++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

苔むしちゃってます^^;

Helleborus  x Hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス(実生)Helleborus  x Hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス(実生)


【学名】Helleborus x Hybridus または Helleborus Hybrids
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属ヘレボルス属
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥス 
【別名】クリスマスローズオリエンタリス / ヘレボレ / ガーデン・ハイブリッド / ヒブリドゥス / レンテンローズ など
【和名】姫冬牡丹ヒメフユボタン
【英名】 Lenten rose (hellebore)  【別名】雪おこしユキオコシガーデンヒブリドゥス
【品種名】ヘレボルス・ガーデンヒブリドゥス
【花期】2月~4月  【草丈】60センチ 【花径】4~5センチ  【花色】不明 【咲き方】不明 【蜜管】不明
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎種 【耐寒温度】-15℃
【育種者】すぅ 【実生】2008年発芽 【交配】不明 自家受粉 【地植え】2009年9月
【用途】地植え 鉢植え シェードガーデン 切花 押し花 など
【備考】#061 

この子は確か昨年こぼれ種から発芽した子だと思うのですけど、一旦鉢上げしてビニールポットで育てていたのですが、秋に定植してしまいました(^^ゞ

本来はもう1~2年鉢植えで大きく育ててから定植すべきところでしたが・・・
なんだか元気そうだったので、植えちゃった!

あまり風通しもよくないし、なんだかジメジメしているところでして・・・
クレマチスの‘日枝’のお隣に鎮座させてますけど、この子が大きくなれば自然に‘日枝’の足元のマルチングとして活躍してくれるのではないかしらん。
実生でどんなお花が咲くのかもわからないまま植栽しちゃうところが、大雑把なすぅです(^^ゞ

かわいそうにほとんどグラウンドカバーとしての取り扱い方をしちゃったりしているワタシ。
↓こんな子咲かないかなぁ~


【PR】クリスマスローズ■宿根草■松村園芸さんのクリスマスローズダブル ブラック系開花株 5号は、ペットエコ&ザガーデン楽天市場店さんちでゲットできますよん。

いよいよ出回り始めた開花株!ワタシがもっとも欲しているのが皆様よくご存知の黒色のダブル咲きです!
がっ、13000円かぁ~~ *o_ _)oバタッ彡☆

クリスマスローズを探そう! at Rakuten


↑のような黒色のダブルが咲いてくれるとは思えませんが。
この子の隣に、‘ルーセブラック’が咲いてくれるはずです。

MIYOSHIさんちでも、‘ルーセブラック’のような色あいの八重咲き種がまだ開発されていないところをみると、やはりまだまだ希少なんですよねぇ~
毎年欲しいと思って涎ダラダラで眺めてますけど、今期ももうすでにかなり出費がかさんでますし。

来年は八重咲きのブラックちゃんのために別途に貯金するかな!久しく貯金箱を使っていないので(^^ゞ


Helleborus  x Hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス(実生)
それにしましてもこの子の足元・・( ̄m ̄*)゚プッ
ワタシが貼り付けたわけでもないのに、ものすごい苔です!

あまりこの子にとっては良いこととは思えませんが、私は無類の苔好きなのでそのまま放置プレーです(^^ゞ

Helleborus x Hybridus
ヘレボルス・ヒブリドゥス(実生)

2009年11月19日撮影



夢は庭中隙間なくクリスマスローズで埋め尽くすことですが、でも欲張りで他の植物も育てたいですし!
モチロン他の子たちとのコラボがうまくいってこそ、全体に見ても素敵なお庭になるのでしょうけど。
お花の咲いている期間が長いとはいえ、夏から冬までの間はお花がありませんので、その間に咲くお気に入りのお花と出会えるとよいなぁ~と思っています。
我家には夏から秋に咲くお花が少ないのです。

Helleborus  x Hybridus - ヘレボルス・ヒブリドゥス(実生)
クリスマスローズというのは育ててみて驚きましたが、タネマキからの発芽率はモチロンのこと、本当にこぼれ種からの発芽率も高いのです!
何かの本で読みましたが、ニワトリの母親の周りにヒヨコがまとわりつくような・・・そんな感じです。
欲張ってどの子も鉢上げして育てたくなりますが、今後は手動で好きな花同士を交配させたものを育ててゆきたいなぁ~

クリスマスローズの種まきと育て方

■種まきの方法
種まきには、採り播きといってすぐに地面播いてしまう方法と、すぐに鉢に播く方法、秋まで湿度を保ちながら種をかわかさないように保存しておいて播く方法などがあります。
すぐに地面に播いてしまう方法の場合、当然病気になったり、雨に流されたり、過酷な自然との戦いが待ち受けています。
いずれの場合も採取後は、ベンレートなどで消毒をしておくとよいようです。

地面に播く場合ですが、かぶせる土は1センチくらい。発芽するまでの長い期間、種が乾燥しないように管理してゆかなくてはなりません。

鉢植えにしてある親株の足元に種を播いて、葉っぱの下で乾燥から身をまもってあげるという方法もあります。ヘラボの場合、親株の傍で種から育てるのが、もっとも簡単な方法だとも聞いたことがあります。

■種の管理方法
さて、秋に種を播く場合ですが、種を採取したら乾燥させないように、バーミキュライトや赤玉土(小粒)などと一緒にして湿らせた状態を保ってあげなくてはなりません。お茶の袋のなかに枯れたガクなどが残っていたら、これらは病気の原因になるので、すべて取り除いてから保存します。
この場合、土を20~30センチほど掘って、網ごと埋めておく方法がもっとも管理が楽なのだそうですが、地面には細菌やバイキンがうようよしているので、埋めている間でも消毒はかかさないようにせねばならないそうです。

種が呼吸できる状態を保ちつつ、病気から守る!というのがポイントです。種は乾燥しすぎるとシワシワになってしまい、あまりにシワシワになったものからは発芽しないようですのでご注意ください。もし取り寄せした種を播くなら、ベンレート(1000倍)の水溶液に浸し、じっくりと水を吸わせてから播きます。

しかしながら、今年我家ではかなりの数のこぼれた種から発芽してくれているのを目の当たりにしているので、私としては自然な状態で放任しておくのも一つの手ではないのかしらん。とも思ったりしています。

でも自然に発芽したものというのは、思わぬところに根付いてしまっていたり、鞘ごと発芽したものがひしめき合ったりしていて、それらを鉢あげするのは、なかなか細かな作業になります。
鉢あげは4月くらいまでが限界のようで、それを過ぎると極端に成育が悪くなるそうです。

私の場合地面で自然発芽したものは、淘汰されていくものには申し訳ないのですが、生き残ってくれるものだけを育てることにしようと思っています。
種まきをしたときに、間引くのがもったいない!と感じるけれど、種というのは自然界の流れとして、お互いに競争しあいながら、元気のよいものだけが生き残るように、なっているのだと。
その点において、人間がちょっとだけ手をかしてあげるのが、間引きなんだと思うんです。
それゆえ、あまりに込み合って発芽してしまったところでは、少し間引いてあげましたけど、あとは放任主義でやってみようと!

■冬期間に株を入手した場合
私のように寒冷地に住むものは、根っこを凍らせないことが大事です。
いくら寒さに強い植物と言われていても、油断大敵。根っこが凍ってしまっては、さすがにスクスクと元気よくは育ってくれません。
私がこれまで育ててきた感じでは、入手株というのは栽培者のところで、一定の環境(温室)などで育てられていることが多いので、自分の家の環境にすぐに対応しきれない場合があるのではないかと。

そこで私の場合、まず手元に来たら軒下などに置いて、除除に気温にならし、しばらくしてから鉢増しの作業をします。

真冬は凍結させないように軒下や玄関に取込んであげてます。ある程度株が大きくなり、我家の環境になれてくれると耐寒度も増すように思います。

そして日中は鉢を表に出して、できるだけ外で日光に当てて光合成をさせます。花後は3~4月に一回り大きな鉢に根鉢をくずさないようにして、植替えをします。

地植えにするのは、この鉢で1~2年たち、根鉢がしっかりしてから、早春に行います。そうすることでかなり我家の環境に適合してから、庭に根付く確率がアップするようです。

■植え付け
植え付けは、鉢植えと地植えがあります。
私はビンボーなので、ン千円やン万円もするような大型の開花株を購入したことはありません。
でも開花株ならば、入手した年の春に庭に植えつけても大丈夫だと思います。

ビニールポット苗の幼い苗の場合には、鉢増しの作業となります。
用土は赤玉土5:鹿沼土2:腐葉土3、または4:4:2の割り合いを目安にして、植えつけています。
また鉢は深めの駄温鉢などを用い、夏場のことを考えて通気性の良いものを選びます。

■水やり
地植えの場合は植付け後以外は必要はありません。
鉢植えの場合は秋から春にかけて生育期には、用土の表面が乾いたら鉢底から水がでるまで、たっぷりと与えます。夏場は水のやりすぎはご法度で、夕方に与えたり、鉢の回りに打ち水をするなどして、温度を下げる努力が必要かもしれません。
我家の場合は、ちょっとした木陰に置いておく程度で、あまり水遣りなどせずとも育ってくれるのは楽です。

■施肥
生育期(秋と春)に液体肥料を1~2週間に1度くらい与えるか、緩効性の肥料をばら撒いておきます。その際、新芽に肥料が触れたりしないように注意します。
半休眠状態の夏には絶対に肥料は与えません。
地植えの場合は植え付け時に元肥をすきこむ程度でも十分育つようで、肥料にはあまり気遣わなくてもダイジョウブ。ただあまり生育度が良くないようなら、液体肥料などを与えます。

■増やし方と植え替え
秋と春が植え替えの適期ですが、我家の場合は早春が適期。根詰まりしてしまっているようなら、株分けをしつつ、株も殖やすことができます。分けるときには、清潔なハサミなどを使って、4~5芽を残すようにして、切り分けます。
地植えにしてあるものをほりあげるとかなり根っこがあって、びっくりしますが、ヘラボの場合は活性化させるということを念頭に置き、殖やすということを思いすぎて、株を小さくわけすぎると失敗してしまうようです。
関東以西にお住まいの方は、冬期間の気温が零下にならないので、秋に植え替えするようにします。
早春を逃してしまった場合には、根鉢を崩さないようにして、鉢増しする感覚で植え替えをするか、地植えにします。





弊ブログ内関連記事: クリスマスローズ | 実生 | 【備考】#061 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |


| クリスマスローズ | 07:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>あさがおさん
お~~~菊人形ならぬクリロー人形が作れるよう頑張ります(爆)
そういえばそうした仕立て方をされているのは見たことがないので、特許がとれるかも!?
なかなかクリスマスの時期には開花となってくれないのですけど、何か工夫をすれば早期に開花させることができるようになるかしらぁ~

>tg戸笠さん
夢は大きく ♪(゜▽^*)ノ⌒☆ であります (笑)
お花すら咲かない小さな苗ばっかりですし、交配できる種類も少ないので「すぅブランド」のお花ができるとすれば、神様のイタズラでしょうけど。
そんなことが偶然にも起きたら嬉しいですねぇ~
クリスマスローズですが、苔玉仕立てで売られているのを見たことがあるんです。
丈夫なクリスマスローズだからこそでしょうけど、クリスマスローズにとってはいい迷惑でしょうねえ~ (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

| すぅ | 2009/12/26 04:58 | URL | ≫ EDIT

Re: 苔むしちゃってます^^;

盆栽っぽい苔ですね。
雰囲気は最高ですけど、クリスマスローズには良くないんですか。
苔が生えるってことは水はけが悪い、あるいは日当りや風通しが悪い?
交配までしようとしてるんですねぇ。
そのうち【すぅブランド】のクリスマスローズが売り出されるかも~。
頑張って~クリスマスローズの師匠!!

| tg戸笠 | 2009/12/25 19:34 | URL |

Re: 苔むしちゃってます^^;

すぅさん~メリークリスマス!!^0^
すぅさんは随分と前からクリスマスローズを取り上げていらっしゃるからクリスマスと言えばかなりの思い入れがあるのでは?と密かに思っていたのですが・・・クリローでサンタさんやソリとか作っちゃうほどクリローワールド出来てそう~

| あさがお | 2009/12/25 12:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2742-6a3588c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。