++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつのフェチダスも!

Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダスHelleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス


【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ  【英名】Stinking hellebore, Dungwort,   Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス 【系統】原種系 有茎種
【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草  【耐寒温度】-12℃ 【花期】2月~3月
【草丈】50センチ  【花径】3センチ  【花色】黄緑色  【咲き方】房咲き 一重咲き ベル咲き 覆輪 【葉色】黄色 【蜜管】
【用途】庭植え(我家では不向き) 鉢植え
【備考】#040 

古参のフェチダスといっても古参の子たちは次々に天に召されてしまい、まだ二年目のフェチダスもようやく開花しはじめてきました。先にご紹介している‘ゴールドブリオン(Gold Bullion)’のほうは、すでに満開の状態になっているというのに、随分と遅れをとりました。

でも株そのものの大きさは倍以上ありますし、花茎も蕾をもっているものがもう1本あります。
小さなほうはそうたくさんの蕾はなさそうですが。



【PR】クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン 開花株は、イングの森さんちで2,980 円 です!
私はおぎはら植物園さんちから小苗で買いましたが、こちらは大苗の模様です!

フェチダスは鈴なりでやっぱりもかわいい^0^ at Rakuten



咲き始めですので、まだ口紅の色ははっきり出ておりませんが、来年の成人式の頃にはたぶんはっきりと赤色の口紅もあらわれてくると思います。
‘ゴールドブリオン’のほうには口紅はないのかと思っていましたら、少しだけ口紅が現れてきていますし。
まだまだ見逃すことができないところを存分に供えた子たちです。


Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス
開花は‘ゴールドブリオン’よりも遅かったけど、寒さにはこの子のほうが強そうです。
二つとも鉢植えで軒下に置いていますが、‘ゴールドブリオン’のほうにはお花や蕾の部分にやや痛みが見られるのですが、こちらのほうにはあまり見受けられません。

Helleborus foetidus
木立性クリスマスローズ フェチダス

2009年12月18日撮影



Helleborus foetidus - 木立性クリスマスローズ フェチダス
この子を地植えで管理できるようにあれこれ考え中~なのですが、冬に寒さから回避できる場所ですと、夏場にはかなり気温があがるし、蒸れるし・・・
それを避けようと寒冷紗などをかけるとみっともないし。と頭が痛いすぅでした。

フェチダスの育て方

■春の開花株を入手した場合
開花株を鉢で入手した場合には、そのままお花がついていてもなるべく早い段階で鉢増しします。大抵根鉢がいっぱいになっていますので、遅くとも5月までには二回り大きな鉢に植え替えます。
その際、秋の植え替えと違い根鉢はあまり崩さないようにして植え替えます。
初めての年は開花株といっても、ヒブリドゥスなら3年か4年苗だと思うのですが、種はつけさせないほうが株を充実させることになります。よって、ガク弁は残し子房のみを摘み取ることで、お花の姿はしばらく愉しむことができると思います。

■植え付け
耐寒性・耐暑性ともに強いほうですが、あまり乾燥しすぎないところで、西日が当たらないような落葉樹の下で管理すると良いです。
植え付けるときには、深く耕し腐葉土をたっぷり鋤き込むことがポイントです。お隣の株との間は30センチほどとって植えつけます。

■水やり
庭植えの場合不要です。生育期には液体肥料を与えたりするので、それで十分な水遣りとなると思います。鉢植えの場合には、表土が乾いたらたっぷりと与えます。

■施肥
肥沃な土地を好みます。
生育期の秋から春までは、有機肥料と液体肥料を与えます。

■増やし方
10月~3月の間に株分けで増やすことが可能ですが、フェチダスの場合茎の形状を考えますと、かなりの大株になってから株分けします。
また種からも育てることができます。種は春に採取したものをネットなどに入れておき、秋になってから、播きます。






弊ブログ内関連記事: フェチダス | ゴールドブリオン | クリスマスローズ | 【備考】#040 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |



| クリスマスローズ | 04:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
はい!今年は1ヶ月くらい早い感じの育ち方なので、これからの寒さにもよりますが、愉しみが早めにやってきてくれそうです(^_-)-☆

>ちぃさん
私のところは冬の心配のほうが強いのですが、そちらですと夏越しのほうが難しいのですね。
この子の臭さは半端ないです(^^ゞ
なるべくお玄関に飾りたいけど、臭いのでちょっと遠目で観察中~です(笑)

| すぅ | 2009/12/30 05:24 | URL | ≫ EDIT

Re: もうひとつのフェチダスも!

こんばんは。
フェチダスいいですね。
ちょっとにおいますが。。

すぅさんのお住まいの地域は難なく夏越しできそうですね。
うちはもう絶対だめ。
3年目あたりになると、パッタリいっちゃいます。

| ちぃ | 2009/12/29 20:17 | URL | ≫ EDIT

Re: もうひとつのフェチダスも!

おはようすぅさん ここまでくると初開花ももうじきですね 楽しみです 私のところも おいつけないかなあ

| 匿名さん | 2009/12/29 07:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2724-4aabf33d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。