++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Euphorbia marginata Pursh




【学名】Euphorbia marginata Pursh
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】初雪草ハツユキソウ)【英名】Snow-on-the-mountainGhostweedなど
【別名】ユーフォルビアマルギナタ 【原産地】アメリカ
【性状】一年草(非耐寒性)または多年草の短日植物
【用途】花壇 鉢植え 

やはり夏花壇には白色のお花があると、涼を運んでくれますよね~~
お手軽に育てられる初雪草。この子は昨年に引続き、こぼれ種からの開花です(^o^)

こぼれた種に頼ってばかりもいられませんので、来年は種まきしてみようかしら~と検索したら↓の「氷河」という品種を見つけました。我家の品種は不明なのですが、「氷河」のほうがより白色の分量が多いような気がします。



【PR】少しスモーキーな緑と白のコントラストが涼しげ。[アウトレット]初雪草 氷河は、花の木楽天市場店さんちで70円也~
宿根系のユーフォルビアがオススメです! at Rakuten


この初雪草は一年草ですが、他に育てているユーフォルビアの仲間には、‘ブラックパール’や‘プルプレア’があります。‘ブラックパール’のほうは、繁殖に成功しているのですが、‘プルプレア’のほうがイマヒトツ元気がありません。
本当は‘プルプレア’のほうをなんとかさせたいのですけれど・・・
やはり私の性格としては、ほったらかしで毎年咲いてくれる宿根草がタヨリです(笑)





今年は、こぼれた種から芽を出したところが、とても日当たり・水はけがよいところだったので、今までのなかで一番大きな株になってくれました!
来年は数を殖やしたいです。って、昨年も言っていたような気がしますが^_^;

ハツユキソウの育て方

■植え付け
ビニールポットなどから植え替える場合には、根をくずさないようにそっと植えつけます。
場所は日当たりと排水が良いところ。鉢植えでも育てることができますが、背丈が高くなることをお忘れなく!

■水やり
乾いたらたっぷりと! 地植えの場合には神経質にならなくてもOKです。 私は30℃を超える今でも地植えにしているものには水遣りはしません。

■施肥
2ヶ月に一回ほどの割合で液体肥料を施しますが、多肥にする必要はありません。

■増やし方
種まきで、適期は4~5月。6~8月に挿し木が可能ですが、乳液状の白い樹液は皮膚に触れると炎症を起こすこともありますのでご用心。
発芽適温と生育適温は20~25℃くらい。移植を嫌うために、直播きすると良いようです。

昨年、発芽後移植しましたら、やはり生育度があまりよくなかったのですが、今年もまだ本葉が出てきたばかりの早期に植え替えをしたところ、やはりそれらの芽は成長がかんばしくありませんでした。

弊ブログ内関連記事: 初雪草 | ユーフォルビア・マルギナタ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ



| white::白い花 | 05:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
ホントですね~~ 道のりは遠いのですが、月日をかけて育てあげてゆくお庭って愛着も沸きますし!
お互いにがんばりましょう~

| すぅ | 2009/08/03 05:27 | URL | ≫ EDIT

Re

宿根草 そうそうそんな庭にしたいと私も思っていますが、道遠しです

| はなはな | 2009/08/03 05:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2380-c2091f7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。