++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロウバイも年内?

Chimonanthus praecox 'Mangetsu' - 蝋梅(ロウバイ‘満月’Chimonanthus praecox 'Mangetsu' - 蝋梅(ロウバイ‘満月’


【学名】Chimonanthus praecox 'Mangetsu'
【科名】ロウバイ科 Calycanthaceae 【属名】ロウバイ属
【品種名】満月(マンゲツ)
【和名】蝋梅ロウバイ)または 朧梅(ロウバイ)
【別名】唐梅カラウメ) 【中国名】 蝋梅(ロウバイ)  【英名】Winter Sweet または Wintersweet
【花径】2-3cm 【花色】黄色  【花期】1~2月 【樹高】400cm
【原産地】中国中部  【性状】落葉低木 
【用途】庭植え 鉢植え 盆栽 切花

いい感じに蕾があがってきているのは、ロウバイです♪
冬に咲く黄色の透き通ったお花は、澄んだ空気の中にあってとても美しいのです。

きっちりと剪定したほうがお花が充実すると聞き、春にしっかり剪定しておいたのが効いたのかしら~~
今年の蕾の上がり具合はなかなかです。
そして他の植物たちと同様に、蕾の上がりの時期も早かったです。

これまでは年を越してからお花を咲かせていましたが、あるいは今年は年内にお花を見ることができるかもしれません。

【PR】 蝋梅を探そう! at Rakuten

他にも樹木では、サザンカが今満開で、ツバキも少し蕾が色づいているものがあります。
暖冬のおかげでしょうか。
皆、成育具合が良いのです。



Chimonanthus praecox 'Mangetsu' - 蝋梅(ロウバイ‘満月’

もう12月だというのに、アップしているお写真は蔵出し(^^ゞ
11月の中旬の様子です。

なので今はもっと蕾はふっくらとしているんですよ。実は^^;

あまりにもブッドレアを近くに植えつけすぎてしまっていて、窮屈なエリアなので秋にも剪定しちゃったりしたのですが、蕾が落ちることもなく元気です。

蝋梅(ロウバイ‘満月
2009年11月15日撮影



ただしこれからはぐ~~~んと気温が低くなり、お花が咲く頃に強い霜が降りてしまったり、雪が降ってしまうとやっぱり蕾が落ちたりしちゃうので、なんとか開花まで持ちこたえて欲しいなぁ~

Chimonanthus praecox 'Mangetsu' - 蝋梅(ロウバイ‘満月’

この子はもうあまり手間をかけなくても元気に育ってくれるので、後は花後に寒肥をあげるくらいです。
お花が咲いたら枝を切り取って家に持ち込み、香りも愉しむ♪つもりですY(=▽=)Y~☆

ロウバイの育て方

■植え付け
落葉期の寒い時期が適期です。土壌を選ばず耐陰性もあるので、ほぼどんな場所にも植えつけることができます。
過湿すぎるところ、日光が当たらないところでは、花つきが悪くなります。

■水やり
植え付け直後は水切れを起こさせないように水やりしますが、一旦根がかっちゃくすれば地植えであるかぎり、水遣りは不要です。

■施肥
油粕と骨粉を同量混ぜ合わせたものを株元に1~2握り施します。適期は2月と8月下旬の年2回で十分です。

■剪定
時期は花後の3月。
お花はその年伸びた枝につくので、秋などに剪定してしまうとお花が咲かなくなります。
徒長しているような長い枝にはあまりお花がつかないので、みっちりとした枝はそのまま残し、長く飛びタしたような枝を切り落とし、内側に向かって短く伸ばすようなイメージで剪定します。

ひこばえがでてくることが多いので、株立ちの姿にさせないようにするならば、これも切りとります。
2~3本立てくらいがよいようです。

■増やし方
挿し木または種まきから増やすことができます。
10月にできた種をまいておくと、その年中~春までには発芽するそうです。





弊ブログ内関連記事: ロウバイ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |

| 芽と蕾 | 03:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
はい!いつも花芽を見つけると小躍りです(笑)
なにせ冬に咲いてくれるお花は希少です(^^ゞ

>あさがおさん
ホント、ホント、ロウバイしながら日々生活中~~~ (爆)
あっという間に12月も中旬になってしまいそうです。
家の中のコト、何も進んでいません (;´▽`lllA``

>tg戸笠さん
キャ~~~ ヽ(^0^)ノ ワ~イ
色々剪定について教えていただきありがとうございましたm(__)m
私のズボラな性格が露呈してしまった剪定の仕方・・・
はずかしいぃ~~ (/_\)
どんどん伸びちゃうものですから、バンバン何も考えずに剪定しておりましたが、ロウバイにとってはいい迷惑でしたねぇ~ 
かわいそうなことをしました・・ 来年の花後には、tg戸笠さんのアドバイスをもとにキレイで正解な剪定を心がけます(^_-)-☆ 

>おさゆこさん
了解!です。 もう間もなく開花しはじめるはずですので、開花しましたらきっとアップしますね~
おさゆこさんもきっと気に入ってくださると思いますよ~

| すぅ | 2009/12/10 04:05 | URL | ≫ EDIT

ロウバイ…聞いた事がありましたが、実際に見た事がありません(^^ゞ
どんな花が咲くか、楽しみにしていますね(*^o^*)

寂しくなる庭に、素敵でしょう♪

| おさゆこ | 2009/12/09 22:20 | URL |

Re: ロウバイも年内?

庭木の㊥で花の少ない時期に咲くから特に好まれますよね。
マンゲツですかぁ。
黄色が濃くて美しいでしょうね。
うちのお客様でもロウバイは多く植えられていますが、ソシンロウバイがほとんどです。
これもまたレモン色で美しいですね。
ロウ細工のような花で香りもいいし、満開が待ち遠しい~。

あっそうそう、剪定のお話です。
ロウバイは対生でしょ。
葉っぱ2枚が対になって出て、枝が伸びてまた対に葉っぱとなりますよね。
落葉樹なので葉っぱが欠落しますが、付いていた部分は潜在芽があります。
その5㎜~1㎝上で切ると枝枯れなくキレイですよ。
1枚目のお写真は潜在芽の下で切られているような感じ。
となると、その次の(花芽の付いている部分)潜在芽まで枝枯れします。
2枚目3枚目のお写真は同じだと思いますが、中央の枝の切り方が良いでしょう。
さしでがましいこと言ってスミマセン。
職業病ですね。でしゃばりすぎました…。

| tg戸笠 | 2009/12/09 20:16 | URL |

Re: ロウバイも年内?

おお~ろうばいすること多き年末!おそまつ~(ちょっとでしたねっ)笑笑

| あさがお | 2009/12/09 19:21 | URL | ≫ EDIT

Re: ロウバイも年内?

おはよう やっぱり あったかい? つぼみもあがっているんですね~楽しみ

| はなはな | 2009/12/09 05:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2692-69e8061d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。