++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寄せ植えの多肉たち




【学名】Graptopetalum paraguayense (=Sedum weinbergii).
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】グラプトペタルム属
【品種名】朧月オボロツキ) 
【和名】おぼろ月 【英名】Ghost plant  【別名】
【原産地】メキシコ
【性状】非耐寒性多肉植物 【用途】鉢植え

昨年末に仕立て直しのため、挿し穂をとって寄せ植えにしておいた子たちのうち、このシュウレイは蕾を抱いていたみたいで、発根もしているのかどうか定かではないのに、お花を咲かせようとしていたのですが、さすがに挿し穂からでは開花できずに終わってしまうだろうと思ったのですが、その予想を裏切りお花を咲かせたのが3月。

お花なんぞを咲かせてしまっては、体力を消耗するでしょうに・・・ と思いつつも、結局咲かせてしまいました。切り取ろうかどうか迷ったのですけど。オレンジ色した小さなお花でした。
お写真が撮れませんでしたが。

秋になると徒長した子たちなどを整理しなおすのですが、今日は全部ではないですけど、以下に主だったものをご紹介してみようと思います。

【PR】 秋麗を探そう! at Rakuten

オバカな私は屋外に置いていた鉢に水をザンブリかけてしまって、そのせいで葉っぱに焼けどを負わせてしまいました_| ̄|○

でも葉っぱはキレイではないにせよ、株自体は元気です。

今年は初めての挑戦で、冬期間は室内で管理していた多肉たちを屋外管理してみようかと思っています。
ここ二・三年、屋外のモノいれに入れて検証してみたのですが、ほぼ水遣りを止めて、日当たりのよいところであれば、別の言い方をすれば凍らせることをしなければ、冬を外で越せるようなのです。





【学名】Pachyphytum oviferum
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】パキフィツム属
【和名】星美人(ホシビジン) 【英名】Pachyphytum oviferum (パキフィツム・オウィフィツム
【別名】星美人、桃美人、月美人など
【原産地】メキシコ
【性状】半耐寒性多肉植物 常緑多年草
【用途】鉢植え

今年は星美人がとてもよく育ち、ぷっくりとした色白のかわいらしい姿をみせてくれています。
かわいいからと指で触ると、せっかくの白粉が落ちてしまったりするので、遠目で眺めるだけにとどめております(笑)




【学名】Sedum rubrotinctum
【科名】ベンケイソウ科 Crassulaceae 【属名】セダム属
【流通名】虹の玉ニジノタマ)【英名】【別名】
【原産地】メキシコ 【性状】非耐寒性多肉植物
【用途】鉢植え

紅葉する多肉のなかでは、我家でもっともキレイといえる、ニジノタマです。
秋kらは、水やりと肥料をさらに少なくしてお日様にたっぷりと当てると、きれいに紅葉します。
この子は肥料を多く与えると、葉っぱが落ちやすくなるそうです。
本来、春から夏の時期に葉挿しなどで増やすほうが良いのですが、秋からでも結構生き延びてくれます。

この子のほうかに似たような品種の「乙女心(オトメゴコロ)」も育ってくれていますが、お写真をわすれましたm(__)m




このサボテンはいつどうやって入手したのか、さっぱり思い出せません。
いずれにしましても、もともと1本立ちだったのに、石化現象が現れて扇状になり、カタチが独創的というか、とても面白いものになったのです。

ちなみに挿し穂から育てているほうには、石化現象はおこらず1本立ちのままです。
なぜ、石化するんでしょうね~? キョウミシンシンです。

このサボテンは別格なので、もう少し寒くなったら室内に取り込んで、屋外管理は止めておきます。

多肉植物の育て方

■植え付け
多肉植物やサボテンの培養土を用いるのが一番簡単です。
自分で配合する場合には、砂・パーライト・腐葉土・薫炭などを混ぜた、とても水はけのよい土を用います。
日光が当たらないと、徒長してしまうので、たっぷりと日光があたるところで管理します。

■水やり
やりすぎに注意します。
水遣りにはメリハリが必要です。用土が湿っているようなら水は与えず、表面が乾いてから数日待って水遣りをするくらいの感覚です。
成長期の春から秋は十分に水を与え、寒い冬の時期には水遣りの回数を減らします。
入手した多肉が、春系か冬系かわからない場合には、春と秋に多めに水遣りをして様子をみるとよいようです。

■施肥
あまり必要としません。植え付けのときに元肥えとして緩効性肥料を梳きこむ程度で大丈夫です。

■増やし方
挿し芽で簡単に殖やすことができます。葉っぱをそのまま挿す(葉挿し)か、徒長した部分などを切れ味のよいナイフなどで切って、切り口を乾燥させてから挿します。
休眠期以外はいつでもできます。


弊ブログ内関連記事: 多肉植物 | サボテン | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ



| 多肉&エアープランツ | 03:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
そうなんですよ~~ ぷっくりプクプクしていて、ポニョっぽいでしょう?
多肉もハマルと種類が多くて大変なことになるのですが、越冬に問題があるので、収集は今のところ休止状態です(^^ゞ
ホントは欲しいものもたくさんあるのですけど。
>おさゆこさん
なぜ石化するのか、詳しいことはまだわかっていないらしいです。
サボテンの面白い部分のヒトツ(^_-)-☆のようですね~~
試しに挿し芽をしてみたのですが、そちらのほうはすんなり1本延びているままなんです。不思議ですねぇ~

| すぅ | 2009/10/31 05:57 | URL | ≫ EDIT

無事に、越冬しますように…お祈りいたしております。

すぅさん、おはようございます(*^o^*)
石化現象ですか…初めて聞きました(^^ゞ 同じサボテンでも、全く見た目も変わっちゃうなんて(°o°;;オドロキ!

| おさゆこ | 2009/10/31 05:38 | URL |

Re

多肉好きな人は やっぱり ぷくんとしたところが好きなのかな?と思ってしまう

| はなはな | 2009/10/31 03:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2554-abb3f7d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。