++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼンマイの盆栽(o^-')b




【学名】Osmunda japonica
【科名】ゼンマイ科  Osmundaceae 【属名】ゼンマイ属
【和名】ゼンマイ) 【英名】Zenmai  Japanese Royal Fern または  Japanese flowering fern 
【別名】銭巻ゼンマイ) 貫衆カンジュウ) 銭巻ゼンマイ
【原産地】日本 樺太 朝鮮 中国 ヒマラヤ
【性状】耐寒性多年生シダ植物 【草丈】50センチ~1メートル 
【用途】盆栽 地植え 食用

この子はお隣のオジサマからいただいた盆栽仕立てのゼンマイです。私ったら管理方法を間違えてしまい、夏の間思いっきり西日があたるようなところでせっせと水遣りしていたのですが、生育具合がイマヒトツ。

よ~~く調べてから育ててあげるべきだったと、後悔中~です。

ゼンマイという名前は「銭巻き」に由来し、あの山菜のてんぷらなどでおなじみの渦巻き状の形を「銭」=「小銭」に似ているというところからきているようです。

また全く知らなかったのですが、このゼンマイからは「ぜんまい織」という布地も作ることができるのだとか!


【PR】ゼンマイ (10.5cmポット)は、みちのくふるさと便さんちで、390円也~

もっとゼンマイを探そう! at Rakuten


盆栽仕立てをいただいて初めて気がついたのですが、わが庭で私が植えたことが無いシダ植物があちこちから生えていて、ちっともそれがなんなのかわからなかったのが解明!
葉っぱの形がそっくりなので、きっとゼンマイに違いありません!
お隣から胞子がやってきていたのでしょう~ 春先にでてくる芽は来年食してみることにします。
でも100%自信があるわけではないのですけど。違っていたら死んじゃうかしら?(;´▽`lllA``

ゼンマイ属は世界に10数種、日本には5種類あるそうですが、そのうちでヤシャゼンマイというものもあり、初めはヤシャゼンマイかなぁ~とも思ったのですが、ヤシャゼンマイほど葉っぱがが細くないので、山に自生している一般的なゼンマイであろうかと。

自生地においてはゼンマイは林の半日陰にあるようです。





ところで、食べられるようになるには、ある程度大株にさせなくてはなりません。目安は3年くらいです。
私はあまりにも増えまくっているので、バンバン引き抜いておりましたが、それではちっとも食べられないなぁ~ 

そして調べていて目からうろこが落ちたことは、葉には雌雄があり、食べることができるのは「メス」(栄養葉)の若芽で、「オス」(胞子葉)は食べることができないのだそうです。

「メス」の後に遅れて「オス」の葉っぱが出てくるそうで、同じ植物なのにおかしいなぁ~と思っていたのです ( ̄m ̄*)゚プッ 知らないって恐ろしいー

ゼンマイの育て方

■植え付け
直射日光を嫌い湿り気のある半日陰を好みます。木漏れ日が差すくらいの明るさが最適ですが、北側でも育ちます。適期は休眠期で、10~12月です。
保湿力があり、排水がよい用土を用います。ph5.0~5.7。
直射日光は半日以上あたるところは避けるように、また水が溜まったような状態にならないようにします。

■水やり
もともと水が好きな植物です。
水切れに注意します。

■施肥
植え付けのときに腐葉土などを梳きこむ程度で、後はほとんど不要です。
逆に肥料は害を及ぼすこともあるようです。

■増やし方
胞子を飛ばして勝手に増えてゆきます(^^ゞ

弊ブログ内関連記事: ゼンマイ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ



| 新しい仲間 | 13:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
山菜について、もっともっと知りたくなった私です。
自然界って知れば知るほど、本当に面白いですね~ (^_-)-☆
>おさゆこさん
再びのご訪問、感謝♪です^0^
作業、お疲れさまでした~~~ でも心地良い疲れだったのではないでしょうか?
ワタシも明日は植え替え作業があります!
冬に備えて、お互いに忙しいですね~
あっ、春の植え替え作戦、来年試してみてくださいネッ
>tg戸笠さん
Y(=▽=)Y~ お褒めのお言葉ありがとうございますm(__)m
辞書的な部分は、眉唾だったりもしますので、どうか慎重に読み取ってくださいませませ。
何しろトーシロ園芸的ブログであります(;´▽`lllA``
盆栽系はほとんどお隣のオジサマからいただくので、ワタシは水遣り専門です(^^ゞ

| すぅ | 2009/10/10 06:03 | URL | ≫ EDIT

Re

さっそく再訪問してしまいました。
ゼンマイの盆栽ってすごいっ!!
クールでカッコイイですねぇ。
辞典のような内容もあって、勉強になります。

| tg戸笠 | 2009/10/09 21:06 | URL |

今日も、ひとつ勉強になりました~[e:291]

ぜんまいの名前の由来←なるほどてっきり、はがねのゼンマイの形に似ているからかと思ってました本当に勉強になります。
今日は、朝から避難させていた鉢植えを外へ出して…落ち葉を片付け…一日がすぎました
クリスマスローズの植え替えもしないと
すぅさんは、春に植え替えされているのですね
こちらも北国すぅさんに習って春の植え替えにしようかと思い始めてます。

| おさゆこ | 2009/10/09 19:28 | URL |

Re

私もしらなかった。食べれるのに雌雄があるなんて。やっぱり、勉強大事ですね~

| はなはな | 2009/10/09 17:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2587-8e61c949

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。