++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デュメトラムもお持ち帰り!




【学名】Helleborus dumetorum
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】ヘレボルス・デュメトラム 【英名】 dumetorum
【別名】クリスマスローズ 冬姫牡丹フユヒメボタン
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 一重咲き  【花色】黄緑色 【草丈】15~30センチ 【蜜管】   【香り】
【原産地】スロベニア・ハンガリー・オーストリア・ルーマニアなど  【性状】耐寒性宿根草 -15℃
【用途】鉢植え 寄せ植え 地植え 切花 押し花
【備考】#064

昨日ご紹介した‘クロアチアカス’に引続きまして、今日は同時に入手した‘デュメトラム’のご報告です^0^

原種系のクリスマスローズの中でも非常に小型で、かわいらしいお花をつけるという‘デュメトラム’。はやり東欧が自生地であります。
豪華なヒブリドゥスもよいけれど、最近は小型の原種系に目がありません(^^ゞ

お花を見るまでには数年かかるので↓のお写真を拝借m(__)m


【PR】ヘレボルス デュメトルム開花株Helleborus dumetorum価格は、 昨年Flower&Green GARDENさかもとさんんちで3990 円也~ ^^;
開花株でなくても3000円近くするのです。私はごく小型であるゆえか、お花屋さんで600円でした ラッキー^0^

選択肢がたくさん!今が狙い目のクリスマスローズを探そう! at Rakuten


お花を愉しむのは数年先・・・ でも育てる愉しみ♪がありますゆえ、がんばりますぞ~~
葉っぱの直径は、目測ですが4センチくらいでしょうか。たった二枚の葉っぱでその柄も1ミリたらずで触るのも怖い感じでしたが、ビニールポットのままというわけにはいかないので、早速鉢増ししてみました。

夏に落葉し休眠するタイプので、クリスマスローズの中でも夏の蒸れに弱いだろうと思い、かなり水はけよくしちゃいました。デリケートな山野草を育てるような感覚です。
少し葉っぱにはシルバーがかったような雰囲気もあって、素敵^0^





自生地では林の中にいるそうなので、「まだら日陰」くらいで管理するのがよさそうです。
お花屋さんでは、表には出されておらずに雨の当たらないところにありました。
この葉っぱは今年でた葉っぱではなく、昨年のものかな?それとも今年早々にでたものかしら?
以前ムルティフィダスの小苗を購入したときに受けた印象と似ています。

ヘラボレス・デュメトラムの育て方

夏場の管理がポイントです。落葉するので枯れたと思って廃棄しないようにご注意を!

■植え付け
夏の間は落葉し休眠するタイプです。
落葉樹で木陰になるようなところに庭植えにするか、鉢植えで管理します。

■水やり
夏の間の水遣りは控えます。

■施肥
夏の休眠期には施さず、成長期に与えます。

■増やし方
株分けまたは実生で殖やせます。種をまいてから開花までの年月は4~5年。

昨日はメネデールを植え替えた子たちに少し施し、根の活着を促したのですが、根っこの状態はどうかなぁ~とちょっと心配中。鉢の中って見ることができないので、植えつけたばかりって不安ですよね。

弊ブログ内関連記事: デュメトラム | クリスマスローズ | 弊ブログのほぼ!?全リストへコチラ



| 新しい仲間 | 04:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2584-b0f859da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。