++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カネノナルキが開花♪

Crassula portulacea - 金のなる木(カネノナルキ)Crassula portulacea - 金のなる木(カネノナルキ)


【学名】Crassula portulacea または Crassula ovata 
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】クラッスラ属
【和名】淵紅弁慶フチベニベンケイ) 【別名】金のなる木カネノナルキ)/ 成金草ナリキンソウ
【英名】Dollar Plant / Jade Plant / Money Tree
【性状】常緑多肉低木  【耐寒温度】-1℃  【生育適正温度】20~25℃
【用途】鉢植え

カネノナルキの小さな花はゆっくりゆっくり咲くので、開花時期が長くお花の少ないこの時期、満開となると薄桃色の花が窓辺で可愛く咲いてくれ、いい感じ♪

我家には3鉢ありますが、昨年あまりにも早く鉢を屋外に出してしまったために凍りつき、なんとか生き残っていた部分からちょこっとだけ葉っぱがでて復活してくれたものと、上のお写真のようにたくさんお花を咲かせた小苗。そして古参の大株があります。大・中・小・・です。

上記のお写真のほうの「中サイズ」のカネノナルキは12月にはすっかり満開になりましたが、大苗のほうはイマヒトツ。
新年が明けてようやくなんとかポツポツと咲き始めています。寒さから退避させるために室内に取り込んでいるのですが、置く場所にはあまり日光が当たらないので、お花のつきがあまりよくないんです。


【PR】自然の風合いがなんだか心地いい良質・姫黄金花月(ヒメオウゴンカゲツ)アンティーク・グレーPOTは、e-花屋さんさんちで2,068 円也~

風水的にも効果的かも~!?などと思っている私の次の狙い目は黄色のカネノナルキです(笑)

「黄金花月」を探そう! at Rakuten


一方「中サイズ」の子は、割り合いとお日様が当たるので、お花のつきがよいのです。
一番かわいそうなのは「小サイズ」の子。
未だに屋外の簡易温室です。折角復活してくれた株ですが、完全に断水させた状態で発泡スチロールの中で越冬中です。
最近観察していないけれど、どうなっているかしら^^;

・・・・

*o_ _)oバタッ彡☆

今、見てきましたら、トロトロに溶けてました (((((*ノДノ)
でも幹の部分はまだ生きている感じですので、室内に取り込んで今後の動向を見てみます。
簡易温室でも屋外越冬は我が地域ではやっぱり無理でした。


Crassula portulacea - 金のなる木(カネノナルキ)
気を取り直しまして・・・
今が盛りと咲いてくれているお花を愛でることにいたしましょう~

Crassula portulacea
金のなる木(カネノナルキ)

2009年12月7日撮影



Crassula portulacea - 金のなる木(カネノナルキ)
カネノナルキは挿し木からどんどん増やせるので、私もそうやって育てたカネノナルキを随分知人へ分けてあげました。
HCでみたカネノナルキの株元に、葉っぱが落ちていたのをいただいてきて、葉っぱから育てたこともあります(笑)
それも泥棒になるのかなぁ~(;´▽`lllA``

カネノナルキの育て方

先日、久しぶりにお水を与えたので、それもあって開花スピードがちょっとあがったのかもしれません。でも冬場の水遣りには本当に気を使います。冷えて枯れこんだりはしないだろうかと不安で不安で。

■植え付け
水はけのよい用土を使います。多肉植物ですので、ジメジメした環境で育てますと徒長してしまいます。鉢植えに向いている植物だと思います。夏場は直射日光で葉焼けをおこさせないよう半日陰で管理しますが、そのほかはお日様がたっぷりあたるようなところにおきます。
零度以下にならないようにしながら管理すれば、冬季も屋外で管理でき、関東以西であれば軒下など霜や雪の降りないところなら、屋外での越冬が可能かと思います。

鉢植えの場合、2年に一度くらいをめやすにして鉢増しすると大きく育ちます。

■水やり
通常の植物と比べかなり水遣りの頻度は少ないと考えてください。
これ以上は水遣りをしないと、枯れてしまうのでは?と心配するくらいでのタイミングがちょうど良いくらいだと思います。

■施肥
生育期間は夏です。真夏を除いて薄めの液体や緩効性の肥料を施すくらいで十分です。

■殖やし方
挿し木でカンタンに殖やすことができます。古い茎ではなく、いちばん新しい部分を挿します。適期は十分に気温があがった春です。また種から育てることも可能だそうですが、挿し木のほうがとても簡単です。

早く咲かせるためには「短日処理」(昼の長さが短く感じさせるために早めに暗室状態にする。)を行います。





弊ブログ内関連記事: カネノナルキ | 多肉植物 | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| 多肉&エアープランツ | 06:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>mamakoさん
品種によっては、幹の太さが手首くらいまで太らないとお花を咲かせないようなものもあるようです。
‘花月’など花つきのよい品種で試されてはいかがでしょうか?
私はハイドロカルチャーで育ててみたことがないので、私も機会があれば挑戦してみます!
ただ恐らくお花を咲かせるならば、やはり土に植えてあげたほうがよさそうではありますが。


| すぅ | 2010/01/14 04:06 | URL | ≫ EDIT

Re: カネノナルキが開花♪

カネノナルキの開花は見たことがないような。
我が家にも4~5年前に買った小さな鉢がありますが、
ネオコールでハイドロカルチャーのままなので
花が咲くどころかほとんど成長していません。
やはりハイドロカルチャーは、植物にはのびのびできない状態なのですよね。
土植えに変えてあげようかな。。。

| mamako | 2010/01/13 21:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2743-dc5a69ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。