++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

分球しちゃったコルチカム(^^ゞ




【学名】Colchicum autumnale
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】イヌサフラン属 または コルチカム属
【和名】犬サフラン(イヌサフラン)  【英名】Meadow Saffronメドーサフラン)   Autumn crocusオータムクロッカス
【別名】コルチカム またはコルキカム
【性状】耐寒性球根植物鱗茎)  【花期】9~10月  【草丈】15~20cm 
【原産】ヨーロッパ、北アフリカ  【成育温度】15~25度
【用途】花壇 鉢植え 地植え バスケット

さて、秋に咲いてくれる球根植物‘コルチカム’です。

植えっぱなしなので、随分増えてしまい、お花の時期はよいのですが、葉っぱが茂っているときには、込み込み状態^^;

お花が咲き始めているというのに、掘りあげて植え替えてしまいました(^^ゞ

お花がすぐにしぼんでしまうかな?と思いましたが、十分に生育している球根ならば、ただバスケットの中に入れておいたり、机の上に転がしておいてもお花を咲かせるほどなので、この時期でもどうやら大丈夫そう~

植え替え後にも愉しんでおります!

【PR】 コルチカムの球根をゲット! at Rakuten

花後にでてくる葉っぱが冬の間も青々としているので、ちょっと寂しいところに植えつけました。
本当はもう一箇所、分球したほうがよさそうなところもあるのですが、それはまた次の機会に♪




秋に咲くサフランといえば、食用のサフランがまだだわ。
ちょっと減り気味なんですよねぇー^^;
まだ売っていそうだから、買おうかな。





今年の花色、ちょっと悪いような気がしてましたが、日を追うごとに濃くなってきて、普段どおりの花色になりました! よかった~~
これまで全く肥料をあげていなかったので、今年は久しぶりに少しあげてみようかな!

コルチカムの育て方

■植え付け
日当たりのよいところを選びます。
球根の植え付けは秋。ポイントは深植え(8~10cmほど)にすることです。
この球根、すんごく大きくなるのですよ。

■水やり
地植えの場合は不要です。

■施肥
植え付けるときに元肥をすきこみます。早春と花後のお礼肥えを与える程度でOKです。

■増やし方
かってに球根が増えてくれますので、梅雨が来る前くらいに掘りあげて涼しいところで管理しておき、秋に植えつけます。またはそのまま鑑賞し、お花が終わってから土に埋めて球根を太らせるようにします。ただし、この球根にはコルヒチンという毒が含まれているので、決して触ったり食べたりしないようにしてください。お子様がいらっしゃる場合には、卓上での鑑賞はオススメしません。
コルヒチンは、通風の治療薬としてつかわれたり、植物の染色体の数に作用したりするので、種無しスイカなどを作るときにつかわれてもいるのですが、嘔吐や下痢などを引き起こすそうです。

詳しくはヤサシイエンゲイのコルチカムのページもご参考になさってください!

弊ブログ内関連記事: コルチカム | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ



| 球根系 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2586-c9c5a5d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。