時期には水遣りの回数を減らします。
入手した多肉が、春系か冬系かわからない場合には、春と秋に多めに水遣りをして様子をみるとよいようです。

■施肥
あまり必要としません。植え付けのときに元肥えとして緩効性肥料を梳きこむ程度で大丈夫です。

■増やし方
挿し芽で簡単に殖やすことができます。徒長した部分などを切れ味のよいナイフなどで切って、切り口を乾燥させてから挿します。乙女心は葉挿しで増やすことはできません。
休眠期以外はいつでもできます。





弊ブログ内関連記事: オトメゴコロ | ベンケイソウ科 | 多肉植物 | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 多肉&エアープランツ | 03:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>Nomuさん
私など、もう何年も育てていたのに、やっと今頃になって気がついたオバカぶり^^;
ニジノタマのように増えないなぁ~とは思っていたのですけど ( ̄m ̄*)゚プッ
案外デリケートですよね~ Nomuさんの子は脇芽がたくさんついているのですか!
いいなぁ~ さすがに水遣りしなさすぎなのか、わが子にはほとんど脇芽がついていなかったりしています。育て方のスタイルを少し変えたほうがよさそうです あわわ
紅葉の度合いには差があって、気温と水と光のバランスを整えるのも、経験しかないのでしょうか。
確かに難しいです・・・ 

| すぅ | 2010/02/02 04:32 | URL | ≫ EDIT

Re: 乙女心もぷっくり♪

そうですよね、乙女って葉挿しで増やすタイプじゃないんですよね。最初はそれ、ホントわかんなかった^^;なんで消えていっちゃうのかな~って(笑)でも観察してると、変わりに脇芽がいっぱい出る事に気付いて。なるほど~!って(笑)そういうのが自分でわかった時って楽しいですよね♪

丈夫で強いし、放っておいても紅葉はするから良いコなんだけど、ほっぺもお肉も本当の理想の色にするのは実は結構難しい・・・ですよね^^;

| Nomu | 2010/02/02 00:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2806-adaaa70b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。