++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Tillandsia balbisiana

Tillandsia balbisiana - ティランジア・バルビシアナTillandsia balbisiana - ティランジア・バルビシアナ


【学名】Tillandsia balbisiana
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】バルビシアナ または バルビシアーナ
【系統】銀葉系 壷型 【草丈】20~70cm 【花期】月 【花色】濃紫色 【花苞】赤色
【耐寒温度】10℃ 【生育適温】10~40℃  【湿度】中~高 程度 毎日ミスティング+月2回のソーキング
【原産地】カリブ海周辺 コロンビア エクアドル ボリビアなど 【性状】半耐寒性着生植物 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ 鉢植え ハンギング
【生産者】たゆみま
【購入先】R-Style 800円
【備考】A#030

この子も初心者向けのエアープランツのようです。今回購入したエアープランツのなかでは一番根っこ(気根)が生えています。
私は800円で購入しました! ラージサイズを選んだので、小型ならばもっと安価に入手できたのかもしれません。
でも、先日の‘アリザ’と同じくらいに大きくて、20センチほどあり、すごくお得感がありました(^^ゞ

丈夫なので、鉢植えやハンギング仕立てにもしやすい品種のようで、初心者の私向きです^0^



今インテリアとしても大注目♪土がいらない観葉植物♪ チランジア苗♪ 「パルビシアーナ」は、R-Styleさんちで840 円也~

【PR】 飾り方色々、チランジアを探そう! at Rakuten


こんなに根っこが出てくれているのですから、素敵な素焼きの鉢に植こみたいところです。
ただいつも迷ってしまうので、鉢植えにするとソーキングしにくいなぁ~って。
ソーキングの後に乾かすため、逆さまにしてあげたい私。
鉢植えですと、逆さまにしにくいですもの。


Tillandsia balbisiana - ティランジア・バルビシアナ

ティランジアの場合、夏場などに水遣りをしすぎて、腐らせてしまうという失敗が多いそうで、今から夏場の管理に頭を痛めているのです。トリコームはカプトメデューサエに似た感じです。
育て方も昨年秋から育てているシュードベイレイやカプトメデューサエと同じような管理でよいようです。
ただ多少寒さに弱い点で、私が気をつけなくてはならないところです。

Tillandsia balbisiana

ティランジア・バルビシアナ

2010年1月24日撮影



この子はお花を咲かせる時期になると、葉っぱをくるりと反転させ、真っ赤な花茎を伸ばすそうで、そんな姿を早くも想像しつつ、またしても一人ニンマリです(笑)

Tillandsia balbisiana - ティランジア・バルビシアナ
芸術的に変化する葉っぱの一枚一枚の形もどんな風になるのかしらん。
手触りはとても柔らかで、頬づりしたくなります。
サボテンなどもかわいいですけど、頬づりできないからなぁ~~ 流血 (>o<")

エアープランツの育て方ティランジア・バルビシアナの育て方)】

1830年に紹介され、イタリア人植物学者のバルビス氏(G.Balbis)の名前から、バルビシアナと呼ばれるようになりました。

バルビシアナは、細い銀色の葉っぱと壷型をしている姿が個性的で人気があり、割り合いと入手しやすい普及種のようです。
しかしながら、耐寒性の点で注意が必要です。その点、我家では初心者向けの品種とは言われているものの、耐寒性がやや劣るので冬場の管理に注意が必要です。

■管理場所
生育温度は10~40℃。水浴びがダイスキです。
適温は15℃~25℃。春と秋が生育期間です。直射日光下でもOKなエアープランツですが、真夏の直射日光は避けたほうがよいようです。カーテン越しなどで1年を通して明るい窓辺で管理してもOKです。蒸れには弱いので風通しをよくします。

■水やり
最大のポイントといえる水遣りのほうほですが、二通りあります。
葉水とソーキング(浸水させる方法)の二つです。

葉水は3~4日に1回、ソーキングは2週間に1回を目安に行います。夏と冬は生育が鈍るのでやや乾かし気味にし蒸れを防ぎます。最悪、腐ることがあります。

空気中の水分を吸収するので、水を与える必要がないと誤解されがちですが、水は必要不可欠です。購入したてのティランジアは、脱水状態にあると考え、室温になじませたバケツの水に一晩(約8~10時間)完全につけ込みむとよいようですが、これは購入先のお店の方に聞いてからにしたほうがよいかもしれません。水を欲しがっている状態になると、葉っぱの曲がりが強くなり、表面に皺が出てきます。ギリギリまで待つくらいのほうが、腐らせることはないかと思います。
特に梅雨から夏の間で、30℃以上になるなら水遣りは控えるようにし、また夜間に与えるほうがよいでしょう。

ソーキングの後にはしっかり水切りをし、いつまでも濡れたままにしないことが大切です。霧吹きでも水分補給は可能ですが、たいていは水分が吸収される前に蒸発してしまい、脱水状態を回復させることは出来ません。葉っぱの状態をよく観察することが肝心です。

温室のような環境がなければ、霧吹きよりもソーキングのほうがうまく育つそうです。しかしこれもイオナンタ、テクトラム、パレアセアなどのような品種であれば、霧吹きだけでも何ら問題はないようです。

■施肥
多肥は好みません。
液肥を1000倍に薄めたものを霧吹きで全体に散布するか、5000倍液を年に数回ソーキングに使用すれば十分です。

■増やし方
この子は株分けで殖やすのが一番です。





参照記事: PINEAPPLE NETWORK - Tillandsia balbisiana Schultes f.

弊ブログ内関連記事: バルビシアナ | チランジア | エアープランツ | インテリアプランツ | 【備考】A#030 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 多肉&エアープランツ | 03:11 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>あさがおさん
いえいえ^^; ソーキング&ミスティングというのは、エアープランツをお勉強中に一般的に使われている言葉であることがわかり・・・ 真似て使わさせていただいているだけ~なんです(^^ゞ
私もお勉強するまで、使ったことなかった語録ですぅ~

>tg戸笠さん
そっ、それは大変!
私もヒャッキンのカプトメデューサエを一日で枯らしてしまったのですが、それはアクアボールに株元がたった半日くっついていたせいでした。
そちらの気温には問題がないので、恐らく潅水後の乾燥具合によるものかもしれません。
私のところでは湿度が40%くらいしかないので、扇風機は使っていませんが、冬場であっても潅水後4時間くらい経過したところで株がしっかりと乾かないとダメみたいです。
その辺りのところはいかがでしょうか?もし数時間で乾ききっていないなら、扇風機を使ってもよいかもです!

自前の簡易温室ですが、実は安価なワイヤーラックに自分でビニールをかぶせているだけで、四方全部を囲っているわけでなく、通気性を考えて、二辺しかビニールで覆っていないんですよ~
ブッツィーはお日様に当てすぎていませんか?お水は好きなはずで、私も冬期間ながら、この子はわりと頻繁に、といっても2~3日でミスティングしています。
ジュンセアとカプトメデューサエは乾燥に強いので、週に一回のミスティングくらいでよさそうですが、ソーキングは私は一切止めているのですけど・・・ ソーキングの時間を短くされてみては?
どこかのサイトで夏場でも一切ソーキングせずに育てておられる方がいて、その方いわくソーキングは株にとって負担であるとおっしゃってました。結局水中にいる間は息ができないので、ソーキングは非常に乾燥しすぎたときの最終手段としているとも。何が正しいのか!んんん~~~ 一体どうしてなんでしょう~??? (@o@) 私も原因が知りたいです。

あっ、湿度計はお使いですか?
もしエアプラ君たちを置いていらっしゃる場所が80%前後の湿度で守られているならば、ミスティングすら必要ないかもしれません!

| すぅ | 2010/02/04 03:54 | URL | ≫ EDIT

Re: Tillandsia balbisiana

すぅsan~!!
エアプラ君(勝手に男w)たちってお部屋にそのままですか?
それとも部屋の中でも温室?簡易型のでしたっけ?
なぜこんなこと聞いているのかと言うと、うちのカプトメデューサが変色してきて…。
さらにジュンセアとブッツィも様子が…。
だいたい部屋の温度20℃くらいなんですけど、夜中だけ15℃くらいに下がるかなぁ。
ソーキングは月1回、ミスティングは1~2週間に1回で、よく拭き取ってから戻す。を繰り返しています。
私の管理がいけないのはわかるんですけど、どこがいけないのやら。(謎)
質問ばかりでスミマセン。

| tg戸笠 | 2010/02/03 18:20 | URL |

Re: Tillandsia balbisiana

ソーキングにミス・・・!?うん、なんだっけ~新語すぅさんのお陰で勉強させてもらっています。すぅさんという方って、横文字に強いお方と推察いたしまするぅ~

| あさがお | 2010/02/03 17:13 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
土がなくても育つ! ホントに不思議な子たちです ♪(゜▽^*)ノ⌒☆
寒さに負けずになんとかもっともっと大きく育てたいものです。

| すぅ | 2010/02/03 05:44 | URL | ≫ EDIT

Re: Tillandsia balbisiana

やっぱり この子達は不思議な植物にみえるよ

| はなはな | 2010/02/03 05:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2800-d9d76fb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。