++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続 100円のブッツィー

Tillandsia butzii - ティランジア ブッツィーTillandsia butzii - ティランジア ブッツィー


【学名】Tillandsia butzii
【科名】パイナップル科ブロメリア科Bromeliaceae  【属名】ティランジア属 またはチランジア属
【和名】 【英名】  【別名】エアープランツ
【品種名】ティランジア ブッツィー (1株) 220円
【原産地】メキシコ 熱帯アメリカ~アルゼンチン
【性状】半耐寒性着生植物 【耐寒温度】0℃ 【生育適温】15~30℃ 【湿度】高め
【系統】銀葉系 小型 【草丈】20cm 【花期】月 【花色】ピンク色 【花苞】チェリー色 
【用途】オーナメント テーブルデコレーション インテリアプランツ
【購入先】ダイソー 【販売元】
【備考】A#021

先日またヒャッキンへ行く機会があったのですけど、残念ながら入荷はなく、ミイラ化が進んでいるようなコルビーが一個残っていただけでした。

いつの入荷になるのかなぁ~ 冬場はあまり入荷されないのかもしれません(@o@)

この子は二個目のブッツィーで、昨年10月にヒャッキンで購入したものですけれど、誠に小さく手に持ってもその重さをあまり感じないほどでした。

でもほんの少し体重も増えたみたいですし、根っこもほんのちょっとですが出てきている様子です。


【PR】 繊細&湾曲スタイル抜群!ブッツィ。シンプル&モダングラスアレンジ!デコレートサンドの連想♪は、euro plants studioさんちで1400円也~

やはり横に寝かせるよりも、垂直に立てるほうが素敵ですね^^;




体重が軽いので、ウスネオイデスの上に置いてもウスネオイデスがつぶれることもなく、水遣り後には、このようにして乾かしております。
よく乾いたら、ウスネオイデスを支えにして垂直に置きなおしています。


Tillandsia butzii - ティランジア ブッツィー
今年は寅年。
寅にまつわる植物って結構ありますよね。
たとえば、サンスベリアも虎の尾という別名がありますし、このブッツィーも虎柄です。
今は自室の簡易温室で管理中ですが、温かくなったらお玄関に移動させ、虎の張子がわりに飾ろうかしら(笑)

Tillandsia butzii
ティランジア ブッツィー

2010年1月4日撮影



ティランジアの中でも育てやすい品種ですし、普及種ですから入手もしやすいので、初めてティランジアを育てる方にもよくオススメのティランジアとして紹介されています。
室内で愉しむことが多いティランジアですが、この子は多陰性もあるので、ほぼ北側のようなほかの植物なら徒長してしまいそうな、日光不足の場所でも育ちます。
といいますか、そのくらいの環境のほうがお好きみたい♪

Tillandsia butzii - ティランジア ブッツィー
窓が無いトイレなどでは無理でしょうけど、我家でももう少し温かくなれば、ティランジアたちは交互にトイレに飾られることになると思います(笑)
今はトイレの窓も凍りつき、朝方は窓が開かないような日もありますから、さすがにこの子も寒さにやられてしまうだろうと、温室内で管理しておりますけど。

我家ではトイレのタンクに水が上からでてくるタイプなので、毎日のように水浴びさせたほうがよいブッツィーの管理場所としては、トイレは悪くないんです。

エアープランツの育て方ティランジア ブッツィーの育て方)】

この子は標高1000m以下のところには自生していないそうです。
高山種のティランジアという観点から育てるのがよさそうですが、どういうことかというと通気性があるところを好み、日の陽射しに弱いということに注意しつつ、日本の夏場の蒸れにもご用心^^; といった感じでしょうか。

屋外で夏場に育てる場合には、遮光を50%ほどとして、直射日光が当たらないようにします。

また水を溜めておきたいという性格なので(^^ゞ 毎日でも霧吹きしてあげてもよいようです。

■管理場所
生育温度は、5~35℃。多湿を好み乾燥に弱いタイプです。
適温は15℃~20℃。春と秋が生育期間です。直射日光を当てずにカーテン越しなどで1年を通して明るい窓辺で管理します。蒸れには弱いので風通しをよくします。

■水やり
最大のポイントといえる水遣りのほうほですが、二通りあります。
葉水とソーキング(浸水させる方法)の二つです。

葉水は3~4日に1回、ソーキングは2週間に1回を目安に行います。夏と冬は生育が鈍るのでやや乾かし気味にし蒸れを防ぎます。最悪、腐ることがあります。

空気中の水分を吸収するので、水を与える必要がないと誤解されがちですが、水は必要不可欠です。購入したてのティランジアは、脱水状態にあると考え、室温になじませたバケツの水に一晩(約8~10時間)完全につけ込みむとよいようですが、これは購入先のお店の方に聞いてからにしたほうがよいかもしれません。 水を欲しがっている状態になると、葉っぱの曲がりが強くなり、表面に皺が出てきます。ギリギリまで待つくらいのほうが、腐らせることはないかと思います。
特に梅雨から夏の間で、30℃以上になるなら水遣りは控えるようにし、また夜間に与えるほうがよいでしょう。

ソーキングの後にはしっかり水切りをし、いつまでも濡れたままにしないことが大切です。霧吹きでも水分補給は可能ですが、たいていは水分が吸収される前に蒸発してしまい、脱水状態を回復させることは出来ません。葉っぱの状態をよく観察することが肝心です。

温室のような環境がなければ、霧吹きよりもソーキングのほうがうまく育つそうです。しかしこれもイオナンタ、テクトラム、パレアセアなどのような品種であれば、霧吹きだけでも何ら問題はないようです。

■施肥
多肥は好みません。
液肥を1000倍に薄めたものを霧吹きで全体に散布するか、5000倍液を年に数回ソーキングに使用すれば十分です。

■増やし方
種まきまたは株分けで殖やすことができます。
親株は子株をつけると除々に枯れていきますので、そうなるまでは株分けをしないほうがよいようです。どうしても分けたいならば目安として親株の半分の大きさになった頃に子株を分けます。

種から育てる場合、タネを木片などにつけて水やりすれば自然に発芽するとのこと。遮光を50%程度にし、1日1度霧吹きで水を与えます。ただ室内で育てる場合、発芽率は極端に悪く、根っこがない分、発芽後も生育のスピードは遅いため、最低5~6年かかり大型種になればなるほど、開花までの時間がかかることになります。
 





弊ブログ内関連記事: ブッツィ | エアープランツ | チランジア | インテリアプランツ | 【備考】A#021 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |



| 多肉&エアープランツ | 04:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2776-b702981e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。