++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

挿し木の紫陽花も!元気に越冬♪

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)


【学名】Hydrangea macrophylla
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ハイドランジア属
【和名】紫陽花アジサイ) 【英名】 【別名】ハイドランジア
【原産地】熱帯アジア 【性状】耐寒性落葉低木
【用途】花壇 シェードガーデン 庭植え ドライフラワー

冬枯れのお庭で元気に青々とした葉っぱを誇らしげに広げているのは、クリローのみ^^;
ほとんどの植物たちは、こんな状態です。

でも、この子はまだ良いほうで、まだ少し枯れた葉っぱが残ってますが、他のアジサイたちはすっかり骨のみの状態です。
挿し芽をとったものを、そのまま地面にズポッと挿したものでしたが、冬至芽の様子からどうやら今年は1、2輪は咲いてくれそうな感じ♪


【PR】富士の滝 アジサイ 【紫陽花小苗】は、こぼんさいさんちで、1200円なり~
素敵なアジサイ育てよう! at Rakuten


この子は、品種名がイマヒトツ不明なのですが、真っ白といいますか、ほの白い青色を含んだような綺麗な花を咲かせるアジサイです。
もうヒトツ、挿したものも元気で挿し芽成功確率は100%でありました~
カシワバアジサイの増殖にも成功いたしましたし、アジサイは日本に自生しているせいもあるのでしょうけど、風土にあっているから、育てやすいし殖やしやすいです。


Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)
この子は傍らにモッコウバラとローズマリーの樹があるので、ちょうどそれらが防風・防雪の役割を果たしてくれるので、こうして葉っぱが残っているのです。
足元にはカモミールやラムズイヤーなどを配しておりますゆえ、それらがマルチング代わりです。

Hydrangea macrophylla
紫陽花(アジサイ)

2010年1月4日撮影



取り立ててお世話したわけでもないのに、こうして育ってくれるのは嬉しい~
うふふ

Hydrangea macrophylla - 紫陽花(アジサイ)
こうしてよ~~く見てみると、新たに芽吹く部分には緑色が見えはじめていて、ぷっくり!
花芽なのか葉芽なのか、あまり見分けはつきませんが(笑)

アジサイの育て方

■植え付け
もっとも大事なことは、土のph(ペーハー)管理です。酸性かアルカリ性かでお花の色が変わってきます。酸性が強いと青色に、アルカリ性(石灰)が強いとピンク色になります。
鹿沼土やピートモスは酸性なので、青色向き。
ピンク色をキレイに発色させたい場合は、腐葉土を用いピートモスや鹿沼土は用いません。
水はけ・水もちともによい土で植えつけます。
植え替えも3月頃が適期です。

■水やり
地植えの場合は不要です。鉢植えの場合には、表土が乾き始めたら与えます。
冬の間も生きているので、水遣りします。
アジサイは水を好みます。4月下旬から10月頃までは乾燥しないように鉢なら1日2回程度、たっぷりあげるくらい、お水が好きです。

■施肥
土壌の成分だけでなく、肥料の成分によっても、お花の色が変ることがあります。
肥料の主要成分が同率のものか、青色系ならカリウムが少し多めのものを、赤系ならばチッソとリンが大目のものを開花期~10月頃までは1000倍程度に薄めた液体肥料を15日間隔くらいで与えるようにします。
芽が動き始め3月下旬から4月に有機質の緩効性の肥料を根の周りに施します。

■増やし方
挿し芽(同年にお花が咲かないもの)をとって、清潔な用土に挿します。
適期は新芽がしっかりしてくる5月~6月~梅雨のころからです。
節官挿しといって、茎を2節で切りとり、1節を土に挿す方法と、1節のみの頂芽挿しがあります。
私は2節切り取って挿す方法ですが、紫陽花は挿し芽がカンタンです。
挿し芽から約1か月で発根してきますので鉢上げします。

■剪定
花後には、花柄摘みをすることで来年の花つきを良くすることができます。
花の下のほうをみると、小さな脇芽のようなものがあるので、その上の部分で剪定します。
あるいは、花が終わる7月上旬~下旬頃に今年伸びた梢の2~3節を目安にして剪定します。
8月~9月にかけて伸びた新梢に花芽をつけ、花芽は10月~11月に最低気温が10℃以下になると1ヵ月ほどで分化します。
ですから、晩夏~秋以降に剪定してしまうと、翌年は花が咲きません。





弊ブログ内関連記事: アジサイ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 芽と蕾 | 19:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>おさゆこさん
すご~~い! スキーされるんですねー
私は運動オンチ、このようなスキー天国に住まわっているというのに、数えるほどしかスキーをしたことがないのです(^^ゞ
私はやぱり温泉オンリー派なのでありました~ (笑)
おさゆこさんのお宅のアジサイも元気にしているのですね♪ 
どんなアジサイかしら~~ 今から開花の様子を拝見できる季節が愉しみです^0^

| すぅ | 2010/01/14 06:13 | URL | ≫ EDIT

おさゆこも、同じです(^^ゞ

子供連れで、スキー場でした(^^ゞ
あ~温泉も(笑)

お出かけ後のお庭チェック←すごく分かりますっ!!!
みんな無事かな~ってf^_^;
一通り見て回ってから、家の中へ…。


おさゆこ宅の紫陽花は、山紫陽花以外はふっくらした芽がありました(*^o^*)
芽吹きの季節が待ち遠しいです♪

| おさゆこ | 2010/01/14 05:32 | URL |

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>ちぃさん
復活とのこと、よかったぁ~~ 
お疲れがたまってしまっていたのでしょうね。
どうか今後も寒さが続きますので、油断せずにお体ご自愛ください。
ちぃさんもこのところ寒さの中、花芽を探されてますものね~(^_-)-☆
その健気さがたまらないですよねっ

>はなはなさん
あらら~~ そうなんですか!
でも確か品種によって、一年中いつでも剪定できる品種もあったような。
5~6年置きならば、ばっさりやってもよいかもしれません。
花数は少なくなるでしょうが、そうしないと今度は巨大化しちゃいますものね。

>おさゆこさん
温泉? お出かけの後、おうちに帰ったときに無事にお花たちが元気にしているのを見るとホッとしますよね~~
私も帰宅後は家の玄関の扉を開ける前に、チェックが入ります(笑)

| すぅ | 2010/01/13 06:14 | URL | ≫ EDIT

すぅさん、おはようございます♪

紫陽花…おさゆこも大好きです♪

5~6年前くらいに(←すっかり忘れた)、似たような名前の山紫陽花を植えましたo(^-^)o
うちも、あちこちに挿し木で殖えてます(^ー^)

紫陽花は、楚々としたところや、和でも、洋でもいけるところが好きです(*^o^*)

連休出掛けていたので、今日は紫陽花でも見てみようっとo(^-^)o

| おさゆこ | 2010/01/12 05:22 | URL |

Re: 挿し木の紫陽花も!元気に越冬♪

冬枯れのアジサイの剪定は どうしたものかと思ったが 近くの公園のアジサイがばっさりと12月にやったのでまねをしてこちらもばっさり 良かったものかと?

| はなはな | 2010/01/12 04:44 | URL |

Re: 挿し木の紫陽花も!元気に越冬♪

こんばんは~
復活でっす!

あじさいの小さな芽や他の宿根草の冬越しの芽って
かわいらしいですよね。
元気に育って欲しいな・・。

| ちぃ | 2010/01/11 21:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2773-83a6d136

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。