++ 花季寄 ++

hanakiyose - 花・葉っぱ・種・枯葉・・・ どんな姿も「華」になる -

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まんまるのエキノプシス




【学名】Echinops ritro
【科名】キク科 Compositae 【属名】ヒゴタイ属
【和名】瑠璃玉薊ルリタマアザミ) 【英名】 【別名】ウラジロヒゴタイ エキノプス
【花期】7~8月 【花色】青色 【草丈】80~100cm
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草

昨年もかわいらしく咲いてくれたエキノプシス(ルリ玉アザミ)でしたが、今年は春に移植してしまったので、ちゃんと根付くかどうか不安だったのですが、めでたく咲いてくれました~ (^o^)

エリンジュームのお隣に移動させたので、このエリアは涼しげなブルーのガーデン♪
夏の暑さを和らげてくれるのであります。
エリンジュームのほうが、ずっと早くお花を咲かせていてほぼ隆盛期は過ぎて種をたくさんつけているようです。

このエキノプシスはお花が終わると、ちょっとだらしない感じですよね(↑の写真)
こうなる前に切り取ってドライフラワーにさせちゃったほうがよいかもしれません。


【PR】●ルリタマアザミ(1ポット)は、charmさんちで、320 円也~
最近、私のお気に入りのショップです! お魚を飼いたくなっちゃうんですよね~
それにエアプランツの品揃えもよいのですよん

エキノプシスを探してみよう!


三つの株を移植したのですが、残念ながら一個は枯れてしまい、二株だけが開花しました。
背丈が割りあい高くなるので、花壇の後方にまとめて植えれば見ごたえがあるのかもしれませんが、一株だけですと、ちょっとインパクトが少ないかも。

エリンジュームと競演させている子は結構いい感じ♪ですけど。

アーチの横にあるので、支柱がわりにして、麻紐で抱え込むようにして縛って、倒れないようにしてあります。





去年よりも花茎も枝分かれして、お花がたくさんついたので丸いポンポンが愛らしい~
二年に一度くらいの割り合いで株分けすることで、しばらくはこの株も生きてくれるかしらん。
今年は種をこぼさせてみようかとも考えております(^o^)

ルリタマアザミの育て方

■植え付け
アルカリ性の用土を好みますので、植え付け前に石灰をまいておき2週間くらいたってから植えつけたほうがよいようです。多湿を嫌うため、水はけよくします。適期は秋です。
日陰ではうまく育ちませんので、なるべく一日中太陽が当たるところで管理します。

■水やり
あまり乾燥させすぎるのもよくないので、夏場は水切れに注意します。
多湿にならないように、用土の湿度を見ながら水遣りします。

■施肥
植え付けの際に元肥をすきこんでおき、生育期の春から盛夏前まで化成肥料などを与えます。

■増やし方
種を播く場合は、温度が十分上がった梅雨前くらいから播くことができます。同年にはお花は咲かず翌年の夏に開花となります。
こぼれた種からも発芽します。
株分けの場合には、2年に一度くらいを目安にして、春に植え替えます。

弊ブログ内関連記事: アザミ | 
弊ブログ内一覧表:  ++花季寄++の名前別栽培リスト | ++花季寄++のサイトマップ |



| blue::青い花 | 03:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

@‘花季寄’管理人 コメントありがとう♪ \(^-^ ),。・:・

>はなはなさん
丸いカタチをした子は、はずせませんよねっ!
夏に涼しい色合いですし(o^-')b  でも個人的にはエリンジュームのほうをオススメします!

| すぅ | 2009/08/12 04:27 | URL | ≫ EDIT

Re

この子かわいらしいですね ちょっと庭の仲間にしたいですね

| はなはな | 2009/08/12 03:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanakiyose.blog112.fc2.com/tb.php/2376-60c7a49e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。