++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薄紅色の花芽が!パシフィック・フロスト

Helleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’Helleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’


【学名】Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【品種名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
【系統】原種系 有茎種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【耐寒性】マイナス15℃ 【花期】2月~5月
【草丈】50-60センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色  【咲き方】一重咲き 房咲き やや剣弁咲き 平咲き スポットなし 【蜜腺】 黄緑色 【葉】斑入り
【入手先】WAKAIZUMI
【用途】鉢植え 地植え 寄せ植え 切花 押し花
【備考】#042 

あまりにお日様にバンバン当ててしまったせいで、この秋に展開した葉っぱには斑が入らず・・・
それでも花芽のほうは順調です!
いよいよ花芽がぷっくりとしてきてますぞ~~ 

ここまでくれば大丈夫!と思い、少し直射日光を避けるような軒下に鉢を移動させました!
お花も愉しみではありますが、斑入りの葉っぱがこの‘パシフィックフロスト’の見所でありますので、なんとか白色の部分を死守したいのです。


【PR】限定販売!ヘレボラス アウグチフォリウス ジャネットスターン ポット入苗 1株は、e-フラワーさんちで1,800 円^0^

斑入りアーグチフォリウス「パシフィックフロスト」Helleborus argutifolius 'Pacific Frost'は、Flower&Green GARDENさかもとさんちで6300円也~ (;´▽`lllA``
大株ともなるとお値段がぐ~~んと高くなりますねぇ~ (;´▽`lllA``絶対に枯らしてはなりませぬ。

斑入りのアウグチフォリウスあるかな? at Rakuten


e-フラワーさんちのHPには・・・
原種系クリスマスローズは、魅力的な花色、花が特徴ですね。
 ご紹介致します「アウグチフォリウス ジャネットスターン」は、コルシカスのような葉がギザギザしており、そして、春の出芽より、素晴らしい散り白斑をまとう葉色を楽しんでいただきます。
 耐陰性があり、シェードガーデンに新たなカラーリーフプランツとしてご活用くださいませ。

などという説明があり、ワタシとしてもシェードガーデンに植えつけたいのですけど、厳寒地においての地植えは無理。
鉢植えにしておいて、春に花が咲いたら鉢を移動させるしかないんですよねぇ~
もっとも夏場は木陰が好きなので、そのまま日陰で夏越しさせるわけですけど。


Helleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’

花茎の先端に現れた花芽の葉っぱの部分は紅を差したような綺麗な色です。
その下の部分は真っ白ですし。
この葉っぱのチビちゃんが春になったら、斑入りの葉っぱになってくれると良いのですが。

このように花芽のすぐ下にある葉っぱ緑一色 →
(~o~)

こんなもんなんでしょうかねぇ~~

Helleborus argutifolius
ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’
通称:クリスマスローズ

2009年11月15日撮影



上記でご紹介した‘ジャネットスターン’も興味深く・・・ 欲しい品種のヒトツなわけですが、この‘パシフィックフロスト’と比べ、どんな風な違いがあるのかしらん。
‘ジャネットスターン’のほうが、斑入りが強くでるのかな?
だとするならば、尚更欲しいですねぇ~~ 

Helleborus argutifolius - ヘレボルス アウグチフォリウス ‘パシフィックフロスト’

この子は寒さに弱くマイナス10℃以下では、折角ついた蕾はダメになってしまうこともあるので注意が必要です。
なんとかマルチングや雪囲いなどで庭植えで越冬ができれば最高なんですけど。
ますます暖冬になればうまく行くかもしれませんが、地球温暖化が進むことはよくないことですしね(;´▽`lllA``

アウグチフォリウスの育て方】 または 【コルシカスの育て方

■植え付け
赤玉土、腐葉土、バーミキュライトなどの配合で、有機質に富んだ土に植えつけます。
夏は木陰(落葉樹)になり風通しがよくなり、秋から春には日当たりが良いところに植えつけます。

■水やり
地植えの場合は不要です。植え替えや株分け後は、その日に水遣りせず翌日の朝から水遣りを開始します。また通常の管理では、水切れを起こさせないように注意しますが、やりすぎは厳禁です。

■施肥
植え付けの際に緩効性肥料をすきこみ、生育期の秋くらいからは本格的に施肥しますが、夏の休眠期にはその緩効性肥料などの効果が完全に消失していることを前提として、与えることが大事です。夏場に肥料を与えると株に悪影響を及ぼします。

■増やし方
種まきから殖やします。株分けで殖やすことも可能です。適期は秋です。






弊ブログ内関連記事: パシフィックフロスト | アウグチフォリウス | クリスマスローズ | 【備考】#042 |
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |



| クリスマスローズ | 04:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>あさがおさん
シェ~~っと私も思わず手を頭に回して・・ ( ̄m ̄*)゚プッ
あさがおさんのマイ☆ブームは、バラさんなのですね~~ 私も思い返すと今年はバラ苗は一個も入手せずに終わってしまいました(^^ゞ
やはり欲しいなぁ~ とまたまた欲しい病がっ *o_ _)oバタッ彡☆

| すぅ | 2009/12/18 04:49 | URL | ≫ EDIT

Re: 薄紅色の花芽が!パシフィック・フロスト

シェー!ど?陰にならず見つけてくれたのはすぅちゃん^0^可愛らしい蕾ですねっ!↓のお買い上げ苗を見てまさしく「シェ~!」びっくりこきましてん、どってんしましてん。笑 やっぱり今年もぼーなすび出現のようで・・・うふふ 私のぼーなすびは(相方さんのですが)一応寝かせておいて種が増えてから(増えない増えない)春にバラ苗を・・・こう夢見ておりますです。はい

| あさがお | 2009/12/17 07:36 | URL | ≫ EDIT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
えへへ~ まだぷっくりしているだけで(^^ゞ 花芽が見えているわけではないのですけどねぇ~
気が早くてすみませんm(__)m
でも今年は本当にどの子も目覚めが早くてびっくりしてます♪ 嬉しい悲鳴~~

| すぅ | 2009/12/17 06:20 | URL | ≫ EDIT

Re: 薄紅色の花芽が!パシフィック・フロスト

ついに 花芽ですね おめでとう~こちら何もないよ~う~ん

| はなはな | 2009/12/17 05:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2703-59962521

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。