++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴンフルーツの観察

Hylocereus undatus - ドラゴンフルーツHylocereus undatus - ドラゴンフルーツ


【学名】Hylocereus undatus
【科名】サボテン科 Cactaceae 【属名】ヒモサボテン属
【和名】なし 【通称】三角仙人掌サンカクサボテン) 【英名】Hylocereus または Night-Blooming Cereus など
【別名】ドラゴンフルーツ または ピタヤ
【原産地】不明 アメリカなどで多く見られる
【性状】非耐寒性常緑多肉植物 (耐寒温度 3℃) 【草丈】 【花期】
【用途】鉢植え 地植え(暖地)食用

注: ワタシが育てたわけではありません(^^ゞ

クリローの話題ばかりが続いておりますゆえ、たまには美味しい話題を!
折角下書きしておいたものを誤って消去してしまったワタシ。
気を取り直して書いてみたものの、ちょっとお勉強が足りませんがご了承のほど。 (;´▽`lllA``

もうそろそろ旬の時期は終わってしまっているはずで、タイムリーな話題ですみません。

以前育てていたクジャクサボテン属の月下美人(ゲッカビジン)との近種にあたりますが、耐寒性の面とスペースが必要なことがネックとなり、それ以降なかなか育てるまでにはいたっておりません。

あのむせ返るような香りがちょっと懐かしいなぁ~

【PR】 ドラゴンフルーツを苗から育てよう! at Rakuten


果実は総称してピタヤと呼ばれていますが、特に赤い実はレッドドラゴン、白い実はホワイトドラゴン、
桃色の実はピンクドラゴン、全体にコンパクトなミニドラゴンフルーツという品種があります。
黄色い実のピタヤ(イエローピタヤ)とはまた違うようですね。
このドラゴンフルーツの実には、食物繊維がたっぷり含まれているうえ、ミネラルを多く含んでいて、高血圧、糖尿病、ダイエットなどにも効果があるとされています。


Hylocereus undatus - ドラゴンフルーツ
今年の子は昨年いただいたものより甘みが少なかったなぁ
どうしてだろう~~とググッたところ、どうやら葉っぱにくっついた状態で完熟したものでないと、実を摘んでからは甘みが増すようなことはないそうです。
私はラ・フランスのようにしばらく放置しておけば甘みが増すとばかり思っていました(^^ゞ

ということならば、本当に甘~~~いドラゴンフルーツが食べたければ、自分で育てるしかないってことか(笑)

Hylocereus undatus
ドラゴンフルーツ
2009年11月19日撮影




さて苗から育てる場合ですが、お花だけを観賞するのではなく実も食べたい!という場合、苗選びには注意しなくてはならないことがあります。ドラゴンフルーツには自家受粉できるものとそうでないものがあります。
実の白いドラゴンは自家親和性といって一つの株のみで結実しますが、ブルーベリーなどのように違う品種を数種類育てるほうが実のなり方はよいようです。でもお花は一晩でしぼんでしまうわけですから、タイミングをそろえるのもまた難しそうですね。

調べれば調べるほど、この実を口の中に自力で入れるにはかなりの努力が必要です(^^ゞ

Hylocereus undatus - ドラゴンフルーツ

食べることに夢中になりタネを採取しようなどと考えもしなかったのですが、次回はタネをとってみようかと思います。こんな小さなタネから案外たやすく育てることができると知って、びっくりでした。
ただ時間はかかりますが・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
それに大きくなるので、私は‘ミニドラゴン’が向いているかも!?

ドラゴンフルーツの育て方

■植え付け
水はけの良い土壌を好みます。
赤玉土7:腐葉土:2 パーライト:1 ぐらいの割合で混ぜた土を使用するか、市販のサボテン用の培養土つかいます。

■水やり
水遣りのしすぎに注意します。用土の表面が乾いてから与えます。

■施肥
ケイフンや油粕などの肥料を与えます。

■増やし方 
数がたくさん欲しいならタネから育てるのが一番です。
株を持っているなら葉挿しから増やすことができます。

■種まき
実生から3年ほどで実がなるそうです。

■剪定
1年に1m程度伸び、放置しておくと10mぐらいまで伸びてしまうので、ある程度の大きさに育ったら、管理がしやすいように不要な部分は切り詰めます。

■害虫
カタツムリ、アリ、毛虫などの害虫がつくことがあります。発見次第すぐに取り除きます。




弊ブログ内関連記事: ドラゴンフルーツ | サボテン | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |

| おいしい系 | 04:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>おさゆこさん
こちらこそ~~ いつもご訪問ありがとうございますm(__)m
温室でもあれば・・・と思いますが、気温的にもスペース的にものびのび育ててあげることが出来なさそうなので、自粛中~です(笑)
なので私も買って食べる方です ( ̄m ̄*)゚プッ

>はなはなさん
以外と几帳面なところがあったりするんですよ~ (笑)
記事は数日分は予約投稿するように設定してありますし、下書きしてあるものも結構溜めてます(^^ゞ

>tg戸笠さん
育てるのに無理がきてしまうようなものは、植物にとってもあまりよくないかも!と思い、私の場合はやはり耐寒性のある植物を選ぶ傾向があるのです。
でも案外このドラゴンフルーツならば気温的には耐えてくれそう~ではあるのですが。大きく育てるには地植えにしてあげたいですし(^_-)-☆ やはりミニドラゴンで手を打つしかないかしらん。

| すぅ | 2009/12/19 04:17 | URL | ≫ EDIT

Re: ドラゴンフルーツの観察

南国ですねぇ。
沖縄や石垣は庭植えされてますよね。

赤と白は知っていましたが、こんなに種類があるんですねぇ。
そうですか。
バナナとかみたいに追熟しないんですね。
すぅsanとこだと温室持ってないと難しいですよね。
でも挑戦しようとする心意気がいいですね♪

| tg戸笠 | 2009/12/18 19:35 | URL |

Re: ドラゴンフルーツの観察

おはよう~下書きって読んで すごい~なあと驚いて見ています。すうさんらしい花日記です

| はなはな | 2009/12/18 08:01 | URL |

てっきり…

すぅさんおはようございます(*^o^*)

先程は、訪問ありがとうございました♪♪

ドラゴンフルーツ、てっきり、すぅさんがお育てになったのかと(^^ゞ

そういえば、種から育てる方法←テレビで見ました…すぅさん同様、全部食べてしまわずに、種蒔きしてみたかったなァ~o(^-^)o
お腹に入ってからでは遅いですけど…(^^ゞ

育てた物の味は、最高でしょう♪
待ちきれないワタクシは、買って食べる派ですけど………f^_^;

| おさゆこ | 2009/12/18 05:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2688-0edcb5ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。