++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コルビーもいい感じ♪

Tillandsia kolbii - チランジア コルビーTillandsia kolbii - チランジア コルビー


【学名】Tillandsia kolbii  旧学名 Tillandsia ionanta var. scaposa   
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】チランジア属 または ティランジア属
【流通名】チランジア コルビー  【英名】Kolbii (コルビー) 【別名】イオナンタスカポーサ
【原産地】ガテマラ準高山 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性  【系統】銀葉系 【耐寒温度】5℃ 【生育適温】15~25℃ 【湿度】高め
【草丈】10cm 【花色】紫色 【花期】
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ コルク板 流木
【販売元】南紀グリーンハウス [http://www.za.ztv.ne.jp/sibayan/] 【入手年】2009年6月
【備考】A#003

この子もずっしりと重たくなってきました!
未だに転がしているだけで、ちゃんとアレンジしてあげていないのですけど(^^ゞ

はじめは木製の花瓶のテッペンに置いていたのですが、バランスが悪いので、ヒャッキンで購入した鳥かご型のワイヤーバスケット?のようなものの中に入れてみたものの、やはり大きすぎて・・・

結局、転がしたまんまです^^;

ほとんどのティランジアは未だに鉢に植え込んでいないので、この子はかわいい素焼きの鉢に植えてみようかな?と思っているのですけど。
鉢植えに向いているのは、ストリクタとかイオナンタ系などがあるようですね。


土のいらない空中植物☆インテリア雑貨感覚のグリーン◎大株で存在感あり♪[エアプランツ] は、ayanasさんちで5,250 円也~

いつかは手に入れたいキセログラフィカ・・・ (∇〃)。o〇○ポワァーン
この冬、他の子たちを越冬させることができたなら、高価なこの子をゲットしたいと思っております(^^ゞ

【PR】 エアープランツを探そう! at Rakuten


トリコームも綺麗に出ておりますし、順調に成長してくれています。
一瞬、水遣りしすぎかと思うような、乾きにくい感じがあったのですけど、葉っぱは痛まなかったので、ホッとしています。
ティランジアを転がす場合でも、下には人工的な金属やプラスチックのようなものには直接触れさせずに、この子の場合も竹製の簾を下に敷いてあげています。
多少、空気のとおりがよくなりますし、寒さ対策にもなりますので。


Tillandsia kolbii - チランジア コルビー
この子は根っこをあまり生やさないのか、体の大きさの割りには、根っこがちっとも伸びていません。
いいのかな? 正常なのかな?
と、疑問だらけですが、ともかく元気そうなので、根っこのことはあまり気にしないことに・・・(笑)

Tillandsia kolbii
チランジア コルビー

2010年1月4日撮影



ホントにティランジアというのは、転がしているだけで存在感があるわぁ~
2010年もまた増えてゆきそう~です(^^ゞ

Tillandsia kolbii - チランジア コルビー
今年、これからの計画としましては、春になって十分気温が上がり始めてきたところで、除除に屋外の環境に慣れさせ、すべてを屋外管理にさせたいと思っているのです。
そのためには、この子等が好きな環境づくりをせねばなりません。
木陰に吊るしたりするのも、よいなぁ~ お水をばしゃばしゃかけられるようなところ、風通しのよいところ、自然に遮光させて挙げられるところを狙っているのですが、我家ではどこかよいかなぁ~

エアープランツの育て方ティランジア・コルビーの育て方)】

いまだ育て始めて間がないので、引き続き勉強中です。間違いもあるやもしれませんのでご了承くださいm(__)m

■管理場所
生育温度は5~30℃。割り合い低温に強いタイプ。
適温は15℃~20℃。春と秋が生育期間です。直射日光を当てずにカーテン越しなどで1年を通して明るい窓辺で管理します。蒸れには弱いので風通しをよくします。
屋外で育てる場合には、冬期間以外は寒冷紗を使って遮光します。

■水やり
コルビーは水が好きなタイプです。
最大のポイントといえる水遣りのほうほですが、二通りあります。
ミスティング(葉水)とソーキング(浸水させる方法)の二つです。

葉水は3~4日に1回、ソーキングは10日に1回を目安に行います。夏と冬は生育が鈍るのでやや乾かし気味にし蒸れを防ぎます。最悪、腐ることがあります。

空気中の水分を吸収するので、水を与える必要がないと誤解されがちですが、水は必要不可欠です。購入したてのティランジアは、脱水状態にあると考え、室温になじませたバケツの水に一晩(約8~10時間)完全につけ込みむとよいようですが、これは購入先のお店の方に聞いてからにしたほうがよいかもしれません。百均などで売られているものですと、ほとんど水遣りされていないでしょうが、専門店などですとキチンと水遣りされておりすぐにソーキングする必要はないかもしれません。

水を欲しがっている状態になると、葉っぱの曲がりが強くなり、表面に皺が出てきます。ギリギリまで待つくらいのほうが、腐らせることはないかと思います。
特に梅雨から夏の間で、30℃以上になるなら水遣りは控えるようにし、また夜間に与えるほうがよいでしょう。

ソーキングの後にはしっかり水切りをし、いつまでも濡れたままにしないことが大切です。霧吹きでも水分補給は可能ですが、たいていは水分が吸収される前に蒸発してしまい、脱水状態を回復させることは出来ません。葉っぱの状態をよく観察することが肝心です。

温室のような環境がなければ、霧吹きよりもソーキングのほうがうまく育つそうです。しかしこれもイオナンタ、テクトラム、パレアセアなどのような品種であれば、霧吹きだけでも何ら問題はないようです。

■施肥
多肥は好みません。
液肥を1000倍に薄めたものを霧吹きで全体に散布するか、5000倍液を年に数回ソーキングに使用すれば十分です。

■増やし方
種まきまたは株分けで殖やすことができます。
親株は子株をつけると除々に枯れていきますので、そうなるまでは株分けをしないほうがよいようです。どうしても分けたいならば目安として親株の半分の大きさになった頃に子株を分けます。

種から育てる場合、タネを木片などにつけて水やりすれば自然に発芽するとのこと。遮光を50%程度にし、1日1度霧吹きで水を与えます。ただ室内で育てる場合、発芽率は極端に悪く、根っこがない分、発芽後も生育のスピードは遅いため、最低5~6年かかり大型種になればなるほど、開花までの時間がかかることになります。 





弊ブログ内関連記事: コルビー | イオナンタ・スカポーサ | チランジア | エアープランツ | インテリアプランツ | 【備考】A#003 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 多肉&エアープランツ | 03:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>tg戸笠さん
いえいえ、師匠だなどと、とんでもないことでごじゃります^^;
私も手探り状態で、名前と顔を一致させるのが精一杯の段階です(^^ゞ
でもこのコルビーはとても育てやすい感じ♪
きっとtg戸笠さんのコルビーもすぐに大きくなってくれると思います。

| すぅ | 2010/01/24 08:51 | URL | ≫ EDIT

Re: コルビーもいい感じ♪

うちのコルビー君はまだまだ痩せています。
こんな風に育ってくれるのか、不安の㊥育成中。
うちも春から外に出してあげよう~。
師匠!!これからもよろしく!!
心強いなぁ。

| tg戸笠 | 2010/01/23 18:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2782-e68bed96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。